パチスロ有利区間とは?元パチプロがReゼロでわかりやすく解説!

管理人のbanです。

今回は、パチスロ有利区間とは?元パチプロがReゼロでわかりやすく解説!をご紹介させて頂きます。

この記事では、大人気機種Reゼロを使って有利区間をわかりやすく解説させて頂きます。

パチスロが好きで勝ちたい方はぜったいにおぼえましょう!

 

それではどうぞ

にほんブログ村 

6号機の有利区間とは

6号機の有利区間とは、一言で言うと【ART、ATに当選する区間】です。

6号機には以下2種類の区間があります。

(ほかにも細かい条件はありますが打ち手には必要がない情報のため、この記事では省略します。)

  • 「有利区間」=ART、ATに当選する区間
  • 「通常区間」=ART、ATに当選しない区間

 

具体的な機種で解説していきましょう。

一番わかりやすいのが大人気機種「リゼロ」です。

リゼロは「コンビニステージ」が通常区間₌ART、ATを当選しない区間。

「コンビニステージ」以外は有利区間=ART、ATを当選する区間となります。

画像
区間
内容
通常区間(ATを当選しない区間)コンビニステージ
有利区間(ATを当選しない区間)コンビニ以外のステージ全て

 

有利区間の終了条件は、「1500G消化」もしくは「2400枚獲得」

つぎに覚えるのが【有利区間の終了条件】です。

終了条件は、「有利区間1500ゲーム消化」もしくは「2400枚獲得」のどちらかが該当した時に終了します。

 

有利区間は必ず1500ゲーム継続するわけではない!

有利区間は1500ゲーム間ずっと続くわけではありません。

1500ゲームのどこかでリセットされます。

 

リゼロで例えると、コンビニステージに行った時は「有利区間がリセット」された合図となります。

例えば、有利区間を700ゲーム消化して白鯨討伐(チャンスゾーン)に当選→「コンビニ経由=有利区間リセット」または「コンビニ非経由=有利区間継続」になった場合、有利区間は以下となります。

条件
有利区間リセットの場合
有利区間継続の場合
有利区間 消化数
700700
コンビニ
経由(₌有利区間リセット)非経由₌有利区間継続
残り有利区間
1500(リセットされたので1500に戻る)800(有利区間1500ー消化数800=残り有利区間800)

 

有利区間を理解して、つぎの「当たりゲーム数」が読める!

有利区間を理解すれば、つぎの【当たるまでのゲーム数が読めます】

例えば、以下の条件となった場合、つぎに当たるゲーム数は「300ゲーム以内に当たります」

当たり回数
有利区間消化
コンビニ
残り有利区間
当たるゲーム数(=天井)
1回目
400ゲーム非経由1100777以内
2回目
500ゲーム非経由600777以内
3回目
300ゲーム非経由300300以内
4回目
300ゲーム300以内

 

有利区間1500ゲーム-400ゲーム(コンビニ非経由)-500(コンビニ非経由)-300(コンビニ非経由)=残り有利区間300ゲームとなりますね。

有利区間は「ART、ATが当選する区間」です。

コンビニ非経由が続いている台が確認できたら、コンビニ経由しているかどうかをチェックしましょう。

お宝台を見つけられるかもしれません。

 

有利区間の切り替えを確実に見極めるべし!

有利区間の切り替えを確実に見極めましょう。

有利区間の切り替えを確実に見極めることで「やめてはいけないタイミング」と「やめるべきタイミング」もはっきりします。

 

6号機はやめどきを間違えると、【ボーナス当選期待度が高い状況を自ら捨ててしまう可能性】もあります。

逆にボーナス期待度がほぼ0のような状況を打ってしまうことになります。

 

やめてはいけないタイミングの具体例

以下条件に当てはまった場合には、残り有利区間(₌ART、ATが当選する区間)が400ゲーム₌400ゲーム以内に必ず当たるため「やめてはいけないタイミング」となります。

当たり回数
有利区間消化
コンビニ
残り有利区間
当たるゲーム数
1回目
400ゲーム非経由1100777以内
2回目
500ゲーム非経由600777以内
3回目
200ゲーム非経由400600以内
4回目
400ゲーム  400以内

 

やめるタイミングの具体例

以下条件に当てはまった場合には、残り有利区間が1500ゲーム₌リゼロの天井は777ゲームのため、「やめるタイミング」となります。

また、実際に以下の履歴の挙動をした場合、低設定濃厚となりますのですぐにやめましょう。(低設定は通常A₌天井777ゲームをループしやすい)

当たり回数
有利区間消化
コンビニ
残り有利区間
当たるゲーム数
1回目
400ゲーム非経由1100777以内
2回目
500ゲーム経由1500777以内
3回目
700ゲーム経由1500777以内
4回目
700ゲーム経由1500777以内

 

リゼロはモードによってボーナス当選のゲーム数が異なります。リゼロのモードと天井ゲーム数は以下となります。低設定は通常Aをループしやすいです。

また、設定6でも天国、鬼天国には滅多にいきません。(ここ大事)

モード
天井ゲーム数
特長
通常A
777ゲーム
  • 200ゲーム、500ゲームが当たりやすい
  • ゲーム数の下2桁前半が当たりやすい(例:200ゲーム~249ゲーム)
通常B
555ゲーム
  • 100ゲーム毎に前兆に入る
  • ゲーム数の下2桁後半が当たりやすい(例:250ゲーム~299ゲーム)
通常C
456ゲーム
  • 100ゲーム毎に前兆に入る
  • ゲーム数の下2桁前半が当たりやすい(例:200ゲーム~249ゲーム)
引き戻し
256ゲーム
  • 256ゲーム以内にボーナス当選確定
天国
150
  • 150ゲーム以内にボーナス当選確定
鬼天国
256ゲーム
  • 256ゲーム以内にAT当選確定

 

やめるタイミングが大事な理由 低設定はほぼ200ゲーム以内に当たらない

リゼロの低設定はほぼ200ゲーム以内は当たりません。

やめどきを間違えると60%の確率で10,000円投資がほぼ確定しまいます。

低設定は456ゲーム以上ハマる確率が60%以上あります。

 

リゼロは、基本ほぼ通常Aをループします。=天井は基本777ゲームとなります。

ほぼ200ゲーム以内の当選はありません。

(ちなみに設定6でも約7%程度の当選率しかありません)

 

そのため、有利区間リセット=最低でも256ゲームはほぼ確実に回すことになります。

(現金で約5000円は使う計算)

 

256ゲームのゾーンの当選率は、設定1は約16%、設定2と3は約34~37%程度しかありません。

256ゲームが抜けた場合、つぎはほぼ456ゲームまでもってかれます。

456ゲームまでの当選率は設定1でようやく49%、設定2で約52%、設定3で約57%となります。

 

よって低設定を打つ=60%以上の確率で456ゲーム以上はまることになります。

(現金で約10,000円は使う計算)

 

有利区間を覚えて、「やめてはいけないタイミング=期待値が高い」と「やめるべきタイミング=期待値が低い」をはっきりしてパチスロ勝ち組になりましょう!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、パチスロ有利区間とは?元パチプロがReゼロでわかりやすく解説!をご紹介させて頂きました。

 

6号機では有利区間を覚えないと勝てません。

今回の記事で有利区間を覚えて「やめてはいけないタイミング」と「やめるべきタイミング」を理解してパチスロ勝ち組になりましょう!

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました