【パチスロ・新機種】バイオハザード7 差枚数管理型ATか!?カプコン×ユニバで登場!

管理人のbanです。

今回は、「【パチスロ・新機種】バイオハザード7 差枚数管理型ATか!?カプコン×ユニバで登場!」をご紹介させて頂きます。

エンターライズから、ユニバーサルとコラボしてバイオハザード7が登場します。

すべては“本物の驚喜のために”。

 

今作ははたして、どんなバイオハザードになってるでしょうか!

判明している情報とYouTube動画をご紹介致します。

それではどうぞ

にほんブログ村 

[ad]

バイオハザード7は「差枚数管理型AT機!?」

アでリオン(エンターライズとユニバーサルの共同会社)は、パチスロ新台「バイオハザード7」の特設サイトおよびティザーPVを公開しました。

本機は、カプコングループ×ユニバーサルエンターテインメントの第1弾機種となっています。

 

ティザーPVを見た限り、予想できる内容は

  • 筐体は「ウィザード筐体」を使用
  • AT?は、差枚数管理型の可能性が高いゲーム数管理型が判明しました。(2021年1月24日訂正)

くらいですね。

筐体とボタンウィザード筐体のそっくり。

 

+30×27分裂=810(バイオ)

 

事前情報ではATの1G純増5枚という情報がありますので、G数の場合810G乗ると、4000枚でてしまう為、ほぼ差枚数管理型が濃厚でしょう。

まさかのゲーム数管理型でした。(2021年1月24日訂正)

 

まだまだ謎に包まれていますので、続報が確認でき次第、更新させて頂きます。

判明した情報を更新しました。

 

それにしても、ユニバーサルのウィザード筐体を使ってくるとは予想してませんでしたね。

ウィザード筐体の初代は、2016年に登場した「アステカ -太陽の紋章-」ですね。

  

当時プロジェクションマッピングを搭載した初機種として注目を浴びましたが、おおコケしてしまいましたね。

 

その後、ウィザード筐体はプロジェクションマッピングを搭載せずに、ユニバーサルグループでは「アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-」、「ラグナロクサーガ」、「アナザーゴッドハーデス-冥王召喚-」、「SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」、「バジリスク 甲賀忍法帖 絆2」、「サンダーVライトニング」に使用。

 

Sammyグループでは、「蒼天の拳 朋友」、「北斗の拳 天昇」に使用されました。

 

まさか、ここでプロジェクションマッピングは使うのかな!?

 

ちなみにウィザード筐体は、ユニバーサルとSammyの合弁会社である「ZEEG(ジーグ)」が開発しています。

ZEEGとは、

サミーとユニバーサルエンターテインメントの両社のノウハウを活用し、パチスロ・パチンコの各部品のプラットフォーム化を視野に入れる事を目的として設立された。

両社における部品の共通化を図り、設計などを統一したパチンコ・パチスロ機の生産を行う他、サミーとユニバーサルエンターテインメント以外の他社にも部品を供給している。

 

機種概要

機種概要を以下にまとめてみました。

画像
機種名
バイオハザード7
メーカー
アデリオン
導入時期
約10,000台
導入数
2021年2月8日
ボーナス仕様
ゲーム数上乗せ型AT(純増1G5枚)
天井
通常753G消化でクライマックスバトル当選
CZ(クライマックスバトル)
  • 設定1:1/408.6
  • 設定2:1/393.8
  • 設定3:1/385.7
  • 設定4:1/379.8
  • 設定5:1/373.6
  • 設定6:1/375.5
AT(ハザードラッシュ)
  • 設定1:1/927
  • 設定2:ー
  • 設定3:ー
  • 設定4:ー
  • 設定5:ー
  • 設定6:1/473
機械割
  • 設定1:97.9%
  • 設定2:99.9%
  • 設定3:100.8%
  • 設定4:105.5%
  • 設定5:108.7%
  • 設定6:111.0%
通常時の特徴
  • 通常時は、バイオポイントを貯めてアイテムを獲得
  • アイテム獲得でCZを有利に進めることができる(Reゼロです)
  • レア役成立時はモールデッドアタック突入(バイオポイント獲得特化ゾーン)の抽選が行われる
  • 規定ゲーム数消化で前兆ステージ移行
  • CZクライマックスバトル経由(2戦突破型)パニックバトル→クライマックスセブン
CZの特徴
  • 1戦目:パニックバトル 突破率50%以上(継続15G)→バレットアイコンを使用してステージレベルのアップ抽選を行い、レベル10に到達すればATが確定する。
  • 2戦目:クライマックスセブン 突破率55%以上(継続7G)
AT時の特徴
  • AT(ハザードラッシュ)中の1G純増5・0枚
  • ゲーム数管理型
  • AT突入時は、シューティングアタックにてAT初期ゲーム数を決定(継続8G)
  • AT中は、レア役・ハズレでゲーム数上乗せ、上乗せ特化ゾーン(マシンガンチャンス、バイオゾーン、ワイルドファイア)の抽選が行われている。
  • AT中は、増殖(上乗せゲーム数が倍々式に上乗せされる)が重要。最大27分裂する
バイオゾーン
  • 自力増殖CZ(継続3G) 成功期待度約55% 滞在中は全役で増殖を抽選しており、レア役が成立すれば増殖確定となる。カビが画面を覆えば増殖確定!
ワイルドファイア
  • ゲーム数上乗せ特化ゾーン(継続7G)
  • 上乗せ平均36.6G
  • AT中のハズレ時に突入抽選を行う。ハザードラッシュ中の上位ステージほど突入のチャンスとなる。滞在中はベルが成立すれば必ずゲーム数を上乗せし、レア役が成立すれば増殖のチャンス!
マシンガンチャンス
  • 1G完結
  • 上乗せ平均20G
  • スイカ成立時の次ゲームで発生する可能性がある上乗せゾーン(1G完結)で、連打でゲーム数を上乗せしていく。
エヴリンインパクト
  • 本機最強上乗せ特化ゾーン(継続8G)
  • AT突入時またはAT終了時に抽選される
  • 連打上乗せや7揃いからの増殖上乗せがある他、背景が赤くなれば大チャンスとなる。

 

管理人の見解

現在判明している情報の中で管理人の独断と偏見の見解は、

良さそうな点は、

  1. AT初当たりが設定1と6で倍以上の差がある為、直撃ATが多い可能性がある=高設定の可能性大
  2. 設定3と4で機械割に5%も設定差が設けられている為、設定4でも戦える
  3. 演出のクオリティーが高い、そして怖い(さすがカプコン)

 

不安な点は、

  1. ゲーム数解除がメインな為、すぐにあきそう=(ほぼReゼロ)
  2. CZの2戦目が毎ゲームショートフリーズするので連続で外してるとストレス溜まりそう
  3. AT中の演出と上乗せバランスが悪い(ど派手演出→10G 上乗せはやめてほしい)

ですね。

 

正直なところ、Reゼロが登場した時ぐらいの時期にでていれば面白い機種だったと思いますが、現時点ではゲーム性が古い感じなので、ホールさんがメイン機種で扱う可能性は低そうです。

なので、強イベント時に狙いにいけるくらいでしょうか。

 

通常時の解析がまだまだ出そろっていない為、、正しい判断をするためにももう少し情報が欲しいところですね。

 

導入開始は2021年2月8日を予定です。

エンターライズ 公式Twitterの内容

アデリオン 新機種「バイオハザード7」 YouTube

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【パチスロ・新機種】バイオハザード7 差枚数管理型ATか!?カプコン×ユニバで登場!」をご紹介させて頂きました。

 

まだまだ情報は少ないですが、ATで純増が5.0枚という情報が本当であれば、差枚数管理型はほぼ確実でしょう。

 

アデリオンという会社がカプコンGの為、過去のモンハンシリーズのゲーム性を考えると面白いでしょう。

また、新しい情報が公開されたら更新していきます。

次回の新情報にこうご期待!

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 

[ad]

コメント

タイトルとURLをコピーしました