【パチスロ】モンキーターンシリーズ!歴代機械割ランキング!

管理人のbanです。

今回は、「【パチスロ】モンキーターンシリーズ!歴代機械割ランキング!」をご紹介させて頂きます。

最強のVモンキーは〇〇だ!

【パチスロ】餓狼伝説シリーズ!歴代機械割ランキング!

それではどうぞ

にほんブログ村 

スポンサーリンク

モンキーターンシリーズ 機械割ランキング 

モンキーターンの全シリーズの機械割ランキングを5号機・6号機を含めてまとめてみました。

モンキーターンは「山佐」から登場した機種です。

2011年から登場し、現在までで合計4種類登場しています。

それでは機械割ランキングいってみましょう。    

モンキーターンシリーズランキングTOP6

TOP
画像
機種名
機械割
1位
モンキーターンⅡ設定1:97.3%~設定6:112.5%
2位
モンキーターンⅢ設定1:97.5%~設定6:112.4%
3位
モンキーターン設定1:97.8%~設定6:112.0%
4位
モンキーターンⅣ設定1:98.4%~設定6:110.3%

モンキーターンシリーズ:歴代機種の仕様と管理人一言

ランキングについて、TOP1は、5号機「モンキーターンⅡ」でした。

機械割は設定6で112.5%(公表値)となっています。

TOP2は「モンキーターンⅢ」で設定6で112.4%(公表値)、TOP3は「モンキーターン」で設定6で112.0%(公表値)となりました。

そして、WORSTは、6号機「モンキーターンⅣ」で設定6で110.3%でした。

5号機ART全盛期時代に登場したモンキーターンは、当時主流だったレア役からのボーナス・ART当選からゲーム数管理での当選をメインにした機種で注目されました。

ゲーム数管理は、過去には【天外魔境】で取り入れられていましたが、設定6以外は10%~16%(設定1で10%~設定5で16%)でしか天国モードに移行しない中、モンキーターンは天国移行率が一番低い設定2でも40%の確率で天国モードに移行した為、初当たりを多く引けるという点で一躍人気機種の仲間入りを果たしました。

そんな色々な歴史がある機種たちの情報を歴史順に紹介させて頂きます。

モンキーターン(5号機)

画像
導入時期
2011年
機械割
設定1:97.8%~設定6:112.0%
仕様
  • 【機種/メーカー】5号機 初登場 山佐から発売 
  • 【ゲーム仕様】:ART機
  • 【ボーナス】:ー
  • 【ボーナス放出契機】:ー
  • 【AT当選契機】規定ゲーム数・CZ成功時・フリーズ
  • 【AT「SGRUSH」】:1セット50G+α 1G純増2.0枚 シナリオ管理型で最大8セット継続(8セット継続後はAT強制終了し、次回128G以内の当たりが確定) +ゲーム数上乗せ+ストック上乗せ有り。
  • 【鉄拳チャンス】:チャンス目によって突入抽選が行われている。(低確時は設定1:1/32~設定6:1/15.1で突入。高確時は、設定1:1/4.0~設定6:1/3.1で突入)
  • 【全速モード】:10Gまたは20G継続。ペラ成立でARTゲーム数上乗せ確定。レア役は大量上乗せのチャンス。
  • 【グランドスラム】:AT8セット継続確定。
  • 【CZ「超抜チャレンジ」】:10Gまたは20Gまたは無限。ペラ成立で約10%でART当選の抽選が行われる。
  • 【天井】:1280G消化後、AT当選
管理人の一言
  • 天外魔境以来のゲーム数当選の機種が登場した為、当時は4号機のST機を思い出させる機種だった。
  • 天国移行率が40%でさらにデモ画面のヘルメットのロゴ有無の示唆でさらに天国移行率の精度を高めることができた為、天国モード狙いをよくやっていた。
  • グランドスラムが確定は嬉しい。グランドスラム確定している中、ゲーム数上乗せを全くせずに淡々と消化している最中は内心焦る。(ほぼ駆け抜けで1000枚届かずに終わることもしばしばあった)
家スロするなら
パチスロ モンキーターン

モンキーターンⅡ(5号機)

画像
導入時期
2014年
機械割
設定1:97.3%~設定6:112.5%
仕様
  • 【機種/メーカー】5号機 / 山佐 
  • 【ゲーム仕様】:ー
  • 【ボーナス】:ー
  • 【ボーナス当選契機】:ー
  • 【ART当選契機】:規定ゲーム数・レア役・CZ成功時・フリーズ
  • 【ART「SGRUSH」】:1セット50G+α 1G純増2.0枚 シナリオ管理型で最大8セット継続(8セット継続後はAT強制終了し、次回128G以内の当たりが確定) +ゲーム数上乗せ+ストック上乗せ有り。
  • 【ART上乗せ特化ゾーン「全速モード」】:ゲーム数の上乗せパターンは3種類搭載。波多野:継続ゲーム数は変化する。チャンス役で100%上乗せ・青島:10G継続でリプレイまたはレア役で100%上乗せ・ありさ:1G完結。10Gまたは100G以上となる。約40%で100G以上の上乗せとなる。
  • 【艇王ロード】:8セット目までのAT継続率が全て100%のテーブルのことであり、選択時はグランドスラムが確定する。
  • 【バカンスモード】:次セット継続確定。
  • 【鬼足モード】:全速モード3種類当選が確定(ありさ→青島→波多野の順)
  • 【天井】:最大1024G消化でART当選確定
管理人の一言
  • 今作からART中の全速モードが3種類の演出から選べるようになり、ART中の演出の幅が広がった為、前作よりもART中がおもしろくなった。
  • ART中のありさしばりは痺れる。連続でありさ成功時はほんとにしびれる。鬼足モードよりも個人的にはありさ連続正解の方がテンションは上がる。
家スロするなら
パチスロ モンキーターンⅡ

モンキーターンⅢ

画像
導入時期
2017年
機械割
設定1:97.5%~設定6:112.4%
仕様
  • 【機種/メーカー】5号機 / 山佐 
  • 【ゲーム仕様】:ー
  • 【ボーナス】:ー
  • 【ボーナス当選契機】:ー
  • 【ART当選契機】:毎ゲーム日付マスと成立役でチャンスゾーンの抽選を行う「艇刻システム」を搭載。上位マスでレア役を引くとチャンスゾーン当選に期待大。
  • 【ART「SGRUSH」】:ST式ART・1G純増2.0枚。STループ率は約65%~約95%。
  • ➀フライングST:ART初当たり時にゲーム数を決定。Vが揃えばバトルトライアルへ突入し、終了後は再度フライングSTからスタート。
  • ➁ST:フライングST終了後に移行する。1セット30G。Vが揃えばバトルトライアルへ移行し終了後は再度30Gに再セットされる。レース勝利でフライングST上乗せ。8戦のSGレース制覇で「究極Vモンキーラッシュ」突入する。
  • 【青島全速モード】:継続:30G。V揃いでバトルトライアルの勝利ストック。
  • 【強艇王ザチャレンジ】:毎ゲームGPX獲得抽選。バトルの相手を倒せばGPX獲得。
  • 【船券乱舞】:V揃いの高確率ゾーン。V揃いでフライングSTのゲーム数を上乗せ。ペラの一部で終了。平均上乗せ:約55G。
  • 【究極Vモンキーラッシュ】:グランドスラム達成時。通常時のフリーズ発生時。V揃いの高確率ゾーン。V揃いでフライングSTのゲーム数を上乗せ。平均上乗せ:100G以上。
  • 【CZ「超抜チャレンジ」】:10G or 20G or ART当選まで継続し、期待度約60%を誇るART自力チャンスゾーン。
  • 【CZ「バトルオブスプラッシュ」】:継続8G+α間に規定ターン回数を決めればART突入となる自力チャンスゾーン。規定ターン数は対戦相手によって変わり、最大6回クリアでチャンスゾーン成功となる。
  • 【天井】:液晶カレンダーで最大6期6ヶ月(通常G数で1050G+α)消化で、ARTに当選。ただし、CZ中の消化G数はカウントされない。
管理人の一言
  • 今作では前作よりもさらにART中の演出が増えたことでART中は期待感を常にもちながら打つことができるようになった為、個人的には今作のARTは好き。(勝てるかどうかは別)
  • ARTの直撃抽選に大きな設定差があった為、設定12と56の判別は比較的しやすい機種だった。
家スロするなら
パチスロ モンキーターンⅢ

モンキーターンⅣ(6号機)

画像
導入時期
2020年
機械割
設定1:98.4%~設定6:110.3%
仕様
  • 【機種/メーカー】5号機 / 山佐 
  • 【ゲーム仕様】:ー
  • 【ボーナス】:ー
  • 【ボーナス当選契機】:ー
  • 【ART当選契機】:規定ゲーム数・レア役・CZ成功時・フリーズ
  • 【ART「SGRUSH」】:1セット④0G+α 1G純増2.7枚 シナリオ管理型で最大8セット継続(8セット継続後はAT強制終了し、次回128G以内の当たりが確定) +ゲーム数上乗せ+ストック上乗せ有り。
  • 今作より「波多野周回モード」と「青島告知モード」の2種類から選択可能。
  • 【上乗せ特化ゾーン「全速モード」】:10G or 20G継続。ペラ/レア役でゲーム数上乗せ抽選
  • 【神速モード】:V揃い失敗時の一部で突入。1セット:10G。ゲーム数上乗せとストックのW抽選。期待値は約1950枚とほぼ完走が濃厚となる。
  • 【CZ「逆襲の艇王」】:SG RUSH継続時の一部で突入。継続:10G。榎木が開眼すれば「艇王RUSH」突入。
  • 【艇王RUSH】:AT「SG RUSH」の性能大幅UP。期待値は約1500枚。【バカンスモード】:継続:20G。G数後乗せ特化ゾーン。最終ゲームに獲得したペンギンの数に応じてG数上乗せ。
  • 【CZ「勝負駆けチャレンジ」】:勝負駆けポイント15pt以上保有時のレア役成立時の抽選。毎ゲーム通常G数の加算抽選。
  • 【CZ「超抜チャレンジ」】:勝負駆けポイント15pt以上保有時のレア役成立時の抽選。継続:10G or 20G or 無限。ペラ/レア役でAT直撃抽選。CZ成功期待度は約50%。
  • 【天井】:最大1000G消化でAT確定
管理人の一言
  • 高設定の設定判別がしやすいことから管理人注目の機種のひとつ。
  • 設定6は300G前半で当たることは頻発し、1000G天井にいくことはほぼ無い為、早いゲーム数で設定6を見極めることができるのが魅力。
  • 出玉性能は。。。置いておきましょう。
家スロするなら
パチスロ モンキーターンⅣ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【パチスロ】モンキーターンシリーズ!歴代機械割ランキング!」をご紹介させて頂きました。

個人的に機種情報を振り返ってみて、懐かしい機種や、もっと打ち込みたかった機種がでてきたりと意外と楽しかったです。

今後も最新機種が更新されましたら記事も更新していきます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました