【パチスロ】ドンちゃん・ハナビシリーズ 歴代機械割ランキング!世界一のハナビ職人は!?

管理人のbanです。

今回は、「【パチスロ】ドンちゃん・ハナビシリーズ 歴代機械割ランキング!世界一のハナビ職人は!?」をご紹介させて頂きます。

世界一の花火師は〇〇って知ってますか?

【パチスロ】巨人の星シリーズ 歴代機械割ランキング!まさかのあの機種が1位!?

それではどうぞ

にほんブログ村 

スポンサーリンク

ドンちゃんシリーズ 機械割ランキング

ドンちゃんシリーズの機械割ランキングを4号機・5号機・6号機を含めてまとめてみました。

ドンちゃんシリーズは「アルゼ」・「ユニバーサル」・「エレコ」・「ミズホ」から登場した機種です。

1998年から登場し、現在までで合計19種類登場しています。

今回はドンちゃんシリーズにHANBIシリーズも加えてみました。

それでは機械割ランキングいってみましょう。          

ドンちゃんシリーズランキングTOP19

TOP
画像
機種名
機械割
1位
花火百景(4号機)設定1:100.8%~設定6:140.6%
2位
大花火(4号機)設定1:100.66%~設定6:140.33%
3位
緑ドン VIVA!情熱南米編(5号機)設定1:97.5%~設定6:119.5%
4位
緑ドンVIVA2(5号機)設定1:97.4%~設定6:119.3%
5位
出番だ!葉月ちゃん(5号機)設定1:97.2%~設定6:119.1%
6位
緑ドン~花火の起源探求之巻~(5号機)設定1:97.38%~設定6:118.87%
7位
ドンちゃん祭(5号機)設定1:97.8%~設定6:116.4%
8位
ドンチャン2(デカドンチャン2)(4号機)設定1:99.5%~設定6:116.0%
9位
赤ドン~雅~(5号機)設定1:98.2%~設定6:115.8%
10位
緑ドン~キラメキ!炎のオーロラ伝説~(5号機)設定1:97.6%~設定6:115.4%
11位
ハナビ(4号機)設定1:100.56%~設定6:114.33%
12位
赤ドン(5号機)設定1:94.00%~設定6:114.0%
13位
青ドン~花火の匠~(5号機)設定1:97.05%~設定6:113.41%
14位
青ドン~花火の極~(5号機)設定1:98.4%~設定6:112.6%
15位
ハナビ通(5号機)設定1:97.8%~設定H:110.9%
16位
ハナビノオヤカタ設定1:96.0%~設定6:109.1%
17位
青ドン(5号機)設定1:98.20%~設定6:108.88%
18位
ハナビ(5号機)設定1:98.0%~設定6:108.5%
19位
ドンちゃん2(6号機)設定1:97.7%~設定6:108.1%

ドンちゃんシリーズ:歴代機種の仕様と管理人一言

ランキングについて、世界一の花火師は(TOP1)は、4号機「花火百景」でした。

機械割は設定6で140.6%(実践値)と驚異的な数字ですね。

そして、TOP2は「大花火」で設定6で140.33%(実践値)、TOP3は「緑ドン VIVA!情熱南米編」で設定6で119.5%(公表値)となりました。

そして、最低の花火師(最下位)は、6号機「ドンちゃん2」で設定6で108.1%(公表値)でした。

そんな色々な歴史がある機種たちの情報を歴史順に紹介させて頂きます。

ハナビ 

画像
導入時期
1998年
機械割
設定1:100.56%~設定6:114.33%(フル攻略)
仕様
  • 4号機 ユニバーサルより発売
  • ノーマルAタイプ(A400)
  • リール配列は「バーサス」を類似させているがリーチ目察知がしやすくなっている
  • 演出なし・リールフラッシュ・遅れなどどのシチュエーションでもボーナスに期待できることが魅力
  • 公表値の機械割は設定1:93.6%~設定6:104.6%となっているがフル攻略で大幅に機械割がUPすることが可能
  • 4号機の中でも10万台販売と大人気機種となった
管理人の一言
  • 管理人の実家では撤去ギリギリまで設置されており、毎日設定6が入っていたが、年配の方のみしかいなかった為、終日回されることがほとんどなかった為、実家に帰省した際にはお昼ごろから楽しく打たせて頂いた記憶がある
  • 4号機のノーマル機はフル攻略した分だけ機械割が上がるのが得した気分になった
家スロするなら
 パチスロ ハナビ

大花火

画像
導入時期
1999年
機械割
設定1:100.66%~設定6:140.33%(フル攻略)
仕様
  • 4号機 ユニバーサルより発売
  • ノーマルAタイプ(A700)
  • BIGは、最高711枚獲得することができる(BIG中のリプレイはずしは、逆押し左リール3連ドンを狙い75%の確率ではずすか、左リール中段に「HANABI」をビタ押しすることで100%はずすことができた)
  • 「鉢巻リール」による多彩な演出でゲーム性の幅が広がった
  • 4号機の中でも20万台販売と超大人気機種となった
管理人の一言
  • 「鉢巻リール」による多彩な演出でゲーム性の幅が広がり演出と出目により矛盾演出がより一層楽しめるようになった
  • BIG中のリプレイはずしがプレイヤーのビタ押し精度で機械割を大きく左右した。当時の管理人はビタ押し精度が全く高くなかった為、ビビりながら打っていた記憶がある(今も目押し精度は低いですが)
家スロするなら
パチスロ 大花火

ドンチャン2(デカドンチャン2)

画像
導入時期
ドンチャン2:2000年 / デカドンチャン2:2001年
機械割
設定1:99.5%〜設定6:116.0%(フル攻略)
仕様
  • 4号機 アルゼより発売
  • ノーマルAタイプ(ドンチャン2:BIG400枚 /デカドンチャン2:BIG711枚)
  • 7.77インチの巨大ディスプレイを搭載した
  • 液晶では青ドン・赤ドン・緑ドンのそれぞれ演出が異なるキャラクターを選択することができた
  • BIGは技術介入度が高く、提灯フラグ成立の際に逆押し上段の場合、提灯+チェリーの複合役を取ることができ10枚→14枚獲得することが可能となる。(ビタ押しが必要)
管理人の一言
  • 巨大ディスプレイには感動したが、ハナビの時のような設定状況が甘い訳ではなかった為、強い思い入れはあまりない
  • BIG中の逆押しによる枚数増加は失敗しまくりBIG400枚以下を連発した苦い思いがある(ビタ押し提灯+チェリーの複合役はビタ押し失敗すると10枚→2枚になってしまう)
家スロするなら
 パチスロ ドンチャン2 / パチスロ デカドンチャン2

ハナビノオヤカタ

画像
導入時期
2001年
機械割
設定1:96.0%〜設定6:109.1%
仕様
  • 4号機 アルゼより発売
  • ノーマルAタイプ(A400)
  • 本機の特徴は、通常21コマあるリール絵柄を20コマに減らし、回転速度も落とし、初心者でも目押しができるように初心者設計仕様となった。
  • スベリ制御が4コマではなく、3コマスベリだ
管理人の一言
  • 初心者向け設計の20コマ+スベリ制御が今までのタイミングと全く異なった為、逆に難しいと感じた。
家スロするなら
パチスロ ハナビノオヤカタ

花火百景

画像
導入時期
2003年
機械割
設定1:100.8%〜設定6:140.6%
仕様
  • 4号機 アルゼより発売
  • ノーマルAタイプ(A700)
  • 大花火のリメイク版として登場
  • リール面を透過する15インチ全面液晶を搭載した筐体「マンティス」を搭載
  • リール配列・小役構成・BIG中のシステム、性能も「大花火」と同じ
管理人の一言
  • 個人的には液晶搭載は大花火よりも馴染めたが、市場の評価は予想よりも厳しくあまり長生きせずに撤去されてしまったのが残念だった。(特に大花火が好きだった方にとっては、液晶が邪魔しているという評価が多かった)
家スロするなら
パチスロ 花火百景

青ドン

画像
導入時期
2007年
機械割
設定1:98.20%~設定H:108.88%
仕様
  • 5号機 第一弾 ミズホより販売
  • 4号機「ハナビ」の後継機として登場
  • 4段階設定(1・4・6・H)
  • ノーマルAタイプ(通常時1200G消化後は、天井RTが発動しボーナス当選まで継続)
  • 本機は新型筐体「X筐体」を使用し、メインリールが小さくなっているのが特徴
  • ゲーム性は、「ハナビ」を継承しており、右リールゲチェナ停止で小役否定でボーナス確定などとなっている
  • 5号機から搭載された、「小役重複」はリプレイ以外の小役で期待が持て、特に斜め氷はボーナス当選期待度が高かった(斜め氷:全設定共通50%)
管理人の一言
  • ハナビが好きだった為、相当打ち込んだ機種のひとつだった。
  • 小役重複が導入された為、通常時にしれっとリーチ目がでる機会が減ったもののたまにでた時はうれしかった。
  • 通常時、無演出でしれっとリーチ目がでるのが堪らなく楽しかった。
  • メインリールが小さくなった為、最初は打ちづらかったが、慣れてくると違和感なく打てるようになった。
  • 巨大効果音発生時は、激熱だった為、どこから押そうか楽しみながら打っていた。
家スロするなら
パチスロ 青ドン

赤ドン

画像
導入時期
2008年
機械割
設定1:94.0%〜設定6:114.0%
仕様
  • 5号機 第一弾 ミズホより販売
  • 4号機「大花火」の後継機をモチーフとして登場した
  • 4段階設定(1・4・6・H)
  • 本機は新型筐体「X筐体」を使用し、メインリールが小さくなっているのが特徴
  • ボーナス+ART機能搭載(ドンちゃんシリーズ初のART機)
  • BIGは約370枚獲得することができ、REGは非搭載となっている BIG中は3種類選択可能(ドンBIG・葉月BIG・親方BIG) BIG中の特定演出によりチャレンジゲーム中のチェリーナビポイントを獲得することができる
  • ART「ドンちゃんゲーム」は1セット33G 1Gあたりの純増約1.0枚 消化後はチャレンジゾーンに突入し、チェリーよりも先に3尺玉を獲得すれば再度「ドンちゃんゲーム」に復帰することができる パンク役のチェリーを回避する為のナビポイントを獲得していれば、確実に復帰することが可能
管理人の一言
  • ドンちゃんシリーズ初のART搭載機種ということもあり、注目された機種だったが、ゲーム性が荒かったことと、ボーナス確率が激重だったことから低設定は悲惨な状態になっていた(BIG合算 設定1:1/431.15~設定H:1/348.59)
  • 当時管理人が通っていたホールさんも低設定で一気に客とびした為、焦って高設定を毎日投入していたが、なかなか客足は戻らなかった為、当時の管理人はありがたく高設定にほぼ毎日座らせて頂いたありがたい思い出がある
  • 通常時、無演出でしれっとリーチ目がでた時は堪らなく嬉しかった
家スロするなら
パチスロ 赤ドン

緑ドン~花火の起源探求之巻~ 

画像
導入時期
2009年
機械割
設定1:97.38%〜設定6:118.87%
仕様
  • 5号機 エレコより販売
  • ボーナス(BIG約200枚・REG約60枚獲得)+ART機
  • 本機は新筐体・「マスカレード」を採用した。
  • ART「万里遊戯」は、1セット50G 純増約1.3枚/Gとなっている 最大継続率は95%(ARTループ率は25%~95%) ART中は成立役に応じて毎ゲームART継続抽選が行われている
  • ART突入抽選はボーナス・通常時の2つあり、チャンスゾーン中に特殊リプレイの押し順ナビに正解すればARTに突入する 
  • BIG中にドン揃いを成立させれば、ART「万里遊戯」が確定する さらに2回、3回成立でART継続率のUP抽選が行われていた。
  • 通常時は256ゲーム周期でチャンスゾーンに突入し、5回非当選の場合、次の周期でロケットモード(ボーナス当選まで継続)確定となる。
管理人の一言
  • ARTのドンシリーズの中で一番打ち倒した機種が本機だった。設定6の機械割が高く(設定6:118%)通常時、ART中の演出バランスも良く、管理人は高い頻度で設定狙いをしていた。
  • 低設定でも95%継続さえ突入してしまえば、一撃万枚も夢ではなかった。
  • 通常時、無演出でしれっとリーチ目がでた時は堪らなく嬉しかった。
家スロするなら
パチスロ 緑ドン~花火の起源探求之巻~ 

青ドン~花火の極~

画像
導入時期
2009年
機械割
設定1:98.4%〜設定6:112.6%
仕様
  • 5号機 開発「アルゼ」 販売「エレコ」
  • ノーマルAタイプ(BIG約364枚・REG約112枚獲得)
  • 5号機「青ドン」の後継機
  • 本機は新筐体「ハチマキ筐体」を搭載。リールが大きくなり前作の青ドンよりも見やすくなった。
  • 今作の設定は6段階設定となっている。
  • 今作でも斜め氷は重複度激高となっている(ボーナス重複期待度:50%以上)
  • 通常時は、演出を通常モードとクラシックモードの2種類選択することができ、クラシックモードは初代「ハナビ」をイメージして演出が「遅れ」・「予告音」・「フラッシュ」のみとなる
管理人の一言
  • 設定6の機械割が112.6%とノーマル機としては優秀なスペックだったものの、当時はART機が主流だったことから、注目されることなく静かに撤去されていってしまった悲しい台だった。
  • 管理人としては、現在の6号機でこのスペックで復活してほしい機種のひとつである
家スロするなら
パチスロ 青ドン~花火の極~

青ドン~花火の匠~

画像
導入時期
2010年
機械割

設定1:97.05%〜設定6:113.41%

仕様
  • 5号機 開発「アルゼ」 販売「エレコ」
  • ノーマルAタイプ(BIG約364枚・REG約112枚獲得)
  • 5号機「青ドン」の後継機
  • 本機は新筐体「ハチマキ筐体」を搭載。リールが大きくなり前作の青ドンよりも見やすくなった。
  • 今作の設定は6段階設定となっている。
  • ボーナス確率を上げ、ボーナスの単独当選をメインにすることで初代「ハナビ」により近いゲーム性となった
  • 今作でも斜め氷は重複度激高となっている(ボーナス重複期待度:50%以上)
  • 初代「ハナビ」をイメージして演出が「遅れ」・「予告音」・「フラッシュ」のみとなる
管理人の一言
  • 設定6の機械割が113.41%とノーマル機としては優秀なスペックだったものの、当時はART機が主流だったことから、注目されることなく静かに撤去されていってしまった悲しい台だった。
  • 管理人としては、現在の6号機でこのスペックで復活してほしい機種のひとつである
家スロするなら
パチスロ 青ドン~花火の匠~

出番だ!葉月ちゃん

画像
導入時期
2010年
機械割
設定1:97.2%〜設定6:119.1%
仕様
  • 5号機 開発「エレコ」 販売「ユニバーサル」
  • ノーマルAタイプ(BIG約364枚・REG約112枚獲得)
  • 5号機「青ドン」のスピンオフ作品 花火シリーズの「ヒロイン」葉月ちゃんが主役。
  • ボーナス契機のメイン小役が「チャンスリプレイ」となり、液晶演出が多彩になった。
管理人の一言
  • スペックが高すぎた故にうまく扱えないホールが続出。低設定の機械割が低い為、即客飛びしてしまった(設定1:97.2%・設定2:99.9%)
  • 設定3からは一気に機械割が跳ね上がり、104.8%となっていた為、設定3でも良いので頻繁に中間設定を入れてほしい機種だった(当時はART機がメインだった為、本当に残念な機種のひとつ)
家スロするなら
 パチスロ 出番だ!葉月ちゃん

緑ドン VIVA!情熱南米編

画像
導入時期
2008年
機械割
設定1:97.5%~設定6:119.5%
仕様
  • 5号機 開発「エレコ」 販売「ユニバーサル」
  • ボーナス+ART
  • 5号機「緑ドン」の後継機 
  • 本機は新筐体で「ビリータッチランプ」が搭載。より迫力のある演出が追加された。
  • 作品設定は、前作は「中国」だったが、今作ではドンちゃん三兄弟の末弟・緑ドンが南米・ブラジルで行なわれる「リオのカーニバル」で花火を打ち上げる為に現地に向かい、ライバル花火師のファビオとの対決が展開されている
  • ART「アマゾンゲーム」は、1セット50G 純増1G約1.5枚 
  • ART中は、成立フラグに応じて「エクストリームラッシュ」の抽選を行っている。継続率は50%~最大95%となっており、毎ゲーム継続抽選が行われ(2G継続は保証)、転落抽選に漏れるまで毎ゲーム、あらかじめ選択されているゲーム数(5、10、20、30G)を上乗せしていく。(技の難易度によって、大きな上乗せゲーム数に期待出来たり、継続率示唆を行っている:「スーパーハイパードンビッグエアー」は継続率95%が確定)
  • 天井は1480G+αでART突入(恩恵:ARTモード4=エクストリームラッシュ80%以上+アマゾンゲーム3セット確定)
管理人の一言
  • アマゾンゲーム中のビリーキャッチの音は気持ちいい。
  • エクストリームラッシュの最高継続率を引いた時は終わらない。
  • 設定6はかなり安定して勝てた機種だった。
  • 低設定がほぼ勝てない仕様で天井が強力すぎて設定もほとんど入らない時代だった為、パチスロをやめようと思っていた時期だった。
家スロするなら
 パチスロ 緑ドン VIVA!情熱南米編

赤ドン~雅~

画像
導入時期
2011年
機械割
設定1:98.2%〜設定6:115.8%
仕様
  • 5号機 開発「エレコ」 販売「ユニバーサル」
  • ボーナス+ART(1BIGで416枚獲得)
  • 5号機「赤ドン」の後継機
  • ART「雅ラッシュ」は、1セット50G 1G純増1.8枚 セット数管理型
  • 天井はBB/ART間1400G+α 恩恵は雅ラッシュ3セット+50%で祇園モード突入
  • CZ「ドンめくりチャンス」はかるたを10枚集めればART確定 小役を引けばかるたを1枚GET CZ突入率に設定差があった(設定1:1/387~設定6:1/278)
  • ART上乗せ特化ゾーン「祇園モード」は、ドン揃いが約200倍揃いやすくなる(祇園中は約1/20でドン揃いする)
  • ART上乗せ特化ゾーン「秋月チャンス」はBIG終了の1部で突入する本機最大の上乗せ特化ゾーン リプレイでもストック上乗せ抽選が行われる 秋月チャンスは10G~最大50G継続する
管理人の一言
  • 高設定でも相当キツイ台の1つだった。低設定だとART当選しても75%でストック1個が選択され、設定5でも65%でストック1個の選択があった為、設定5以下はキツかった。
  • ただ、設定6はストック2個以上の振分けが50%もあった為、見極めやすいというメリットはあった。
  • 秋月チャンスは一度は引いてみたかった(リプレイでも33%でARTストック抽選・3尺玉だと50%でARTストック抽選が行われていた)
家スロするなら
パチスロ 赤ドン雅

ドンちゃん祭

画像
導入時期
2012年
機械割
設定1:97.8%〜設定6:116.4%
仕様
  • 5号機 開発「エレコ」 販売「ユニバーサル」
  • ボーナス+ART(1BIGで208枚獲得)
  • ART「お祭りゲーム」は、1セット30G 1G純増約1.5枚 ストック管理型 
  • 天井はボーナス間1280G消化後、「3兄弟モード」のARTに突入する。さらに以降は200G消化ごとに3兄弟モードをストックしていく。
  • ART中はストック上乗せ当選率が異なる内部モードが存在している。「青ドンモード:上乗せ期待度は低」・「2人ドンモード:上乗せ期待度は中 上乗せ時には2人ドンモード以上のストック確定、高確ならストック時に3兄弟モード確定」・「3兄弟モード:上乗せ期待度は高 レア役でストック確定 ベルで25%でストック」
  • お祭りBIGだとART上乗せの大チャンス:
  • 夜桜REGだとART上乗せの大チャンス:毎ゲーム50%で上乗せストック抽選
管理人の一言
  • 個人的には、青ドン~極み~から数年のドンシリーズの中でダントツで安定する仕様だった為、好きなスペックだった。
  • 超神輿蔵に移行した時の毎ゲームのレバーには力がこもった。(ボーナス成立でART確定 BIGならお祭りBIG REGなら夜桜REGが確定)
  • ART突入率に大きな設定差があった為、設定判別も比較的わかりやすかった。(設定1:1/484.9~設定6:1/249.9)
家スロするなら
パチスロ ドンちゃん祭

緑ドン~キラメキ!炎のオーロラ伝説~

画像
導入時期
2013年
機械割
設定1:97.6%~設定6:115.4%
仕様
  • 5号機 開発「エレコ」 販売「ユニバーサル」
  • ボーナス+ART(1BIGで208枚獲得)
  • ART「ドンART」と「ビリーART」の2種類を搭載 1セット30G 1G純増約1.5枚 ストック管理型
  • 天井はボーナス間1400G消化 恩恵はドンART+ビリーART+スーパー大航海が確定
  • ドンARTは、ループ率継続型ARTとなっており、33%・50%・66%・80%の継続率があり、消化中の成立役に応じてゲーム数上乗せ、合体抽選が行われている。
  • ビリーARTは、消化中の成立役に応じてゲーム数上乗せ、合体抽選が行われている。
  • 大航海モードは、成立役に応じてドンART・ビリーARTのストック抽選を行っている。滞在中はレア役なら最低50%、共通ベルでも約25%でストック上乗せ中を行っており、スーパー大航海モードであれば、リプレイでも約6%でストック抽選を行い、レア役なら最低98%でストックする
管理人の一言
  • 大航海モード・スーパー大航海モードの出玉力は強烈だった。
  • 天井性能が強力だった為、低設定は強烈にきつかった。(ART突入率:設定1は1/549~設定6:1/341)
  • ドン祭りの後の機種だった為、解析が出そろうまではマイルド仕様だと考えていたが、解析がでて全くの逆で超荒波仕様の機種だとわかった時にはがっかりした。
家スロするなら
パチスロ 緑ドン~キラメキ!炎のオーロラ伝説~

緑ドンVIVA2

画像
導入時期
2014年
機械割
設定1:97.4%~設定6:119.3%
仕様
  • 5号機 開発「エレコ」 販売「ユニバーサル」
  • ボーナス+ART(1BIGは150枚獲得 REGは約50枚獲得)
  • 「緑ドン」の後継機
  • ART「アマゾンゲーム」は、初当たりジにエクストリームラッシュに必ず突入する 消化中はカットインの種類などで上乗せ期待度を示唆。トリックの連続成功が5・7・10と節目の回数だとCOMBO(追加上乗せ)が発生する
  • 天井はボーナス間900、ボーナス間1280G消化 恩恵はXBB当選
  • 本機から搭載された「ビリゲゾーン」は自力2択ゾーン 完全ガチ抽選
  • X-BBは、本機最強上乗せ特化ゾーン 赤7もしくはドン図柄が揃うたびにX-RUSHをストックする 最低2個ストックが確定しており、その後は最大80で継続抽選に漏れるまで継続する
管理人の一言
  • VIVAシリーズの翠ドンは安定しやすいスペックの為、個人的には好んで高設定狙いをしていた。
  • ゲーム性は全作のVIVAに似ていた為、抵抗なく打つことができた。
  • 相変わらず、エクストリームラッシュの高継続率(最大95%)は強力。終わらない上乗せは一度体験したら忘れられない。
  • ビリゲゾーンが完全自力の2択チャレンジの為、アツくなれるポイントがわかりやすいのが良かった。
家スロするなら
パチスロ 緑ドンVIVA2

ハナビ

画像
導入時期
2015年
機械割
設定1:98.0%~設定6:108.5%
仕様
  • 5号機 開発「アクロス」
  • ノーマルAタイプ
  • 4号機「ハナビ」の後継機
  • 設定は1・2・5・6の4段階
  • BIG中のはずれで高設定示唆となる
  • BIG終了後は、RT「ハナビチャレンジ」に突入 最大20G継続 この間にJACリプレイを入賞させると、20ゲーム固定のRT「ハナビゲーム」に移行する。JACリプレイは逆押しの左リール枠上もしくは上段に暖簾図柄を目押しすることで外すことが可能
管理人の一言
  • 5号機のノーマル機の中ではダントツでオモシロい部類に入る1機種である。
  • 通常時はどのシチュエーションでもボーナスに期待できる点がハナビで最もオモシロい部分だと感じている。
  • 設定判別要素も多く、狙い台確保に失敗した際には第二候補として打つことも多い。
  • 欲を言えば、RTを無くしてボーナス確率を軽くしてほしかった。
家スロするなら
パチスロ ハナビ(5号機)

ハナビ通

画像
導入時期
2019年
機械割
設定1:97.8%~設定H:110.9%
仕様
  • 5号機 開発「アクロス」
  • ノーマルAタイプ
  • 設定は1・2・5・6・Hの5段階
  • 基本的には5号機のハナビと一緒だが違う点が3点ある
  • 違う点1 設定Hが追加された。 設定Hはボーナス確率がダントツに重い(設定1~設定5:1/172~1/144 設定H:1/630)かわりに50枚あたりの平均消化G数が桁違いになっている(設定1~設定5:約34G~35.7G 設定H:7728G)=風鈴確率が設定1~5で1/14.5~15.8に対して、設定Hは1/4.8となっている。
  • 違う点2 REGに技術介入要素が追加され、最大獲得枚数が116枚に増えた。
  • 違う点3 花火チャレンジ中の移行リプレイの演出が削除され、逆押しで判別する必要がある。
管理人の一言
  • ゲーム性については、基本はハナビと大きく変わらない為、抵抗なく遊ぶことができる機種=管理人的には好きな部類
  • 設定Hは1度で良いからホールで打ってみたい。
家スロするなら
パチスロ ハナビ通

ドンちゃん2

画像
導入時期
2019年
機械割
設定1:97.8%~設定6:108.1%
仕様
  • 5号機 開発「アクロス」
  • ノーマルAタイプ(BIG最大222枚 REGで最大104枚獲得)
  • BIG後にはRT22G固定で搭載(1G純増約0.3枚)
  • 設定は1・2・5・6の4段階
  • 設定5の機械割が意外に優秀(設定5:105%)
  • BIG中にビリーがでれば設定2・5・6のどれかが確定する(₌設定1否定)
  • BIG中にHANABIロゴ出現で設定5・6濃厚
管理人の一言
  • 演出のバリエーションが多い為、毎ゲーム、毎ボタンのどこからでもボーナスに期待できる点が個人的にはオモシロいと感じている。
  • 設定6の機械割が低いことからライバルも少なく、朝からの狙い台が失敗した後でも高設定狙いで打つことができる点で優秀機種だと感じている。
家スロするなら
パチスロ ドンちゃん2

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【パチスロ】ドンちゃん・ハナビシリーズ 歴代機械割ランキング!世界一のハナビ職人は!?」をご紹介させて頂きました。

あなたは何機種知ってましたか?

個人的に機種情報を振り返ってみて、懐かしい機種や、もっと打ち込みたかった機種がでてきたりと意外と楽しかったです。

今後も最新機種が更新されましたら記事も更新していきます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました