【パチスロ】カンタくんで小役をカウントする方法~バーサス編~

管理人のbanです。

今回は、「【パチスロ】カンタくんで小役をカウントする方法~バーサス編~」をご紹介させて頂きます。

 

バーサスは高設定が投入されやすい機種です。

カンタくんで小役カウントできるようにしましょう。

それではどうぞ

にほんブログ村 

カンタくんを使って小役を数える方法~バーサス編~

カンタくんを使ってバーサスの小役を数える方法~実践編~の動画は以下となります。

 

【カンタくんの使い方 ~バーサス編~】

 

バーサス 基本スペックと打ち方

バーサスの基本スペックと打ち方を以下にまとめました。

はじめてバーサスを打つ方やバーサスは知っているけど詳しくは知らない方はご覧ください。

スポンサーリンク

基本スペック(ボーナス確率・機械割)

バーサスの基本スペックは以下となります。

設定は1、2、5,6の4段階となっています。

 

REG確率に設定差があるので、高設定を狙う際にはREG確率にも注目しましょう。

打ち方(通常時、ボーナス成立時、ボーナス中、RT中)

ゲームフローの流れで解説していきます。

ゲームフロー:通常時→ボーナス成立時→ボーナス中→RT中
通常時
通常時の打ち方は以下となります。
 
画像解説

左リール枠上〜上段にBAR図柄狙い

→右リールフリー打ち

 スイカがテンパイしたら中リールに赤7を目安にスイカを狙う

※右リールはBARがスイカの代用絵柄になっています。

取りこぼさないよう注意しましょう。

 

ボーナス成立時
ボーナス成立時の打ち方は以下となります。

ボーナスを揃える場合、中押し、逆押しで成立しているボーナスを察知していきましょう。

画像解説
中押しの場合には、中段にBARが停止すれば、REGもしくはVBIGとなります。
中段に赤7が停止すれば、赤7BIGとなります。

 

もうひとつ、逆押しの場合には、右リール中段にVを狙い、中段にVが停止すれば、赤7もしくはVBIGとなります。中段にBARが停止すれば、REGとなります。

ボーナス中
ボーナス中の打ち方は以下となります。

BIG中は1度だけ14枚役を取得する事で最大枚数311枚の獲得が可能です。

画像解説
右リール、中リールは適当押しで逆押しします

左リール上段に赤7をビタ押し

 

1度でも成功すれば残りはフリー打ちでOKです。

何度でも挑戦できるので成功するまでやってみましょう!

 

BIG中には設定判別要素があります。

告知音+Vランプが点灯したら以下の手順で目押ししましょう。

画像解説
Vテンパイはずれは、偶数設定で1/24、奇数設定で1/36となり奇数偶数の判別材料になります。
上下段でのV揃いは、偶数で1/248、奇数で1/496となり奇数偶数の判別材料になります。
斜めV揃いは、設定2以上が確定します。出現確率は1/799となっています。
中段V揃いは、ほぼ設定56が確定します。出現確率は、設定12で1/16384、設定56で1/799となっています。

   

RT中
RT中の打ち方は以下となります。

RT中は、バーサスチャンスとバーサスゲームの2部構成となっています。

最初のRT「バーサスチャンス(VC)」は最大20G継続し、移行リプレイが入賞する事でもう1つのRTである「バーサスゲーム(VG)」へ移行します。

バーサスチャンスのJACINを外してギリギリまで引っ張った方がRT滞在Gが長くなりお得になります。

画像解説

バーサスチャンス中は、残り8Gまでは、予告音発生時に逆押しで、右リール、中リールは適当押し。

左リールの枠上〜上段にBARを狙ってJACINをはずします。

スポンサーリンク

バーサス カンタくんで小役をカウントする方法

つぎに「カンタくん」を使うポイントを紹介します。

カンタくんを使うポイントは、「通常時」、「BIG中」、「RT中」の3か所です。

通常時

通常時の設定差がある小役は「ベル」、「チェリー」、「スイカ」です。

ベル、チェリー、スイカの小役を勝ち勝ちくんでカウントしましょう。

 

BIG中

BIG中の設定差がある小役は「Vベル」です。

以下の2種類「Vテンパイはずれ」と「V上下段揃い」の確率をカウントしましょう。

画像解説
Vテンパイはずれは、偶数設定で1/24、奇数設定で1/36となり奇数偶数の判別材料になります。
上下段でのV揃いは、偶数で1/248、奇数で1/496となり奇数偶数の判別材料になります。

   

RT中

最後にRT中です。RT中は、はずれをカウントしましょう。

RT中が勝ち勝ちくんを使う最も重要な部分になります。

 

ハズレ確率は、バーサスチャンス中とバーサスゲーム中では異なる為、バーサスチャンス中のゲーム数とハズレ、バーサスゲーム中のゲーム数とハズレをカウントしましょう。

 

バーサスチャンス

バーサスチャンスで重要なのは、「ハズレ」確率です。

「ハズレ」確率をチェックしましょう。

 

小役算出時に間違えてはいけないポイントは、JACリプレイは「はずれ」にカウントしないようにしましょう。

バーサスゲーム

バーサスゲームで重要なのは、「ハズレ」確率です。

「ハズレ」確率をチェックしましょう。

カンタくんを使って小役を数える方法~バーサス編~

何度も見て、カウントするポイントとカンタくんの使い方をマスターしましょう。

【カンタくんの使い方 ~バーサス編~】

 

1ゲームでも多く回したいなら「カンタくん」がおススメ

1ゲームでも多く回したいなら「勝ち勝ちくん」よりも「カンタくん」の方が良いです。

理由は、小役切替にかかる時間が大きく違う為です。

 

勝ち勝ちくんであれば、小役切替に5秒かかりますが、カンタくんなら1秒しかかかりません。

ゲーム数計算してみましたが、終日回すと105回転の差がでます。

 

勝ちたい人は是非

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【パチスロ】カンタくんで小役をカウントする方法~バーサス編~」をご紹介させて頂きました。

 

バーサスは高設定が投入されやすい機種です。

カンタくんで小役カウントできるようにしましょう。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 

コメント

タイトルとURLをコピーしました