【パチスロ】元スロプロが教える!お盆が回収はもう古い!?6号機なら打てる2つの理由

 管理人のbanです。

今回は、「【パチスロ】元スロプロが教える!お盆が回収はもう古い!?6号機なら打てる2つの理由」をご紹介させて頂きます。

お盆の時期がきたら回収時期だから行くな!低設定だらけだから勝てない!

ネットではこんな情報が多いですね。ホントに低設定ばかりなんでしょうか?

それではどうぞ

にほんブログ村 

スポンサーリンク

お盆は6号機の高設定が打てる!?

お盆の時期は、学校・会社が夏休みで遊ぶ方が増えることで、集客せずともお客さんがきてくれる為、必然的に設定を下げて回収するホールさんが増えます。

4号機・5号機時代は間違いなくほとんどのホールさんがそうでしたが今年はどうでしょう。

管理人の答えは、6号機の【ある条件】と【コロナ影響】が重なっている為、高設定を入れるホールさんが過去よりも多くなります。

今年のお盆は6号機の高設定が打てます!

なにを言っているかわかりまんよね。

これに該当するホールさんの条件があり、【イベントをやっている事】と【信頼度がある事】の2つです。

1か月毎日回収しているようなホールさんはこれに該当しません。

※注意:お盆時期に設定のベースが上がる訳ではありません。

6号機ならお盆でも打てる2つの理由

6号機ならお盆でも打てる2つの理由は【6号機の設定1がキツすぎる為】・【コロナ影響による客離れ阻止】です。

ここからは【ホール店長さん視点】で見て下さい。

ほんと6号機は最高です。

※打てる条件のホールさんは、上記で説明した通り、【イベントをやっている】と【信頼度がある】の2つが大前提です。

6号機の設定1がキツすぎる為
6号機ならお盆でも打てる1つ目の理由は【設定1がキツすぎる為】です。
機械割の数値だけを見ると4号機・5号機と同じスペックに見えますが、短期的見ると6号機は【ダントツで厳しい】です。
6号機の設定1がいかに厳しいかReゼロを例に3つまとめてみました。
6号機の設定1が厳しい理由
内容
厳しい理由1
白鯨討伐戦が重い(設定1初当たり:1/523.8)
厳しい理由2
256Gで当たる確率が低い(15.56%)=有利区間引継ぎしにくい
厳しい理由3
ゼロからっしゅ(AT)の当選率が重い(設定1のAT初当たり確率:1/1648.2)
 
ここで、次に6号機の偶数設定(設定2・4)の良い点を3つ・悪い点を1つまとめてみました。(設定6は除く)
6号機の設定2が良い点
内容
良い点1

白鯨討伐戦が設定1より軽くなる(設定2初当たり:1/486.6・設定4:1/402.5)

良い点2
256Gで当たる確率が高い(設定2:33.33%・設定4:42.86%)=有利区間引継ぎやすい
良い点3
ゼロからっしゅ(AT)の当選率が軽い(設定2:1/872.6・設定4:1/719.5)
悪い点
AT性能が低い(₌弱ATになりやすい)

 

それでは設定1と設定2・4の悪い点と良い点を簡単に整理してみましょう。

以下の表から読み取れるのは【設定1は、初当たり・AT当選率が設定2と比較して飛びぬけて悪い】・【設定2は設定4と比較してもあまり大きな差が見られない】・【設定4で展開が悪いと設定2のような挙動になる】です。

 
設定1
設定2
設定4
白鯨討伐戦当選率
1/523.81/486.61/402.5
256G以内の当選率
15.56%33.33%42.86%
AT当選率
1/1648.21/872.61/719.5
このまとめ内容から、設定1はしぼりすぎてしまい、すぐにやめられてしまう為、ホールさんは【稼働率を上げる為】に、設定1はあまり使わずに設定2以上または設定4を入れて少しでも稼働率を上げようとします。
そして最も大事なことが、設定4は投入しても差枚数はホールさん側からすると大きなマイナスになりにくい】という点です。
ホールさん側は設定4なら大きなマイナスにはなりにくい→設定を入れやすい→プレイヤー側は高設定確定演出がでればが粘ってくれる→周囲の人は456がでたとわかれば他にもあるかもしれないと高設定を探す→稼働率UP。
この図式が完成します。
そのことから、6号機は4号機・5号機よりもお盆時期でも平均設定が高くなるのです。
改めて、お伝えしますが打てる条件のホールさんは、【イベントをやっている】と【信頼度がある】の2つが大前提ですので忘れないでくださいね。
 
コロナの影響による客離れを阻止する為

6号機ならお盆でも打てる2つ目の理由は【コロナの影響による客離れを阻止する為】です。

現在のホールさんはコロナの影響でコロナ前よりも稼働率が下がっています。

さらにお盆でも稼働率が下がれば、最悪【倒産】してしまう可能性があります。

ネット情報でプレイヤー側もお盆は回収時期と認識している人も増えてきている為、お盆でも稼働率が下がるホールさんも間違いなくあるでしょう。

ただし、お盆の時期に高設定が入っていることが分かれば、稼働率は間違いなく上がります。

打てる条件【イベントをやっている】と【信頼度がある】がそろっているホールさんは、間違いなく客離れを阻止する為に【イベントの日に6号機に高設定を投入します】

一番期待値が高いのが【中小店舗のホールさん】です。

中小店舗は、【ネットの情報】の影響で稼働率が大きく変動します。

Twitterなどで、●●●店が大回収だと言われてしまえば、客離れは確実に置きます。

逆にお盆の時期なのに高設定が入っていたと情報が出回れば、近場の方は行きたくなりますよね。

【中小店舗のホールさん】はこの影響によって、コロナよりも大打撃を食らう可能性があります。

この時期に低設定ばかり入れて目先の100万円を拾うか、数台の高設定を入れて50万円程度の還元をするか。

【中小店舗のホールさん】は、間違いなく後者を選択します。

この高設定を狙い打ちましょう。

【絶対ダメ】大型店舗はやめましょう

ここで、絶対にやめてほしいのは【大型店舗のホールさんに行く事】です。

大型店舗のホールさんは、集客しなくても稼働率がとても高い為です。

さらに中小店舗のホールさんのように死活問題(₌倒産)になりにくい状況もあることから、大型店舗のホールさんの9割は【回収傾向】になります。

たまに物好きな大型店舗のホールさんがあり、出玉還元することがありますがそれを期待するのはやめましょう。

目隠しで針に糸を通すぐらい勝てる確率は低いです。(打つならハイエナはOKです)

【おまけ】6号機は高設定確定演出が多い

上記で解説させて頂いた情報と重複しますが、6号機ならお盆でも打てる理由におまけ情報として、【高設定確定演出が多い為】もあります。

高設定確定演出はプレイヤーだけのメリットでなく、ホール側にもあり、プレイヤー側に【高設定を入れている】ということがアピールできる事です。
高設定を入れているというアピールをできる事で、SNSやアプリなどで情報が拡散されます。
その結果、ほかのプレイヤーが高設定を求めてホールに来るようになります。
ここで大事なポイントは、設定4は投入しても差枚数はホールさん側からすると大きなマイナスになりにくい】という点です。
6号機に限っては高設定確定演出がでない=設定を入れていないホールとみられてしまう傾向にあることから、設定4を入れて高設定を入れているアピールをしているホールさんは確実に増えました。
その理由のひとつに設定4を入れてもホールさん側としては大きなマイナスになりにくいことです。
ここはとても大事なことです。
そしてプレイヤー側としても設定4であれば、理論上は勝てる計算になります。
プレイヤーのみなさんとしては、設定4でも厳しい戦いになりますが、理論上は勝てます。
是非設定4以上を狙っていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【パチスロ】元スロプロが教える!お盆が回収はもう古い!?6号機なら打てる2つの理由」をご紹介させて頂きました。

6号機の設定1のキツすぎるスペックと設定2と4の見極めが難しい点と高設定確定演出があるおかげでお盆の時期でも高設定に座ることができます。

管理人はパチプロの方々が敬遠する場所でありがたく高設定を座らせて頂こうと思います。

こういったライバルが少ない隙間稼働が勝ちに繋がるチャンスになります。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました