【パチスロ】元スロプロが教える! 朝の立ち回りでやると負ける2つの事!

管理人のbanです。

今回は、「【パチスロ】元スロプロが教える! 朝の立ち回りでやると負ける2つの事!」をご紹介させて頂きます。

元スロプロの管理人が朝のメリット・デメリットと合わせて朝の立ち回りでの注意点と具体的な解決策を説明させて頂きます。

それではどうぞ

にほんブログ村 

スポンサーリンク

の立ち回りのメリットとデメリット

朝の立ち回りでやると負ける2つの事をご紹介する前に、まずは、朝の立ち回りのメリットとデメリットを以下にまとめてみました。

これを理解した上で、朝の立ち回りでやると負ける2つの事を見て頂いた方がより理解しやすくなります。

たくさんある中で今回は3つ抜粋してみました。

 
メリット
デメリット
設定狙いができる狙い台を絞り切れない
イベント対象台に座れる稼働率が高いと立ち回れない
ゾーン・天井・リセット・宵越し狙いができるイベントが弱いとそもそも勝てない

メリット

メリットの3つは、設定狙いができる」、「早く設定判別ができる」、「ゾーン狙い・天井狙い・リセット狙い・宵越し狙いができるです。

一例ですが、メリットの具体例をまとめてみました。

メリット
具体的な内容
設定狙いができる
  1. 朝からイベント対象台を狙える
  2. 台挙動を把握することができる(リセット・据え置き・全台系など)
早く設定判別ができる
  1. 設定判別が簡単な機種は1時間程度で設定6を見極めることができる(例えば、1機種全台系のイベントであれば、Reゼロに入っているとわかれば、撤退したり、全台系の挙動が見えなければ、まだ稼働していない機種に入っている可能性があるので、それを探したりすることができる)
ゾーン狙い・天井狙い・リセット狙い・宵越し狙いができる
  1. 前日のハマり台を朝一から狙うことができる(例えば、前日250Gハマりの吉宗3であれば、据え置かれる可能性もある為、据え置きの天井狙いをしたり、前日700Gハマりのリセット+設定変更狙いで打つこともできる)

デメリット

デメリットの3つは、狙い台を絞り切れない」、「稼働率が高いと立ち回れない」、「イベントが弱いと勝てない」です。

一例ですが、デメリットの具体例をまとめてみました。

デメリット
具体的な内容
狙い台を絞り切れない
  1. イベント内容がわからない・イベントが無い場合、どの機種に高設定を入るのかが絞りきれない(イベント情報無しで、高設定狙いをするのは至難の業です。相当ホールさんのクセを見抜いていない限りやめましょう)
稼働率が高いと立ち回れない
  1. 人気イベントの場合、朝一で稼働率100%になることがある為、朝一座った台が失敗した場合、ほかの台に移動することができない(例えば、秋葉原のア〇ラ〇ドさんでは、イベント時には抽選で4桁になる為、朝一から稼働率100%になります。そういったホールさんの場合にはメリットも大きいですが、デメリットも大きいことを覚えておきましょう)
イベントが弱いと勝てない
  1. そもそも狙っているホールさんのイベントが弱いと勝てません。例えば、イベントが弱い為、高設定の投入数が少なかったり、最高設定が6ではなく「5」の場合もあります。

 

朝の立ち回りのメリットとデメリットをまとめてみましたが、朝の立ち回りで意識するべきポイントは3つです。「イベント有無とイベント内容を確認すること」と「イベントの強弱を理解すること」と「抽選が遅くて狙い台がとれない場合、設定狙いが失敗した場合のその後の稼働内容を考えること」です。

 

この3点を意識して立ち回らなければ、朝の立ち回りは負けます。

特に6号機になって設定判別が容易な機種が増えてきた為、朝の立ち回りは、打つ前の事前準備(イベント有無とイベント内容の把握)と開店2時間でほぼ勝負は決まります。

早ければ30分で勝負が決まる場合もあります。

 

管理人は以前、Reゼロの設定6に座れた時に以下のツイートをしています。

最初の画像は設定3以上確定演出ですが、このホールさんの特徴を理解していた為、開店して1時間半で決着がつきました。(=管理人の設定6が確定した瞬間)

※このホールさんは特定日には必ずReゼロに設定5は1台、設定6を1台以上投入してくれます。さらにメリハリ設定の為、234は入れません。

その結果、設定3以上の確定演出が出た時点で、最低でも設定56以上が確定しましたが、過去の経験から設定6濃厚だと判断しました。

実際に確定演出がでたのは、12:30の時点ですね。管理人の中では10:30で勝負はついていました。

それでは、夜の立ち回りのメリットとデメリットをしっかり理解した上で、具体的に朝の立ち回りでやると負ける3つの事をご紹介していきます。

朝の立ち回りでやると負ける2つの事!

朝の立ち回りの条件で立ち回る際にやると負ける2つの事は、「イベント有無・内容を調べていない」・「過去情報を調べていない」です。

※朝の立ち回りの条件は「時間:朝9時または10時開店」、「稼働人数:1人稼働」、「移動手段:徒歩、電車」とします。

 

この2つに該当した立ち回りをしていると勝てません。

この機会に是非朝の立ち回りを改善して勝率を上げましょう。

イベント有無・内容を調べていない

の立ち回りでやると負ける2つの事の1つ目は、「イベント有無・内容を調べていない」です。

 

朝の立ち回りでは、イベント有無・内容を調べていないと設定狙いはおススメできません。

理由はシンプルです。

【狙い台が多すぎる為】です。

 

例えば、300台設置のホールさんに行くとして、高設定が30台(全体の10%)だったとします。

30/300を一発で引くことができますか?

何度も並んで結果、たまたま一回引くことはできると思いますが、何回も引くことは不可能です。

この立ち回りをしているとお金がいくらあっても足りません。

 

ただ、安心してください。

 

初心者の方でもイベント内容を知ることで、30/300を例えば、20/100に絞ることができるようになります。

さらには、詳しく調べれば、初心者でも1/5・はたまた1/3まで絞ることができるようになります。

解決策:イベントをネットで調べればOK
 
解決策は、「イベントをネットで調べる」ようにしましょう。

非常にシンプルですが、イベントをネットで調べるだけです。

イベントの調べ方について知りたい方は、こちらの記事をどうぞ↓

 

まだ、ピンときていない方の為、一例を解説します。

例えば、あなたが明日行こうとしているホールさんがイベントを開催します。

イベント対象機種がノーマルタイプだった場合、AT・ARTタイプに設定投入する確率は高いと思いますか?

 

答えは、「高くありません」

ホールさんも会社として経営しなければなりません。

打ち手に還元する機種と、還元しない機種があります。

 

今回の場合は、【ノーマルタイプは打ち手に還元する機種】であり、【それ以外は基本還元しない機種】に該当します。

 

このように、イベントを知るだけで、その日はAT・ARTタイプは削除できます。

仮に300台の内、200台がAT・ARTタイプの機種だった場合、一気に300台から100台に絞ることができます。

 

ここから、さらにノーマルタイプで力を入れている機種を調べることができれば、もっと絞ることができます。

例えば、このホールさんはノーマルタイプの中でハナビを一番多く導入しているとしたら、ハナビに力を入れている可能性が高いことが予想できます。(基本的には、設置台数が多い機種=そのホールさんが力を入れたい機種になります)

 

その結果、100台から15台まで絞ることができるようになります。

 

このようにイベント内容を知るということで、高設定が入る機種をある程度絞ることができるようになります。

高設定を更に絞るようになりたい、更に詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

過去情報を調べていない

の立ち回りでやると負ける2つの事の1つ目は、「過去情報を調べていない」です。

イベント情報だけではなく、さらにより高設定投入機種・箇所の精度を高める為には過去情報を調べるようにしましょう。

過去情報には、たくさんのヒントが隠されています。

過去情報を調べることで、10/100が1/2または、1/1まで絞ることができるようになります。

 

実際に管理人はイベント情報+過去情報をもとに何度も高設定を座ることに成功しています。

管理人は、普段はサラリーマンしておりますので月に1~2回しか打ちに行くことができません。

それでも高設定を座ることができていますので、同じことをやればみなさんも間違いなく高設定に座ることができます。

解決策:これも過去情報をネットで調べればOK
解決策は、「過去情報をネットで調べる」ようにしましょう。

今は、ネットで何でも調べられるのでホント便利ですね(;^ω^)

これもさきほどの内容と一緒です。

過去情報をネットで調べるだけです。

 

わかりやすく例を挙げます。

あるホールさんの特定イベントでは、ゾロ目の台番に高設定を投入してくる比率が高いという情報があったとします。(管理人は、特定イベントの日にはゾロ目番台に多数の高設定を投入してくるホールさんを知っています)

過去情報の調べ方を詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

 

イベント内容を把握しました。

イベント内容はノーマルタイプに高設定が投入されるです。

また、このホールさんはハナビが12台設置されており、力を入れています。

さらに、このイベントの日は特定日でゾロ目番台に高設定を入れてくる可能性が高いです。

 

この3つの情報を整理すると、高設定投入率が激高なのは「ゾロ目番台のハナビ」となります。

このようにイベント情報と過去情報を組み合わせることで、狙い台を絞れるようになり、上記のような情報までたどり着ければ、1/1まで絞れることができるようになります。

狙い台を絞れれば、あとは朝の入場抽選さえ勝ちとれれば見事高設定GETです。

 

このように朝の立ち回りでは、事前準備+過去情報でほぼ勝負が決まります。

逆に言えば、事前準備+過去情報を常に収集することで、高設定の場所を常に絞れることができるようになります。

あなたも是非、朝から高設定の狙い撃ちをしてみましょう。

ダンまちの設定6は楽しいです。(5っぽい履歴ですが偶数示唆ばかりで6濃厚でした)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【パチスロ】元スロプロが教える! 夜の立ち回りでやると負ける2つの事!」をご紹介させて頂きました。

元スロプロの管理人が夕方のメリット・デメリットと具体例も合わせて説明させて頂きました。

期待値稼働をしてるけど、勝てないといった方はなにかしら該当したと思います。

この機会に自分の立ち回りを見直してみましょう。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました