【パチスロ】巨人の星シリーズ 歴代機械割ランキング!

管理人のbanです。

今回は、「【パチスロ】巨人の星シリーズ 歴代機械割ランキング!」をご紹介させて頂きます。

巨人の星シリーズもスピンオフも含めるとシリーズ累計8作品が登場してます。

あなたは機械割NO1はどの機種か知ってますか?

ちなみに管理人は間違えてました。

【パチスロ】6号機は厳しいからこそチャンスが多い!?2つの理由を紹介!

それではどうぞ

にほんブログ村 

スポンサーリンク

巨人の星シリーズ(4・5号機) 機械割ランキング

巨人の星の全シリーズの機械割ランキングを4号機・5号機を含めてまとめてみました。

巨人の星シリーズもスピンオフも含めるとシリーズ累計8作品が登場してます。

あなたは機械割NO1はどの機種か知ってますか?(公表値)

それでは機械割ランキングいってみましょう。

巨人の星シリーズランキングTOP8

TOP
画像
機種名
発売台数
1位
頑固一徹(5号機)設定1:96.8%~設定6:119.9%
2位
巨人の星Ⅱ(4号機)設定1:95.5%~設定6:119.0%
3位
巨人の星(4号機)設定1:95.2%~設定6:115.6%
4位
巨人の星Ⅴ 汗と涙と根性編(5号機)設定1:96.4%~設定6:114.8%
5位
巨人の星Ⅲ(4号機)設定1:95.5%~設定6:114.4%
6位
猛虎花形(5号機)設定1:97.4%~設定6:110.8%
7位
巨人の星Ⅳ(5号機)設定1:97.4%~設定6:110.1%
8位
巨人の星~情熱編~(5号機)設定1:97.59%~設定6:105.02%

巨人の星シリーズ:歴代機種の仕様と管理人一言

ランキングについて、TOP1は、まさかの5号機「頑固一徹」でした。

機械割は119.9%と驚異的な数字ですね。(フル攻略の機械割)

そして、TOP2は4号機「巨人の星Ⅱ」で設定6の機械割は119.0%(公表値)、TOP3は4号機「巨人の星」で設定6の機械割は115.6%(公表値)となりました。

WORST1位は4号機「巨人の星~情熱編~」で設定6の機械割は105.2%(公表値)となっております。

実際には機械割の算出方法が4号機と5号機では異なる為、実践値では4号機の方が機械割が高いと思いますが、今回は公表値での比較の為、このような結果になりました。

そんな色々な歴史をもっている巨人の星シリーズの歴代の機種の仕様を発売時期に沿ってご紹介させて頂きます。

巨人の星

画像
導入時期
2002年
機械割
設定1:95.2%~設定6:115.6%
仕様
  • 【機種/メーカー】:4号機 / アリストクラート
  • 【ゲーム仕様】:ST機 / 巨人の星第1弾
  • 【ボーナス】:BIGとREG
  • 【ボーナス放出契機】:ゲーム数消化とリプレイの連続によりストック放出を行っている。リプレイ4連でボーナス放出確定。リプレイ3連ならリプレイ押し順ナビが発生する特訓モードに突入する抽選を行う。
  • 【特訓モード】:ボーナス放出までリプレイ押し順ナビを行ってくれる
管理人の一言
  • パチアリストクラートの巨人の星第1弾として登場した本機だが、当時はAT機もまだ残っていた為、機械割は高いものの爆発力が低かったことから、あまり人気が無かった
  • お店のイベントで1/2で56の告知をしても空いていた。今ではあり得ない光景ですね
  • リプレイ2連・3連時のドキドキ感が堪らなく楽しかったのを覚えている
家スロするなら

巨人の星Ⅱ

画像
導入時期
2004年
機械割
設定1:95.5%~設定6:119.0%
仕様
  • 【機種/メーカー】:4号機 / アリストクラート
  • 【ゲーム仕様】:ST機 / 巨人の星第2弾
  • 【ボーナス】:BIGとREG / BIGの獲得枚数が511枚に増えた
  • 【ボーナス放出契機】:ゲーム数消化とリプレイの連続によりストック放出を行っている。リプレイ4連でボーナス放出確定・リプレイ3連ならリプレイ押し順ナビが発生する特訓モードに突入する抽選を行う。
  • 【特訓モード】:ボーナス放出までリプレイ押し順ナビを行ってくれる
  • 【BIG中】:特訓モード移行抽選をするようになった(JACハズレ・最終Gでスイカ・チェリー・ハズレが成立してのパンク)
  • 【演出】:対決相手にオズマが加わった
管理人の一言
  • BIGの獲得枚数が大量獲得機に代わり、機械割も前作からパワーアップした為、魅力的な機種だった
  • ゾーン狙い・天井狙いもしやすかった機種だったことから当時は頻繁に打っていた
  • リプレイ2連・3連時のドキドキ感が堪らなく楽しかったのを覚えている。さらにBIGの枚数が511枚と増えたことから実際の出玉感もあった為、初代よりもドキドキ感は強くなった
  • ナイターモードで捨てたあった台を打ったら特訓モードに入っていたというおいしい思いもしたことがあった
家スロするなら
巨人の星Ⅱ

巨人の星Ⅲ

画像
導入時期
2005年
機械割
設定1:95.5%~設定6:114.4%
仕様
  • 【機種/メーカー】:4号機 / アリストクラート
  • 【ゲーム仕様】:ST機 / 巨人の星第3弾
  • 【ボーナス】:BIGとREG / BIGの獲得枚数が平均500枚
  • 【ボーナス放出契機】:ゲーム数消化とリプレイの連続によりストック放出を行っている。リプレイ4連でボーナス放出確定・リプレイ3連なら真・特訓モードに突入する抽選を行う。
  • 【特訓】:今作ではボーナス確定ではなく、リプレイ確率が上がり、10Gor20Gでリプレイ4連させることができればボーナス確定となった。
  • 【液晶搭載】:本機から液晶が搭載された(4thリール・5thリールを無くなった)
  • 【演出】:液晶を搭載した為、演出が前作よりも豊富になった(ゴーゴーダンスの演出は笑えた)
管理人の一言
  • 巨人の星シリーズ=リール演出という概念が吹き飛ばし、液晶を搭載した今作であり、導入当初は賛否両論あったものの、一時期はホールの主力機種になったほど稼働率は高かった(管理人の地域では)
  • ホールさんも力を入れていた為、高設定狙いを頻繁にしていた
  • リプレイ4連時にでてくる一徹の演出とやりおったというセリフは衝撃的だった
  • 真・特訓モードがボーナス確定でなくなった為、前作を良く知っていると特訓モードに入ってはずれると当時は切なくなった(そのかわり特訓モードには全作よりも入りやすくなっている)
家スロするなら
巨人の星Ⅲ

巨人の星Ⅳ

画像
導入時期
2008年
機械割
設定1:97.4%~設定6:110.1%
仕様
  • 【機種/メーカー】:5号機 / アリストクラート
  • 【ゲーム仕様】:ART機 / 巨人の星第4弾
  • 【ボーナス】:BIG(約220枚)とREG(約100枚) 
  • 【ボーナス放出契機】:レア役
  • 【ART「特訓モード」】:1セット50G完走型で1Gあたり純増約1.0枚。本機ではARTを搭載、ボーナス終了後のCZ中に「リプ・チェリー・リプ」を入賞させることでART突入となる。ART突入時にARTストックがあれば、「リプ・チェリー・リプ」を揃えるナビが発生する。ナビストックは、ボーナス成立時、BIG中のボーナス揃いでストックする
  • 【天井】:通常状態で998G消化すると、超開眼チャンスと呼ばれる天井RTが発動。天井からのRTは必ずARTへ突入させるためのナビが発生する。以後、RT⇒ARTのループが次回ボーナス成立まで繰り返される。
管理人の一言
  • 5号機での巨人の星シリーズ第1弾とあって、楽しみな機種だったが、結果は激辛機種に変貌していた為、ショックが大きかった
  • ARTナビストックが大量にあるとわかってるときは楽しいが、ストックできていないとわかっている時はあっさり終了することがほとんどだった為、勝てるビジョンが全く湧かなかった(打ち込みが足りないかもしれませんがね)
家スロするなら
巨人の星Ⅳ

巨人の星Ⅴ 汗と涙と根性編

画像
導入時期
2011年
機械割
設定1:96.4%~設定6:114.8%
仕様
  • 【機種/メーカー】:5号機 / アリストクラート
  • 【ゲーム仕様】:ART機 / 巨人の星第5弾
  • 【ボーナス】:BIG(約220枚)とREG(約100枚) 
  • 【ボーナス放出契機】:レア役
  • 【ART「激闘タイム」】:純増約1.5枚。ART当選時には特訓モードに移行し、リプレイ成立でARTゲーム数を上乗せ。ART中に大リーグボール特訓に成功することでゲーム数を上乗せ(最大300G)。ARTでは、ストックだけでなく、ゲーム数上乗せもプラスされた。
  • 【天井】:ボーナス間800or1000or1200or1400G(+前兆)消化で複数の特訓をストック
管理人の一言
  • ART当選率が前作よりも当選しやすくなり、ゲーム数上乗せもプラスされた為、低設定でも一撃出せるビジョンが描けるようになった
  • いかんせん時期が悪く、ART全盛期で一撃性能が求められる時代+設定が全くはいらない不遇の時期に導入された為、全く注目されずに消えてしまった台だった
  • 比較的設定に素直にでやすい機種だと思う為、腰を据えて打ってみたかった機種だった
家スロするなら

頑固一徹

画像
導入時期
2011年
機械割
設定1:96.8%~設定6:119.9%
仕様
  • 【機種/メーカー】:5号機 / アリストクラート
  • 【ゲーム仕様】:ノーマル機 / 巨人の星第6弾
  • 【ボーナス】:BIG(約220枚)とREG(約100枚) 
  • 【ボーナス放出契機】:レア役
  • 【特徴】:設定6の機械割が119%。巨人の星シリーズで初となるAタイプ。巨人の星スピンオフ作品
管理人の一言
  • 設定6の機械割が119%と超絶魅力的な機種だったが、ART全盛期時代に登場した為、設定を入れてくれるお店はほとんどなく、前作同様、注目される前に撤去されてしまった
  • 本機もとても魅力的な機械割だった為、腰を据えて打ってみたい機種のひとつだった
家スロするなら
パチスロ 頑固一徹

猛虎花形

画像
導入時期
2013年
機械割
設定1:97.4%~設定6:110.8%
仕様
  • 【機種/メーカー】:5号機 / スパイキー
  • 【ゲーム仕様】:AT機 / 巨人の星第7弾 / 巨人の星スピンオフ作品で「花形」が主人公
  • 【ボーナス】:BIG(約220枚)とREG(約100枚) 
  • 【ボーナス放出契機】:レア役
  • 【CZ「開眼CHANCE」】:リプレイ確率が1/2.5に上がる。リプレイ4連でAT当選となる
  • 【AT「対決RUSH」】1セット20G 1G純増2.8枚 継続率50%~88%を5回継続されれば本機のメインAT「猛虎RUSH」に突入する
  • 【AT「猛虎RUSH」】:搭載 1セット50G以上 1G純増2.8枚。ATの猛虎揃いで上乗せ特化ゾーン「TIGER CRASH」に突入する 毎ゲーム上乗せ抽選で最大継続率は80%。ATのレア役の一部で上乗せ特化ゾーン「鬼MODE」に突入する5G+α継続 リプレイで終了
管理人の一言
  • 設定6の機械割が110.8%と絡めの仕様だったのと、AT全盛期時代では目立った機種ではなかった為、設定を入れてくれるお店はほとんどなく、注目される前に撤去されてしまった
  • メインAT「猛虎RUSH」にいくまでの道のりが険しいが、突入して一度ゲーム数を上乗せしてしまえば、安定した枚数が稼げるので意外と好きだった
  • 上乗せ特化ゾーン「TIGER CRASH」の80%ループで上乗せし続けている時が楽しい
家スロするなら
パチスロ 猛虎花形

巨人の星~情熱編~

画像
導入時期
2018年
機械割
設定1:97.59%~設定6:105.02%
仕様
  • 【機種/メーカー】:5号機 / サンセイR&D
  • 【ゲーム仕様】:ART機 / 巨人の星第8弾 / 過去の巨人シリーズとは全く異なるテイストで製作されている
  • 【ボーナス】:BIG(約220枚)とREG(約100枚) 
  • 【ボーナス放出契機】:レア役
  • ART「コンダラッシュ」】:1セット30G(初回のみ60G)純増約2.0枚 セット数+継続率管理型。ARTは3連するたびに次回は継続確定のバカンスモードに移行する。
管理人の一言
  • アリストクラートではなく、サンセイR&Dから登場した本作、巨人の星=アリストクラートと覚えている方には衝撃だったと思う
  • 設定6の機械割が105%と物足りないスペックの為、人気がでていないがスペックを見る限り、設定6なら判別要素も多く、判別しやすく(例:めちゃバレボーナスの確率が設定1(1/5461)と6(1/978)で5倍の差がある)、比較的安定して勝てる仕様に見える(導入数が少なく、積極的に設定を狙う機種ではない為、まだ打ったことがありません)
家スロするなら
巨人の星~情熱編~

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【パチスロ】巨人の星シリーズ 歴代機械割ランキング!」をご紹介させて頂きました。

あなたは何機種知ってましたか?

個人的に機種情報を振り返ってみて、懐かしい機種や、もっと打ち込みたかった機種がでてきたりと意外と楽しかったです。

今後も最新機種が更新されましたら記事も更新していきます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました