【パチスロ・新機種】バイオハザード7 差枚数管理型ATか!?カプコン×ユニバで登場!

管理人のbanです。

今回は、「【パチスロ・新機種】バイオハザード7 差枚数管理型ATか!?カプコン×ユニバで登場!」をご紹介させて頂きます。

エンターライズから、ユニバーサルとコラボしてバイオハザード7が登場します。

すべては“本物の驚喜のために”。

 

今作ははたして、どんなバイオハザードになってるでしょうか!

判明している情報とYouTube動画をご紹介致します。

それではどうぞ

にほんブログ村 

[ad]

バイオハザード7は「差枚数管理型AT機!?」

アでリオン(エンターライズとユニバーサルの共同会社)は、パチスロ新台「バイオハザード7」の特設サイトおよびティザーPVを公開しました。

本機は、カプコングループ×ユニバーサルエンターテインメントの第1弾機種となっています。

 

ティザーPVを見た限り、予想できる内容は

  • 筐体は「ウィザード筐体」を使用
  • AT?は、差枚数管理型の可能性が高い

くらいですね。

筐体とボタンウィザード筐体のそっくり。

 

+30×27分裂=810(バイオ)

 

事前情報ではATの1G純増5枚という情報がありますので、G数の場合810G乗ると、4000枚でてしまう為、ほぼ差枚数管理型が濃厚でしょう。

 

まだまだ謎に包まれていますので、続報が確認でき次第、更新させて頂きます。

 

それにしても、ユニバーサルのウィザード筐体を使ってくるとは予想してませんでしたね。

ウィザード筐体の初代は、2016年に登場した「アステカ -太陽の紋章-」ですね。

  

当時プロジェクションマッピングを搭載した初機種として注目を浴びましたが、おおコケしてしまいましたね。

 

その後、ウィザード筐体はプロジェクションマッピングを搭載せずに、ユニバーサルグループでは「アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-」、「ラグナロクサーガ」、「アナザーゴッドハーデス-冥王召喚-」、「SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」、「バジリスク 甲賀忍法帖 絆2」、「サンダーVライトニング」に使用。

 

Sammyグループでは、「蒼天の拳 朋友」、「北斗の拳 天昇」に使用されました。

 

まさか、ここでプロジェクションマッピングは使うのかな!?

 

ちなみにウィザード筐体は、ユニバーサルとSammyの合弁会社である「ZEEG(ジーグ)」が開発しています。

ZEEGとは、

サミーとユニバーサルエンターテインメントの両社のノウハウを活用し、パチスロ・パチンコの各部品のプラットフォーム化を視野に入れる事を目的として設立された。

両社における部品の共通化を図り、設計などを統一したパチンコ・パチスロ機の生産を行う他、サミーとユニバーサルエンターテインメント以外の他社にも部品を供給している。

 

機種概要

機種概要を以下にまとめてみました。

画像
 
機種名
バイオハザード7
メーカー
アデリオン
導入時期
導入数
ボーナス仕様
ボーナス確率 / AT確率
  • 設定1:ー
  • 設定2:ー
  • 設定3:ー
  • 設定4:ー
  • 設定5:ー
  • 設定6:ー
機械割
  • 設定1:ー
  • 設定2:ー
  • 設定3:ー
  • 設定4:ー
  • 設定5:ー
  • 設定6:ー
通常時の特徴
AT時の特徴
  • AT中の1G純増5・0枚!?
  • ATは差枚数管理型!?

 

エンターライズ 公式Twitterの内容

アデリオン 新機種「バイオハザード7」 YouTube

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【パチスロ・新機種】バイオハザード7 差枚数管理型ATか!?カプコン×ユニバで登場!」をご紹介させて頂きました。

 

まだまだ情報は少ないですが、ATで純増が5.0枚という情報が本当であれば、差枚数管理型はほぼ確実でしょう。

 

アデリオンという会社がカプコンGの為、過去のモンハンシリーズのゲーム性を考えると面白いでしょう。

また、新しい情報が公開されたら更新していきます。

次回の新情報にこうご期待!

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 

[ad]

コメント

タイトルとURLをコピーしました