パチスロ 5号機初号機はパロットだ!5号機の初期~黄金期までのパチスロ台紹介!

管理人のbanです。

今回は「パチスロ 5号機初号機はパロットだ!5号機の初期~黄金期までのパチスロ台紹介!」をご紹介させて頂きます。

パチスロ6号機の導入とともに衰退していく5号機。

今では5号機もバジリスク絆など人気台がでましたが、出始めた当初はパチスロ業界が終わったと思える程、厳しい状況でした。

ただ、そんな終わったと思えた程の初期の5号機パチスロ台があったこそ、今の5号機、そして6号機があります。

そんな歴史についてご紹介させて頂きます。

それではどうぞ

にほんブログ村 

スポンサーリンク

5号機の誕生は2004年!

パチスロ5号機時代が始まったのは、今から約14年前の2004年に誕生しました。

パチスロ5号機で一番始めに登場した機種は、SANKYOが出したパロット【CRP花月伝説R】でした。

(エヴァが5号機初代と言われていますが、5号機という観点ではCRP花月伝説Rです)

 

パチンコとパチスロの融合機が【パロット】

「パロット」とは、パチンコとスロットの機能を併せ持った遊技機です。

導入当初は斬新な機械で人気がありましたが当時の4号機のパチスロのスペックと比較すると出玉性能は低く色物なだけに人気が出ることは無く、その寿命は短命でした。

 

CRP花月伝説Rのスペック

パロットCRP花月伝説Rのスペック、遊戯方法は以下となっています。

設定
赤7
猪鹿蝶
合成確率
機械割
1/6241/9921/38397.4%
1/5551/9491/350100.2%
1/5001/9101/323103.0%
1/4551/8731/299105.7%
1/4171/8401/279109.1%
1/3851/8091/261111.8%
遊戯方法
遊戯方法は以下となります。パチンコ玉を使いながらBETボタンを押す斬新なゲーム性でした。
  1. 遊技はパチンコ玉で行う。(リール始動、ベットする際には必ずボタンを押す)
  2. 1ベット5個の玉を使い、1プレイ15個の玉を使う。
  3. 完全確率で抽選されている。
  4. BIGは2種類あり、猪鹿蝶揃いだとBIG終了後100GのRTに突入する。
  5. RT中はリプレイ確率1/1.56にアップ。
  6. BIGは、2325個の払い出しがあると終了。(純増約1600個)

現在の5号機に慣れていれば、違和感はあまりありませんが当時4号機時代(後期)の出玉スピードと比べてしまうと恐ろしいほど遅いと感じたのを今でも覚えています。

 

初代パチスロ5号機は【新世紀エヴァンゲリオン】

通常のパチスロ機として、5号機で初めて登場したのが【新世紀エヴァンゲリオン】でした。

1,000円当たりのベースが50回転を超える仕様で、遊びやすさを追求した、まさに5号機と呼ぶのに相応しい遊技機でした。

これが5号機初代と言われている機種となりますが、正しくは5号機のパチスロ初代です。

新世紀エヴァンゲリオンのスペック
ちなみに『新世紀エヴァンゲリオン』のスペックは以下となります。
  • ノーマルタイプ+RT(REG後に必ず突入+100G継続)
  • BIG : 約350枚 /REG : 約100枚
  • 天井なし
設定
BIG確率
REG確率
合成確率
機械割
1/452 1/13101/33696.9%
1/4281/12361/31898.6%
1/3971/11701/297101.0%
1/3741/11101/280103.4%
1/3581/10571/267106.0%
1/3581/10571/267108.6%

 

5号機初期:出玉性能が弱かった

しかし、「4号機」の遊技機がホールの9割以上をまだ占める中で、そのスペック(出玉性能)の低さに魅力を感じる遊技者は少なく、「5号機」の魅力は低い状況でした。

今だと考えられないですが【5号機初期】は、全台6を毎日投入してもガラガラの状態でした。

まだ4号機が残っていたこともあり、プレイヤーは4号機に流れていました。

(管理人は5号機に行ってましたが)

5号機黄金期:RTパンク回避で機械割119%のモンスターマシンが登場!

そんな【5号機】の出玉性能を大幅に飛躍させた機能が【リプパン外し】です。

リプパン外しとは、リプレイタイムを延命させ、次のボーナスまで極力メダルを消費せずに遊技出来る事です。

当時の代表的な作品だと【スパイダーマン2】や【リングにかけろ】が有名な台です。

どちらもリプパン外しによってRTを延命した台で、機械割も119%と高性能でした。

 

このリプパン外しがきっかけで5号機でも出玉性能が高い機械が出せるということが認識され【4号機】が徐々に撤去される中で、瞬く間に【5号機全盛期】に突入していきました。

 

この時がわたしが知る限り5号機時代で一番勝てた時代だと思います。

 

5号機黄金期は機械割115%越えが多数!

【スパイダーマン2】や【リングにかけろ】など機械割117~119%の機種でBIGBOUNSの枚数も多く安定して、勝てる台が多かったです。演出+出目の面でも個人的には面白いと感じました。

ここでは当時のハイスペック台をご紹介させて頂きます。

 

リングにかけろ
画像
メーカー
銀座
仕様
A+ART
機械割(設定6)
119.9%
台の特長

リングにかけろの最大の特長は、ボーナス終了後に必ずついてくるRT「ブーメランラッシュ」である。

RTの継続ゲーム数は、赤7揃い・白7揃い後は200G、それ以外は100Gとなる。RTは、青チェリーが入賞すると終了する為、RT中は青チェリーハズシが必要となる。

ボーナス→RT→ボーナスのループによる出玉スピードは強烈だった。

スパイダーマン2
画像
メーカー
サミー
仕様
A+RT
機械割(設定6)
117%
台の特長

ビッグボーナスとミドルボーナスを搭載。

それぞれ300枚、220枚獲得できる。

ビッグボーナス終了後には150G、ミドルボーナス終了後には50ゲーム継続するリプレイ高確率ゾーンのRTに突入し、RT中は一枚小役のクモを避けることでRTの終了を回避するなど飽きの来させない内容になっている。

設定6の安定感は4.5号機に負けていなかった。

赤ドン
画像
メーカー
アルゼ
仕様
A+ART
機械割(設定6)
114%
台の特長

ビックボーナスオンリーの仕様となり、獲得枚数は4号機もびっくりの脅威の平均370枚越え。

さらにボーナスの終了後はチャレンジゾーンに移行し、チャレンジゾーンで三尺玉(ベル)が成立すれば33ゲーム継続するART「ドンちゃんゲーム」に突入。

終了後には再びチャレンジゾーンへ移行しループする仕様となっている。

チェリーを引くとチャレンジゾーンがパンクするものの、ビック中にチェリー回避のナビポイントを獲得することで、ボーナス→RT→ボーナスの強烈な破壊力を生み出した。

ビッグボーナス中は出玉モードをドンちゃん、葉月ちゃんのモードが選択可能で、条件を満たすとプレミアムで親方も出現する。

ガッチャマン
画像
メーカー
タイヨー
仕様
A+AR
機械割(設定6)
117%
台の特長

ガッチャマンタイム(GT)と呼ばれるARTとガッチャマンゾーン(G-ZONE)と呼ばれるATを搭載しており、小役ナビ&リプレイ高確率ゾーンを同時に盛り込んだGTと、小役ナビによりコインが減りにくいG-ZONEがループすることで、大量獲得することができた。

ガッチャマンの最大の特長は設定6のエクストラ仕様であり、同色ボーナスはGTゲーム数が500Gとなるが設定1は1/2100に対して、設定6は1/655となっており、異色ボーナスが設定1が1/800に対して、設定6が1/3120となっていた。

そのため、設定6が簡単にわかる仕様だったのだ。

当時管理人の地域のパチンコ店では激熱イベント時にはガッチャマンの設定6が入っていた為、一瞬で埋まり、一時間後には設定6の人以外は離席しているという異常事態をよく目にした。(管理人は一度も6は座れなかった)

バイオハザード
画像
メーカー
YAMASA(やまさ)
仕様
A+ART
機械割(設定6)
119.5%
台の特長

最大の特長はART「biohazard」とRT「ウェスカーモード」。ART「biohazard」は1セット50ゲームのARTで、1ゲームあたり約1.0枚のコインが増加し、ボーナス中や通常時のレア小役を契機に突入する。

ウェスカーモードはART「biohazard」へのチャンスゾーンという位置付けになっており、通常時の10倍以上の確率でART「biohazard」へ昇格する。

ARTへの抽選契機は通常時やボーナス中のどこからでも発展するため、プレイヤーはいつでもARTの期待感を楽しむことができる。

ビッグボーナスとレギュラーボーナスを搭載。ボーナス中はナビに従う打ち方で、ビッグボーナスで純増約342枚、レギュラーボーナスで純増約80枚獲得することができる。

設定判別も比較的容易であり、単独ボーナス確率で大きな差があった。

設定1で1/4096に対して、設定6は1/744と1000~2000回転まわして2回も単独ボーナスが確認できればほぼ低設定は否定できたのだ。

とにかく設定6はEXTRA設定であった。

マーベルヒーローズ
画像
メーカー
タイヨーエレック
仕様
A+ART
機械割(設定6)
119.5%
台の特長

最大の特徴はART「スーパーマーベルチャンス」であり、「スーパーマーベルチャンス」は、リプレイ高確率ゾーンとなるRT「マーベルチャンス」中のミッション演出クリアで突入する。

15枚役のナビに従う打ち方で1ゲームあたり1.2枚の純増であった。また左リールに搭載した2連図柄の「X-gate」が通常時に揃うとRTのマーベルチャンスかボーナスが確定する。

さらにマーベルチャンス中にX-gateが出るとスーパーマーベルチャンスへ突入したり、スーパーマーベルチャンスのゲーム数の上乗せがされたりと、現行の5号機の上乗せ性能に負けず劣らずな上乗せ性能があった。

当時は設定6でARTが延々終わらないという現象をよく見かけた。

ボンバーマンビクトリーF
画像
メーカー
サミー
仕様
A+ART
機械割(設定6)
114.7%
台の特長

ボンバーマンビクトリーでは子役告知機能のステップナビが搭載されていた。リールが止まるごとに台枠左右のランプが消灯していき子役が絞り込まれていくステップナビ演出で、リールを止めるごとにドキドキ感が高まる仕様であった。

最大の特長は、ボーナス終了後に突入するRT「ボンバータイム」である。RT「ボンバータイム」は白、黒、青のいずれかのボム(チェリー)を引くまで継続するRTとなっており、最大で3000ゲームまで継続させることができる。

仮面ライダーDX 走れ!スーパーバイク編
画像
メーカー
サミー
仕様
A+ART
機械割(設定6)
117%
台の特長

ボーナスは3種類のビッグボーナスと1種類のレギュラーボーナスを搭載。

ビッグボーナスで純増約320枚、レギュラーボーナスで純増約90枚のコインを獲得することができた。

ボーナス終了後はRT「ライダータイム」に突入する。

RTの継続率はボーナスで異なり、目押しでチェリーを回避する打ち方で最大2000ゲームまでRTを継続させることができた。

RT中は液晶右側のライダーカウンターによりナビ回数の予測ができ、リール下部にあるライダーベルト演出でチェリー成立及び色を確認することができた。

マジカルハロウィン
画像
メーカー
KPE
仕様
A+ART
機械割(設定6)
118.3%
台の特長

いまでこそ、マジハロシリーズは有名になっているが、当時は全く人気がなく導入するお店も少なかった。

ボーナス終了後にはRT「カボチャレンジ」か、ART「カボチャンス」に突入する。リプレイ高確率ゾーンのカボチャレンジは、カボチャンス移行の契機となるチャンスゾーンで、チェリーを8回回避することでART「カボチャンス」へ突入させることができた。

カボチャンス中はカットイン演出などのナビ演出に従い目押しする打ち方で、コインを増やすことができるなど、現在でも継承されているが魔界モード中にボーナスを引けば、プレミアムART「スーパーカボチャンス」に突入させることができる。

初代のスーパーカボチャンスはボーナスを5回引くまで継続する仕様であった。設定6看破はとにかく簡単であり、ビックボーナス終了後のART突入率が設定6は別格であった。

設定1はスイカ以外3.8%、スイカでも36%に対して、設定6はスイカで85%、スイカ以外で75%と脅威のART突入率を誇った。

その為、ガッチャマン同様、朝一ビックボーナス後、ART突入しなければほぼ6否定ということになる為、ビック1回引いてすぐ離席するという現象がたびたび見られた。

(管理人は2度設定6を掴みそれを体感した。周りの冷たい視線。)

2027
画像
メーカー
KPE
仕様
ART
機械割(設定6)
116%
台の特長

2027の最大の特長は「バトルモード」と呼ばれる新ボーナスシステムである。ボーナスはジャックボーナスと呼ばれるレギュラーボーナスのみで純増約28枚しか獲得できない。

出玉を増やす方法は、ボーナス終了後にART「バトルボーナス」へ突入させ継続させていくことである。

このART「バトルボーナス」は1ゲーム1.8枚の純増とハイスペックなARTとなっており、継続率は最大95%という驚異的なループ率であった。

ARTの終了条件は、20G毎に行われる継続抽選で外れた場合やジャックボーナスの成立となる。

キン肉マン
画像
メーカー
YAMASA
仕様
ART
機械割(設定6)
115%
台の特長

パチスロ キン肉マンは、レギュラーボーナスのみしか搭載していないボーナスシステムとなっている。バトルボーナスと呼ばれるレギュラーボーナスのみでは純増約49枚しか獲得できない。

しかしバトルゲーム中に正義超人が悪魔超人を倒せばART「マッスルタイム」へと突入する。ARTは無限ARTとなっており、レギュラーボーナスを引くことで継続抽選を行っている。

ARTの継続率は最大87.5%となっており、ARTとボーナスのループで出玉を稼ぐスロット機になっている。

4thリール演出の為、リーチ目は簡単に察知することができた。

またリール脇に搭載された肉ボタンによりゲーム中に状態示唆、継続率などの情報を確認することができた。

設定6看破が容易であり、ゴングREGでのART突入率に大きな設定差が設けられていた。低確(モード1)では設定1で0.78%しかないのに対して、設定6では23.85%と低確から2回、3回とARTに突入する様であればほぼ設定6であることがわかった。

 

5号機ART時代:高純増2枚の機種が多数 一撃性が高くなる

その後、押し順ナビを搭載したART機が登場し、1G当たりの純増1.5枚超えが登場。

さらに、ペナルティ(通常時は変則押し禁止)を用いたART機が登場することで、1G当たりの純増2.0枚超えが可能となり、出玉速度の更に加速しました。

黄金期に比べると安定性は格段に落ちましたが設定不問の一撃性が非常に高まりました。

特に番長2が出始めたころからどこのメーカーも同様のARTに特化した機種をだしたことから高射幸性が一気に高まりました。(個人的には一番パチスロを打つ意欲が下がった時期です)

当時人気のパチスロ台
高純増機で当時人気があったパチスロ台の一部をご紹介致します。
 
 
押忍!番長2
画像
メーカー
大都技研
仕様
ART
機械割(設定6)
114.1%
台の特長

押忍!番長2の最大の特長は、ART「頂RUSH」である。

ART「頂RUSH」は、ボーナス(疑似ボーナス)中や通常時から突入させることができる。

ART「頂RUSH」は1セット50ゲームのARTで純粋なボーナスは、「赤7・青7・赤7」揃い(右上がり青7揃い)の超番長ボーナス1種類のみ。

純増は約300枚で、終了後はART「頂RUSH」突入確定となる。

超番長ボーナスは、あくまでもプレミアム役的な存在となっており、それ以外の「ボーナス型ART」と「ART」でコインを増やすのが基本である。

新鬼武者
画像
メーカー
サミー
仕様
A+ART
機械割(設定6)
114.1%
台の特長

新鬼武者の最大の特長はART「蒼剣ラッシュ」である。ART「蒼剣ラッシュ」はボーナス終了後や通常時から突入させることができる。

ART「蒼剣ラッシュ」は1セット50ゲームのARTで、1ゲームあたり純増約1.4枚のコインが増加する。

ART「蒼剣ラッシュ」はゲーム数上乗せ、ARTストック、ARTループ(最大継続は80%)と大量獲得しやすい仕様となっていた。

デビルマンⅡ・悪魔復活
画像
メーカー
アルゼ
仕様
A+ART
機械割(設定6)
119.3%
台の特長

デビルマンⅡ・悪魔復活のゲーム中の最大の特長はART「アーマゲドン」である。ART「アーマゲドン」は通常ゲーム中やボーナス終了後から突入させることができる。

ART「アーマゲドン」は1セット50ゲームで、1ゲームあたり純増約1.4枚のコインが増加する。ART中にはARTのストック獲得を目指してプレイする。

ボーナスは2種類のビッグボーナスとプレミアムエピソード、サバトチャンスを搭載。

ビッグボーナスで純増約210枚、プレミアムエピソードで純増約102枚、サバトチャンスで純増約102枚のコインを獲得することができる。

バジリスク
画像
メーカー
アルゼ
仕様
ART
機械割(設定6)
119%
台の特長

バジリスクでは5種類のレギュラーボーナスを搭載。

ボーナス中はナビに従う打ち方で、純増約45枚のコインを獲得することができる。規定条件を満たしたボーナス終了後はART「バジリスクタイム」へ突入させることができる。

ART「バジリスクタイム」は追想の刻と争忍の刻が用意されており、1ゲームあたり純増約2.3枚と高純増となっている。

白BAR揃いのレギュラーボーナスはプレミアム的扱いで、ボーナス終了後はART「バジリスクタイム」+高継続率が確定する。

緑ドン VIVA!情熱南米編
画像
メーカー
アルゼ
仕様
A+ART
機械割(設定6)
119.5%
台の特長

緑ドン・VIVA!情熱南米編の最大の特長はART「アマゾンゲーム」である。ART「アマゾンゲーム」はボーナス中のドン揃い、プレミアムボーナス成立後、また通常ゲーム中から突入させることができる。

アマゾンゲームは1セット50ゲーム継続するARTで、1ゲームあたり純増約1.5枚の純増。ART中にビリーをゲットすれば上乗せゾーン「Xラッシュ」に移行しARTゲーム数を上乗せすることができる。

ボーナスは3種類のビッグボーナスと1種類のレギュラーボーナスを搭載。ビッグボーナスで純増約208枚、レギュラーボーナスで純増約56枚のコインを獲得することができる。

初代緑ドンから継承されたビリーゲット時の「ぽぽぽぽぽーん」がクセになった人は多いはず。

アプリ

 

緑ドンVIVA!情熱南米編

緑ドンVIVA!情熱南米編
開発元:Universal Entertainment Corporation
¥1,400
posted withアプリーチ
リングにかけろ1・黄金の日本Jr.編
画像
メーカー
タイヨーエレック
仕様
A+ART
機械割(設定6)
119.2%
台の特長

リングにかけろ1・黄金の日本Jr.編の特長は、ART「ブーメランラッシュ」である。ボーナス中に仲間を獲得し、仲間が獲得できればボーナス終了後にART「ブーメランラッシュ」に突入する。

ART「ブーメランラッシュ」は1セット30Gであり、7種類の継続率が搭載されている。ART最高継続率は95%となっている。

1ゲームあたり純増約1.0枚の純増。ART「ブーメランラッシュ」はゲーム数上乗せもあり、また特定の条件を満たせば次回ボーナスまで継続する無限ARTへ昇格することもある。4種類のビッグボーナスと2種類のレギュラーボーナスを搭載。

ボーナス中はナビに従う打ち方で、ビッグボーナスで純増約200枚、レギュラーボーナスで純増約60枚のコインを獲得することができる。

最高継続率になった時のイケイケ感はテンションMAXになること間違いなし!

 

5号機AT時代 ART純増3枚の荒波台が増加 

「5号機」中盤以降になると、AT機(※)が登場し、1G当たりの純増3.0枚が実現されました。

ミリオンゴッド系、戦国コレクションなどが該当します。

戦国コレクションの純増2.99枚には、実際に打った時に出玉スピードの速さにびっくりしましたね。(飲まれる意味でも、増える意味でもw)

この時代の高純増マシンたちはこちら

 

当時人気のパチスロ台
 
アラジン AⅡ
画像
メーカー
サミー
仕様
AT
機械割(設定6)
119.2%
台の特長

アラジンAⅡの最大の特長は、AT「アラジンチャンス」である。1ゲームあたり純増枚数2.7枚と脅威の出玉スピードを誇り、AT中はゲーム数の上乗せはもちろん、疑似ボーナス「アラジンボーナス」や上乗せ特化ゾーン「お宝RUSH」という一撃必殺の出玉トリガーも搭載していた

ただし、当時のバジリスク絆やまどまぎなどアルゼ人気が強烈な時に登場したことと低設定のきつさのダブルパンチにより短命となった。

管理人は個人的には好きであったのですがいかんせん低設定がきつすぎる為、打てる機会は少なかった。

アプリ
パチスロアラジンAII【777NEXT】

パチスロアラジンAII【777NEXT】
開発元:Sammy Networks Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ
鉄拳デビル
画像
メーカー
YAMASA
仕様
AT
機械割(設定6)
110.8%
台の特長

鉄拳デビルの最大の特長は、AT「デビルラッシュ」である。1ゲームあたり純増枚数3枚と脅威の出玉スピードを誇り、ATは1セット50G、AT中はセット数の上乗せのみ。

上乗せ特化ゾーン「頭突きコンボラッシュ」、「プレミアムデビルフリーズ」という一撃必殺の出玉トリガーも搭載していた。

当時は一撃性が高すぎる故に敬遠されがちでしたが、一撃逆転を求めて打つ人も多かったです。管理人は10回程度打ち、フリーズも引きましたが仕様に魅力を感じなかった為、最初から最後まで天井狙いのみでした。

新鬼武者・再臨
画像
メーカー
サミー
仕様
AT
機械割(設定6)
114.4%
台の特長

新鬼武者・再臨の最大の特長は、AT「蒼剣ラッシュ」である。1ゲームあたり純増枚数2.8枚と脅威の出玉スピードを誇り、ATは1セット50G、AT中はセット数、ゲーム数上乗せがある。

上乗せ特化ゾーン「桜花狂乱」という一撃必殺の出玉トリガーも搭載していた。

上乗せ特化ゾーン「桜花狂乱」は、10G間で上乗せ=100G以上が確定する強烈な上乗せ特化ゾーンだった。

当時は「鬼武者」というビッグタイトルを使った為、導入初期は稼働率が良かったですが、一撃性が高すぎて、低設定がきつすぎる為、管理人のいる地域ではすぐに稼働が落ち込み導入から2か月程度で稼働率が急激に落ち込みすぐに撤去されました。

北斗 転生の章
画像
メーカー
サミー
仕様
AT
機械割(設定6)
113.1%
台の特長

北斗 転生の章の最大の特長は、AT「闘神演舞」である。1ゲームあたり純増枚数2.86枚と脅威の出玉スピードを誇り、ATは1セット40G、AT中はATレベルが搭載されており、勝舞魂の上乗せが優遇される。

AT40G消化後は、勝負魂の数だけ「神拳勝舞」が発生する。「神拳勝舞」とは、1G完結の継続抽選バトルである。

一度の神拳勝舞で、約1/5で勝利することができる。勝利できれば、AT継続が確定し、残った勝負魂は、次回ATに持ち越される。

また、通常時には「あべしステム」と呼ばれる独自のAT初当たりシステムを搭載しており、毎ゲーム、液晶左上にある「あべしカウンター」が上昇していき、「あべし」が貯まるほどAT当選が近づく。

基本的には、1G消化につき1あべし増加となり、最終的に規定のあべし数に到達するとAT当選が確定する。管理人はこのシステムがどうしてもなじめず設定狙いすら敬遠していましたが市場評価は比較的高く、現在でも転生が導入されている店舗も多く残っています。

アプリ
パチスロ北斗の拳 転生の章【777NEXT】

パチスロ北斗の拳 転生の章【777NEXT】
開発元:Sammy Networks Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ
アナザーゴッドハーデス -奪われたZEUSver.-
画像
メーカー
ミズホ
仕様
AT
機械割(設定6)
116.3%
台の特長

アナザーゴッドハーデスの最大の特長は純増約2.9枚/GのAT「ゴッドゲーム」である。AT中の目玉である3種類の上乗せ特化ゾーンはAT初当り時およびAT中に突入の可能性あり。

パターンは3種類あり、ケルベロス→ペルセポネ→ハーデスの順に上乗せゲーム数が大きくなる。

中でもハーデスは一度の最低上乗せゲーム数が100Gとなっており、最も大量ゲーム数上乗せに期待できる。

また、シリーズ伝統の画面消灯後のフリーズに加え、コンボ・デジャヴ・全回転の3種類のフリーズアクションを新たに追加されている。どれも発生すればATロング継続の大チャンスとなる。

アプリ
アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-

アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-
開発元:Universal Entertainment Corporation
¥1,080
posted withアプリーチ
バジリスク~甲賀忍法帖~絆
画像
メーカー
ユニバーサル
仕様
AT
機械割(設定6)
118.6%
台の特長

バジリスク絆の最大の特長は純増約2.8枚/GのAT「バジリスクタイム」である。AT「バジリスクタイム」へは、擬似ボーナス「バジリスクチャンス」中の抽選を経て突入する仕組みとなっている。

バジリスクチャンス当選率は設定1でも約1/139となっており、弦之介(チャンス告知)/朧(後告知)/天膳(完全告知)の3種類からAT告知パターンを選択できる。

AT中はバジリスク初代、バジリスク2でお馴染みの”追想の刻”と”争忍の刻”をループする仕様で、消化中はバジリスクチャンス当選率がアップする「絆システム」などの新システムを搭載。

さらにAT中バジリスクチャンスの一部で突入する「無想一閃」などから発動の可能性がある上乗せ特化ゾーン「真瞳術チャンス」も健在。

アプリ

SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆

SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆
開発元:Universal Entertainment Corporation
¥1,080
posted withアプリーチ

 

まとめ

今回は「パチスロ 5号機の初期~黄金期までのパチスロ台紹介!」をご紹介させて頂きました。

パチスロ6号機の導入とともに衰退していった5号機。

今では5号機もバジリスク絆など人気台がでましたが、出始めた当初はパチスロ業界が終わったと思える程、厳しい状況でした。

ただ、そんな終わったと思えた程の初期の5号機パチスロ台があったこそ、今の5号機、そして6号機があります。

パチスロのゲーム性は進化し続けていますので今後6号機、7号機はどんなパチスロ台がでてくるか楽しみですね。

 

最後まで御覧頂き有難うございました。

次回も是非ご覧頂ければ幸いです。

にほんブログ村 

コメント

  1. に○ぴ より:

    2027の仕様を間違えていることがすごく気になった記事でした。

    • ban より:

      に〇ぴ 様

      管理人のbanと申します。

      この度はご指摘頂きましてありがとうございます。
      2027の台の特長につきまして、内容を修正させて頂きました。

タイトルとURLをコピーしました