【パチスロ】ドラゴンギャルシリーズ!歴代機械割ランキング!

管理人のbanです。

今回は、「【パチスロ】ドラゴンギャルシリーズ!歴代機械割ランキング!」をご紹介させて頂きます。

最強のギャルは〇〇なんだからね!

【パチスロ】金太郎シリーズ!歴代機械割ランキング!〇号機をなめんじゃねぇ!

それではどうぞ

にほんブログ村 

スポンサーリンク

ドラゴンギャルシリーズ 機械割ランキング 

ドラゴンギャルの全シリーズの機械割ランキングを4号機・5号機を含めてまとめてみました。

ドラゴンギャルは「SNKプレイモア」から登場した機種です。

2004年から登場し、現在までで合計4種類登場しています。

それでは機械割ランキングいってみましょう。

ドラゴンギャルシリーズランキングTOP5

TOP
画像
機種名
発売台数
1位
ドラゴンギャル設定1:96.8%~設定6:117.0%
2位
ドラゴンギャル 双竜の闘い設定1:97.6%~設定6:114.3%
3位
ドラゴンギャル 修羅の野望設定1:97.2%~設定6:113.8%
4位
ドラゴンギャル ルーと伝説の黄金龍設定1:96.8%~設定6:113.1%

ドラゴンギャルシリーズ:歴代機種の仕様と管理人一言

ランキングについて、最強ギャル(TOP1)は、4号機「ドラゴンギャル」でした。

機械割は設定6で117.0%(公表値)となっています。

TOP2は「ドラゴンギャル 双竜の闘い」で設定6で114.3%(公表値)、TOP3は「ドラゴンギャル 修羅の野望」で設定6で113.8%(公表値)となりました。

そして、最弱ギャル(最下位)は、5号機「ドラゴンギャル ルーと伝説の黄金龍」で設定6で113.1%(公表値)でした。

ドラゴンギャルシリーズは全シリーズ通して、機械割平均が高く優秀なスペックですね。

ゲーム性もオモシロく、管理人は好きなメーカーさんでしたが、事業の将来性を見出すことが困難であるとのことで残念ながらパチスロ業界から撤退してしまいました。(SNKプレイモア自体は残っている)

そんな色々な歴史がある機種たちの情報を歴史順に紹介させて頂きます。

ドラゴンギャル

画像
導入時期
2004年
機械割
設定1:96.8%~設定6:117.0%
仕様
  • 【機種/メーカー】:4号機 / SNKプレイモアから発売 
  • 【ゲーム仕様】:ST機
  • 【ボーナス】:BIGとREG
  • 【ボーナス放出契機】:ムイムイチャレンジと呼ばれるボーナス解除機能搭載。ムイムイチャレンジ中の宝玉が成立した回数分の解除抽選を行い、突破すると高確率状態である「空ステージ」へ移行する。ムイムイチャレンジ中のボーナス解除率は約1/10~1/15となっている。
  • 【高確率「空ステージ」】:全設定共通で毎ゲーム1/25.6でボーナス解除抽選が行われる。
  • ➀高確率への移行契機は、ムイムイチャレンジ勝利時、2枚チェリー時、JACハズレ時の3種類。
  • ➁高確率はショート・ロング・スーパーの3種類があり、転落抽選が異なる。設定6は高確率ショート滞在時の転落がしづらい仕様になっている(設定1:平均37.3G~設定6:平均73.3G)、高確率スーパーになると平均186.8Gで滞在。夜ステージはスーパーが確定する。
  • 【天井】:ボーナス間1207G
管理人の一言
  • SNKらしいキャラクターや演出が当時は斬新でオモシロかった。
  • ムイムイチャレンジの自力感は当時は斬新で好きだった。
  • 性能は低設定が異常に厳しく、高設定でなければ勝てない仕様だった為、なかなか打つ機会に巡り合うことがなかった。(一度で良いからホールさんで設定6を打ってみたかった)ホールさんで打つ時は、宝玉狙いでの期待値稼働ばかりだった。
家スロするなら
 パチスロ ドラゴンギャル

ドラゴンギャル ルーと伝説の黄金龍

画像
導入時期
2011年
機械割
設定1:96.8%~設定6:113.1%
仕様
  • 【機種/メーカー】:5号機第1弾 SNKプレイモアから発売 
  • 【ゲーム仕様】:ARTのみ
  • 【ボーナス】:-
  • 【ボーナス当選契機】:ー
  • 【ART当選契機】:
  • 【ART「闘ボーナス」・「天ボーナス」】:本機は2種類のARTを搭載している。振分は1:1 1G純増2.0枚
  • 【ART「闘ボーナス」】:1セット30G+継続率型 初回突入時は50%継続で、2セット目以降は最低80%継続となる(最大95%) 闘ボーナスのラスト12Gで繰り広げられるルーとのバトルにて、勝利すればART継続が確定。勝利の文字表示が「大勝利」なら継続確定+高継続率が確定する。「確定」なら上乗せストックが確定。
  • 【ART「天ボーナス」】:1セット50G+ゲーム数上乗せ型(最大上乗せ300G)1度のボーナス当選で1~10個ストックされる。上乗せゾーンは「NEO大仏ゾーン」・「黄金龍ゾーン」・「ドラゴンモード」の3種類。「ドラゴンモード」はゲキアツで、最大30G継続し、しかも赤7揃いが約1/4で成立する。
  • 【ミッション】:突入に大きな設定差がある。弱チェリー:低確だと設定1~5で5.9%・設定6で11.5%、高確だと設定1~5で11.9%・設定6で18.7%でミッションに当選)
  • 【天井】:ART1000G消化で50%でART当選。ART1100Gで「闘ボーナス」なら95%継続確定、「天ボーナス」なら5セット確定となる。
管理人の一言
  • 演出面が多彩になり、ゲーム性の幅が広がり前作よりも通常時でも飽きずに打てる仕様になった。管理人は好きな機種だった。
  • 闘ボーナスに夢がある。(初回の50%を突破すれば、2セット以降は80%になる為)
  • 低設定でも天井機能が強力だった為、天井狙いで頻繁に打った機種のひとつ。(ART1100G消化後、闘ボーナスなら95%確定、天ボーナスなら5セット確定)
家スロするなら
パチスロ ドラゴンギャル ルーと伝説の黄金龍

ドラゴンギャル 修羅の野望

画像
導入時期
2013年
機械割
設定1:97.2%~設定6:113.8%
仕様
  • 【機種/メーカー】:5号機第1弾 SNKプレイモアから発売 
  • 【ゲーム仕様】:ATのみ
  • 【ボーナス】:-
  • 【ボーナス当選契機】ー
  • 【AT当選契機】:CZ成功時・レア役による直撃・フリーズ
  • 【AT「闘ボーナス」と「天ボーナス」】:本機は2種類のARTを搭載している。振分は1:1 1G純増2.8枚
  • 【AT「闘ボーナス」】:1セット30G+継続率型 初回突入時は50%継続で、2セット目以降は最低80%継続となる(最大90%) 逆押しカットインで青7が揃えば天ラッシュストック確定
  • 【AT「天ボーナス」】:1セット40G+ゲーム数上乗せ型(最大上乗せ300G)。逆押しカットインで青7が揃えばゲーム数上乗せが確定する。
  • 【上乗せチャレンジゾーン「ムイムイチャレンジ」】:バトルに勝利することで「ゲーム数上乗せ」 or 「ドラゴンモード突入」 or 「超天ラッシュ突入」が確定する上乗せ特化ゾーン。
  • バトルの対戦相手によって勝利期待度が異なり、対戦相手が「豚沌(トントン)」ならチャンス。「黄金龍(ホアンロン)」は強敵だが、倒せれば「ドラゴンモード突入」 or 「超天ラッシュ突入」が確定する。
  • 【上乗せ特化ゾーン「ドラゴンモード」】:全小役にてゲーム数上乗せ抽選が行なわれる。青7揃いが成立すればゲーム数上乗せ確定。
  • 【上乗せ特化ゾーン「超天ラッシュ」】:「天ラッシュストック」・「天ラッシュゲーム数」・「闘ボーナスストック」の上乗せ抽選が行われる上乗せ特化ゾーン。10G継続で、10G消化後も継続抽選が行われる。
  • 【AT自力解除ゾーン「ドラゴンチャンス」】:10Gで引いた小役によって、龍玉の獲得抽選が行われ、龍玉が貯まるほどチャンス。7つ貯まればAT確定となる。
  • 【天井】:ART1280G消化で天井到達、継続率80%もしくは90%の闘ボーナスが確定する。(闘ボーナス間で1000G超えた時点で80%もしくは90%は確定する)
管理人の一言
  • 前作とシステムはほぼ一緒だが、ATになったことで出玉スピードが上がった。また、闘ボーナスの最高継続率が95%→90%に下がった。
  • 上乗せ特化ゾーン「超天ラッシュ」が強力。一度引いたことがあり、その時は一撃3000枚近い出玉を獲得できた良い思い出。
  • 前作同様に天井狙いが優秀だった為、天井狙いを頻繁に行っていた。
家スロするなら
 パチスロ ドラゴンギャル 修羅の野望

ドラゴンギャル 双龍の闘い

画像
導入時期
2015年
機械割
設定1:97.6%~設定6:114.3%
仕様
  • 【機種/メーカー】:5号機 第4弾 SNKプレイモアから発売 
  • 【ゲーム仕様】:ATのみ
  • 【ボーナス】:-
  • 【ボーナス当選契機】ー
  • 【AT当選契機】:CZ成功時・レア役による直撃・フリーズ
  • 【AT「双龍乱舞」】:1G純増2.5枚 ゲーム数上乗せ+セット数上乗せ。AT初当たり確率:設定1は1/499.7~設定6は1/281.9 大きな設定がある。
  • 【AT上乗せ特化ゾーン「覚醒RUSH」】:4G間ゲーム数上乗せが発生。平均上乗せ200G
  • 【AT中「黄金龍襲来」】:4G+転落抽選で見事勝利すれば黄金龍が同行し、上乗せ強化システムが発動する。
  • 【AT上乗せ特化ゾーン「功夫バトル」】:1~3Gで継続率50~95%(宝玉を持っている分は継続が保証される) 平均上乗せ:28~89G
  • 【引き戻し「金の卵チャンス」】:6G継続で成立役に応じてG数上乗せ抽選が行われる。レア役なら上乗せ確定。上乗せ最低保証50G
  • 【引き戻し「剛狐を倒せ」】:バトル勝利でAT復帰。成立役に応じて勝利抽選が行われる。
  • 【CZ「双龍チャレンジ」】:10G+延長分で赤7揃いまたはレア役でAT抽選を行う。AT当選期待度は約52%。高設定ほど双龍チャレンジに当選しやすい。
  • 【CZ「ムイムイチャレンジ」】:宝玉の数だけ抽選を受けることができる。AT当選期待度は約16%~100%
  • 【CZゾーン「宝玉チャレンジ」】:10Gで引いた小役によって、龍玉の獲得抽選が行われ、龍玉が貯まるほどチャンス。7つ貯まればAT確定となる。
  • 【天井】:ART1616G消化で天井到達もしくはムイムイチャレンジ回数天井(最大10回)
管理人の一言
  • AT中の「功夫バトル」で高継続率を引っ張ってくると最高に楽しい。(基本は1~2連がほとんど)
  • 通常時、宝玉をどんどん貯めて、ムイムイチャレンジで刺すといった感じのゲーム性になっており、初代のゲーム性に近く管理人は好きな機種のひとつだった。宝玉の価値が初代並みに上がった。
  • 高設定を狙いたい機種だったが導入数が少なく、打つ機会はほとんどなかったのが悲しかった(´;ω;`)
家スロするなら
パチスロ ドラゴンギャル 双龍の闘い

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【パチスロ】ドラゴンギャルシリーズ!歴代機械割ランキング!」をご紹介させて頂きました。

個人的に機種情報を振り返ってみて、懐かしい機種や、もっと打ち込みたかった機種がでてきたりと意外と楽しかったです。

今後も最新機種が更新されましたら記事も更新していきます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました