【パチスロ】元スロプロが教える!負け額にこだわると勝てる!?3つの方法解説!

管理人のbanです。

今回は、「【パチスロ】元スロプロが教える!負け額にこだわると勝てる!?3つの方法解説!」をご紹介させて頂きます。

負け額にこだわる為には、「あるもの」をつけるだけで初心者の方でも簡単に意識できるようになります。

それではどうぞ

にほんブログ村 

スポンサーリンク

勝ち額にこだわると負ける!?

    

勝ち額にこだわると負けます。

理由は以下の3つです。

  • 出玉の波が荒い機種を打つから
  • 狙うべき機種を狙えなくなるから

 

全然わからん。と思ったあなた!

安心してください。

 

管理人も昔はこの内容を考えたことがなく、完全なる負け組さんでした。

一緒に勝ち組さんになる為の一歩を進んでいきましょう。

勝ち額にこだわると負ける2つの理由

パチスロで勝つ為には、知識はもちろん大事ですが、管理人が一番大事にしていることは「負けない為の考え方」です。

 

負けない為の考え方については以下の記事で解説しています。

 

勝ち額にこだわると「立ち回りに根拠が無くなってしまい、気持ちで打ってしまう」ことが増えます。

「気持ちで打ってしまう」と「負けない為の考え方」とは逆の立ち回りとなります。

 

正しい立ち回り方法を覚えても、「負けない為の考え方」がともなわなければ正しい立ち回りをすることができません。

ここでは、「勝ち額にこだわると負けてしまう理由と負けない為の考え方」を3つ簡単にご説明していきます。

理由1:出玉の波が荒い機種を打ちたくなるから

勝ち額にこだわると負ける理由1は、「出玉の波が荒い機種を打ちたくなるから」です。

 

勝ち額にこだわると、一撃性能が高い台をを打ちたくなります。

一度大勝ちできた経験をすると、もう一度味わいたいと考えてしまいます。

 

一撃性能が高い台と言えば「押忍!番長3」や「政宗2」が該当します。

少し前ですと、「ミリオンゴッド」も該当します。

 

この機種たちは、上振れした時の出玉性能は驚異的で15,000枚も射程圏内です。

15,000枚は、等価交換で換金した場合、300,000円と大金です。

 

しかし、出玉の波が荒い機種は、下振れした時の怖さも驚異的です。

4000枚~5000枚吸い込むこともざらにあります。

 

管理人は過去に、朝から「押忍番長3」の設定4を座った際に、投資4000枚までいったこともあります。

 

ただ、初心者の方やパチスロで負けてしまっている方は、一度大勝した過去があるとそれが忘れられず、何度も何度も同じ立ち回りを繰り返してしまいます。

 

その結果、最終的にはマイナス収支になってしまいます。

理由2:狙うべき機種を狙えなくなるから

勝ち額にこだわると負ける理由2は、「狙うべき機種を狙えなくなるから」です。

 

勝ち額にこだわると、ノーマルタイプや安定した機種を敬遠してしまいます。

 

あなたもノーマルタイプがイベント対象機種の時に、ART機種を打ってしまったことはありませんか?

負け額にこだわった場合、ノーマルタイプに高設定が入るイベントで、ノーマルタイプを打つのが一番のセオリーです。

 

しかし、勝ち額にこだわると、ノーマルタイプでは満足した出玉感が得られないと感じます。

結果、満足した出玉感を得る為に、設定が入りにくいART機種を打ってしまうことになります。

 

高設定が入らないART機種を打てば、負けるのは当たり前です。

さらに自ら負ける確率が高い方に進んでいれば、負ける確率はさらに高くなります。

 

狙うべき機種がわかっている際に、狙うべき機種を狙わないことは、負ける為に打っていると同じです。

スポンサーリンク

負け額にこだわると勝てる3つの方法

それでは、ここから、「負け額にこだわると勝てる3つの方法」を解説していきます。

 

負け額にこだわると勝てる3つの方法は以下となります。

  1. 打った台全てに収支を記載すること
  2. 打ったホールのイベント内容、対象機種、全体状況、差枚数を記載すること
  3. 打った機種に対して、なぜ打ったか根拠を記載すること

 

これを要約すると、「収支表をつけて根拠ある立ち回りができていたか振り返ってみよう」です。

 

根拠ある立ち回りができていて、高設定がつかめている場合、例えその日の収支がマイナスだったとしても、立ち回りは100点です。

 

根拠ある立ち回りができていて、高設定がつかめていない場合、その日の収支がプラスだったとしても、立ち回りは0点です。

 

根拠なき立ち回りでの場合、勝っても負けても立ち回りは0点です。

 

理由は、「次の稼働になにも繋がらないから」です。

 

山登りで例えると、

根拠ない立ち回りは、断崖絶壁の山道を目隠しで登っているイメージです。

 

恐ろしいですよね?

でも、お金をリスクと例えるとこうなんです。

 

それでは、負け額にこだわると勝てる3つの方法について、解説していきます。

その1:打った台全てに収支を記載すること

負け額にこだわると勝てる3つの方法その1は、「打った台全てに収支を記載すること」です。

ここが、一番シンプルで一番大事な内容です。

 

収支をつける理由は、「負けていることを常に認識させること」と「正確な負け額を把握すること」です。

 

負けている方は、9割以上は収支をつけていません。

さらに人間なので、いやなことは忘れてしまいます。

 

しかし、収支をつけることで常にマイナス収支だということが確認できます。

これだけでOKです。

まずは、嫌な気持ちになることが大事です。

 

そして、もうひとつが正確な負け額を把握することが大事です。

 

これは、今月これだけ負けていたのかと把握し、今後自分の立ち回りができるようになると、収支が上がってきてきます。

 

収支をつけていない、数字を把握していないと、「マイナス→マイナス」なので、立ち回りによって、自分の収支が改善しているのかがわかりません。

 

しかし、収支表をつけることで「-150,000円 → -50,000円」と数字で把握することができるようになる為、マイナスが小さくなっていることを認識することができます。=立ち回り改善によって、収支が上がっている。

 

収支が上がっている=立ち回りが間違っていないということを視覚で把握することができるためです。

その2:打ったホールのイベント内容、対象機種、全体状況、差枚数を記録すること

負け額にこだわると勝てる3つの方法その2は、「打ったホールのイベント内容、対象機種、全体状況、差枚数をすること」です。

 

イベント内容、対象機種、全体状況、差枚数を記録することは「過去を間違えることなく振り返ることができるようにする」為です。

 

1日だけを記録するのではなく、稼働した日数分全てを記録する必要があります。

 

何回も同じイベントを記録することで以下の内容を把握することができます。

項目把握できる内容
イベント内容
  • 設定456の投入比率が見えてくる
対象機種
  • 設定が入りやすい機種が見えてくる
  • 設定が入りにくい機種が見えてくる
全体状況
  • 高設定投入数が多いのか少ないのかが見えてくる
差枚数
  • 全台系の際の設定456の比率が見えてくる

※こちらの内容の詳細については、別途記事にします。

 

人間の記憶力は、結構いい加減です。

記憶力には自信があるから、おれは記録なんてしない!と思ってる方もいると思いますが、稼働した日の詳細を全て記憶できる方は、99%いません。

そのまま実践していけば、99%負け組の方になります。

 

負けたくないなら、収支表で打ったホールのイベント内容、対象機種、全体状況、差枚数を記録しましょう。

 

ちなみに、差枚数については、ホールさんのLINE登録やHPで表示してあります。

是非登録しましょう。

スポンサーリンク

その3:打った機種に対して、なぜ打ったか根拠を記載すること

負け額にこだわると勝てる3つの方法その3は、「打った機種に対して、なぜ打ったか根拠を記載すること」です。

 

打った機種に対して、打った根拠を記載する理由は、「自分の立ち回りの仮説が正しかったのか間違っていたのかを把握する為」です。

 

最後に大事なのが、自分の立ち回りの仮説が正しかったのかどうかを把握することです。

 

仮説が正しければ、次回もその仮説をもとに立ち回れます。

 

仮説が間違っていれば、その時に立てた仮説が使えないことがわかります。

次回の立ち回りでは、今回立てた仮説を消去して、違う仮説を立てて立ち回ることができます。

↑めちゃめちゃ大事です。

 

仮説の立て方はこちらの記事↓

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【パチスロ】元スロプロが教える!負け額にこだわると勝てる!?3つの方法解説!」をご紹介させて頂きました。

 

「トライ&エラー」を繰り返すことで高設定を見つけることができます。

パチスロで勝つ為にはこれが大事です。

 

少しでも今よりも負けないようにする為にも収支表に今回紹介した3つの内容を記録するようにしましょう。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

にほんブログ村 

コメント

タイトルとURLをコピーしました