【パチスロ】負けは勝つ以上に価値がある!?負けた後の行動はこれをやれ3選!(続編)

管理人のbanです。

今回は、「【パチスロ】負けは勝つ以上に価値がある!?負けた後の行動はこれをやれ3選!(続編)」をご紹介させて頂きます。

 

 

負けても、勝つよりも価値があるときがあります。

ただ、負けただけにするのは損してます。

 

 

それではどうぞ

にほんブログ村 

 

 

負けは勝つ以上に価値がある!?

本記事には、前編があります。

ご覧になっていない方は前編をどうぞ

 

 

前編では、負けるは勝つ以上に価値があるとき1「ホールのクセが見ぬけた時」をご紹介させて頂きました。

 

 

今回は、前回の続きで、

負けるは勝つ以上に価値があるとき2「イベントのクセが見ぬけた時」、

負けるは勝つ以上に価値があるとき3「ひとの傾向が見ぬけた時」、

を解説させて頂きます。

項目内容
負けるは勝つ以上に価値があるとき1ホールのクセが見ぬけた時
負けるは勝つ以上に価値があるとき2イベントのクセが見ぬけた時
負けるは勝つ以上に価値があるとき3ひとの傾向が見ぬけた時

 

 

 

負けることは勝つ以上に価値があるとき3選 解説

ここからは、負けは勝つ以上に価値があるときその3選の解説をしていきます。

 

 

これを覚えれば、その負けに価値がでます。

 

 

ただでは転ばない。

負けたあとは、負けに価値をつけられるようにしましょう。

 

 

前編:負けるは勝つ以上に価値があるとき1「ホールのクセが見ぬけた時」はこちら

 

 

イベントのクセが見ぬけた時

負けは勝つ以上に価値があるときその2は、「イベントのクセが見ぬけた時」です。

 

 

イベントのクセとは、どんなものがあるか。

イメージが湧きやすいように一例を3つ挙げていましょう。

項目内容
イベントのクセ1特定日は、必ずメイン機種に高設定が入っている
イベントのクセ2特定日は、必ず新台に高設定が入っている
イベントのクセ3特定日は、必ずアクロス系に高設定が入っている

 

 

イベントのクセをつかめば、狙い台が絞れます。

 

 

特定日は、必ずメイン機種に高設定が入っている

イベントのクセ1は、「特定日は、必ずメイン機種に高設定が入っている」です。

 

 

特定日にメイン機種に高設定が入っている傾向があれば、狙うべき根拠ができます。

負けたときには、かならずメイン機種に高設定が入っているかチェックしましょう。

 

 

まず、メイン機種とは、ホールさんが一番力を入れたい機種になります。

一番力を入れたい機種=高設定が入る確率が高いと考えましょう。

 

 

メイン機種を知らないと、ホールさんが一番力を入れたい機種=高設定が入る確率が高い機種を打つことができません。

 

 

メイン機種を探す方法は、2つあります。

1つめは、導入数が一番多い機種

2つめは、設置場所が長い間変わっていない機種

 

 

メイン機種がわからない場合には、上記2機種のデータ(回転数、差枚数)を確認してみましょう。

特定日なら、どちらかの機種は高設定があります。

 

 

特定日は、必ず新台に高設定が入っている

イベントのクセ2は、「特定日は、必ず新台に高設定が入っている」です。

 

 

このホールさん、最近多いです。

6号機は特に稼働が落ちやすい為、特定日に新台に高設定を入れるホールさんが増えています。

 

 

負けたときには、かならずメイン機種に高設定が入っているかチェックしましょう。

 

 

特定日の新台は、データ(回転数、差枚数)を確認しましょう。

特定日なら、高設定が入っている確率が高いです。

※ホールさんの傾向によっては、新台にも高設定を全く入れないことがあります。必ず、データ(回転数、差枚数)を確認してください。

 

 

月2~3回ある特定日で、新台の高設定狙いをする場合、ノーマルタイプで設定56の機械割が高い機種は、高設定が投入される可能性が低いため、狙うのはやめましょう。

※ノーマルタイプで設定56の機械割が高い機種:設定5が108%以上、設定6が110%以上の機種が該当

 

ノーマルタイプである場合には、設定5の機械割が105%以下、設定6の機械割が108%以下であれば狙って良しです。

 

 

特定日は、必ずアクロス系に高設定が入っている

イベントのクセ3は、「特定日は、必ずアクロス系に高設定が入っている」です。

 

 

アクロス系でも特に人気機種である「ハナビ」や「バーサス」は、高設定が入りやすい機種になっています。

以下3つの理由から高設定がはいりやすいです。

  • 設定6の機械割が108%で高くない
  • 4段階設定のため、低設定でも荒れやすい
  • ノーマルタイプでは、ジャグラーシリーズのつぎに高い稼働率

 

 

こういった背景から、「アクロス系」には、高設定を投入してくれるホールさんは多いです。

したがって、閉店時の「アクロス系」の挙動を確認することで、高設定の投入傾向を把握することができます。

 

 

ひとの傾向が見ぬけた時

負けは勝つ以上に価値があるときその3は、「ひとの傾向が見ぬけた時」です。

 

 

ひとのチェックでは、以下3つの項目をチェックしましょう。

ひとのチェックについては、1回のチェックだけでは難しいです。

4~5回チェックして傾向性を見ましょう。

  • 入場時のひとの流れ
  • 勝ち勝ちくん、マイスロの使用有無(ノーマルタイプ限定)
  • たくさん出玉を出してるひと
  • 閉店間際の動向

 

 

上記の内容だけだとイメージがわきずらいと思いますので、一例を挙げてみましょう。

 

あなたは、同じイベントを5回通い、以下の情報を集めることができました。

あなたはどう考えますか?

 内容
情報1入場時は、毎回「番長3」>「ハナビ」>「マイジャグラーⅣ」の順番に埋まる
情報2ハナビを打つひとは「全員」勝ち勝ちくんを使っている
情報3ハナビでたくさん出玉をだしているひとは、毎回同じひと
情報4ノーマルタイプ限定:たくさん出玉をだしているひとは閉店10分前まで打っている
情報5AT、ART限定:たくさん出玉をだしているひとは閉店1時間前にやめている

 

 

 

管理人の推測は以下となります。

 内容
情報1入場時は、毎回「番長3」>「ハナビ」>「マイジャグラーⅣ」の順番に埋まる
推測
  • 特定イベント時には、番長3には設定56が1台は投入される可能性がある
  • 特定イベント時には、ハナビ、マイジャグラーⅣにも設定56が1台以上は投入される可能性がある

 

 

 内容
情報2ハナビを打つひとは「全員」勝ち勝ちくんを使っている
推測
  • ハナビは、高設定投入される確率が高い
  • ハナビが途中で空いた場合、設定看破されている可能性が高い=低設定の可能性が高い

 

 内容
情報3ハナビでたくさん出玉をだしているひとは、毎回同じひと
推測
  • 特定日は、ハナビに高設定が入る確率はほぼ100%
  • このホールには、スロが上手い常連さんがいる

 

 内容
情報4ノーマルタイプ限定:たくさん出玉をだしているひとは閉店10分前まで打っている
推測
  • スロが上手い常連さんがいる
  • スロが上手い常連さんはパチスロの勝ち方を知っている=立ち回り精度が良い=ホールさんの傾向性を見るのに適している

 

 内容
情報5AT、ART限定:たくさん出玉をだしているひとは閉店1時間前にやめている
推測
  • スロが上手い常連さんがいる
  • スロが上手い常連さんはパチスロの勝ち方を知っている=立ち回り精度が良い=ホールさんの傾向性を見るのに適している

 

 

この情報をまとめると以下となります。

このホールさんは、

  • 特定日には、「番長3」、「ハナビ」、「マイジャグラーⅣ」に高設定が入る可能性が高い
  • 特定日には、「ハナビ」はほぼ100%高設定が入っている
  • 常連さんがいる
  • 常連さんはパチスロの勝ち方を知っている
  • 常連さんのやめた台は、設定判別が終わっている可能性が高い
  • 常連さんの動きを見ることでさらに傾向性がつかめる

 

 

ひとの流れを見るだけでも、立ち回りに役立つ情報が6つも獲得できます。

この情報があるだけで勝てるようになりますね。

 

 

負けたあとでも、ひとの流れをチェックして、つぎの立ち回りに役立つ情報をとるようにしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【パチスロ】負けは勝つ以上に価値がある!?負けた後の行動はこれをやれ3選!(続編)」をご紹介させて頂きました。

 

 

負けたとき、その日は、くやしい思いで頭がいっぱいです。

 

 

ただ、そんなときこそ、次の立ち回りに活かせるように冷静に状況を見ましょう。

時間がたつほど、ホール内にはたくさんのヒントが眠っています。

 

 

そのヒントを見流さないように、今回ご紹介した内容をチェックしてみましょう!

なにごともまずはやってみる!です。

 

 

 

あきらめずに一緒にパチスロで勝てるようになりましょう。

 

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました