【パチスロ新機種評価】6.5号機の革命!?ブッた斬り一撃でボーナス8個上乗せ!?「犬夜叉」登場!

 

管理人のbanです。

今回は、「【パチスロ新機種評価】6.5号機の革命!?ブッた斬り一撃でボーナス8個上乗せ!?「犬夜叉」登場!」をご紹介させて頂きます。

 

 

ブッた斬り一撃でボーナスを8個上乗せ!?

 

 

【パチスロ新機種】超覚醒モードで500枚+上乗せ性能2倍!?「エヴァンゲリオン 魂の共鳴」登場!
今回は、「【パチスロ新機種】超覚醒モードで500枚+上乗せ性能2倍!?「エヴァンゲリオン 魂の共鳴」登場!」をご紹介させて頂きます。 超覚醒モード=2400枚確定!?

 

 

それではどうぞ

にほんブログ村 

 

 

YouTube:犬夜叉

フィールズは5月6日、パチスロ新台「パチスロ 犬夜叉」(製造元:クロスアルファ、型式名:S犬夜叉CAN)のwebサイトをオープンし、最新映像を公開した。

「犬夜叉」は1996年から2008年まで週刊少年サンデーで連載された高橋留美子氏のマンガ作品。戦国時代の日本を舞台に、半妖怪の主人公・犬夜叉と、現代からタイムスリップした女子中学生・かごめを中心とした一行による冒険劇として人気を集め、2000年から2004にはテレビアニメも放映された。

映像では、“6.5号機だからこそ実現できた新システム搭載”、“AT+A+1 最高峰の性能を実現”として、フィールズ初の6.5号機となる本機の特徴を演出やリールアクションと共に紹介している。また、遊技機オリジナル楽曲に加えて「Dearest(浜崎あゆみ)」、「君がいない未来(Do As Infinity)」、「I am(hitomi)」、「Grip!(Every Little Thing)」といった名曲も搭載していることが明らかにされている。

引用元:遊戯日本様

 

 

導入は、2022年6月6日よりホール導入開始予定です。

 

 

YouTube情報

 

【パチスロ 犬夜叉】

「パチスロ 犬夜叉」webサイト

「パチスロ 犬夜叉」最新映像

 

機種概要

機種概要を以下にまとめてみました。

項目内容
画像
機種名犬夜叉
メーカークロスアルファ(スパイキー)
導入時期 2022年7月4日
導入数10,000台
仕様AT
回転数 33.6回転
機械割設定機械割
設定197.8%
設定299.0%
設定3100.9%
設定4105.0%
設定5108.1%
設定6112.2%
ボーナス確率設定確率
設定11/278
設定21/276
設定31/271
設定41/261
設定51/252
設定61/247
AT確率設定確率
設定11/457
設定21/439
設定31/413
設定41/365
設定51/334
設定61/313
通常時
特徴通常時は主にレア小役で高確移行や「ブッた斬り」発生を抽選
ブッた斬りは中リールに7図柄の塊を狙う演出で停止すればボーナスの前兆状態へ移行
ボーナスを経由してAT当選当選を目指すゲーム性
AT直行に期待できる特殊高確もある
夕方は高確、夜は超高確滞在を示唆
前兆ステージ「妖対峙」
特徴前兆・バトル
オーラの色で期待度を示唆
バトルに勝利で四魂ボーナス確定
特殊高確ステージ「月下」
役割特殊高確
突入契機
レア小役の一部
内部pt規定値到達
AT期待度約63%
特徴前兆やCZ失敗時に獲得する内部ptが規定値に到達すると移行する特殊高確状態
バトル勝利でATへ直行
四魂ボーナス
獲得枚数約50枚
AT期待度 
特徴チャレンジ成功でAT、失敗でCZへ移行する
CZ「鉄砕牙チャンス」
役割ATへのCZ
突入契機四魂ボーナス失敗等
継続G数10G
AT期待度 
特徴ブッた斬り成功でAT確定
AT「ブッた斬りスラッシュ」役割メインAT
継続G数20 or 30 or 40+α
純増約1.8枚
ボーナス確率約1/12.8
特徴
規定ゲーム数内に1/12.8のボーナスを何回引けるかというゲーム性
レア小役確率は合算で約1/35
赤ベル・青ベル確率はそれぞれ約1/1.6
同色ベル2連や全小役で発生を抽選
ブッた斬り時の成功確率は約40〜100%
AT中のボーナスは引く度に個数がブーストしていく(1回目成功でボーナスで+1、2回目成功でボーナス+2個・・・最大ボーナス+8個
AT中ボーナス
赤7(ブーストチャンス)50枚+α
白7(BIG)100枚+α
青7(BIG)200枚+α
特徴ボーナス中はレア小役でボーナスの枚数自体の上乗せを抽選
ハズレや小役はポイントを獲得し封印に成功すればATのG数をHOLD
封印中のボーナスは性能が変化しポイント獲得でATのゲーム数上乗せ
ブッた斬りZONE役割引き戻しゾーン
突入契機
AT終了時の一部(1000枚over時は必ず突入)
継続G数10G
AT期待度50%
特徴AT終了後の一部で突入する引き戻しゾーン
10Gの間に犬夜叉が開眼すればATに復帰
奈落決戦役割プレミアムAT
突入契機フリーズ
ボーナス当選時の一部
AT開始時の一部
期待枚数約3070枚
特徴ボーナスの高確率状態で同色ベル2連でボーナス確定
ロングフリーズ役割 
突入契機
 
ボーナス確率 
期待値 
特徴 
天井1天井G数ボーナス・AT間で666Gに到達
恩恵ボーナス
天井2天井G数ボーナスからAT非当選が7連続
恩恵AT
天井3天井G数3000G
恩恵AT

 

 

 

管理人の評価

現在判明している情報の中で元スロプロの管理人の評価をまとめました。

各採点基準の項目は、「おもしろさ」、「設定期待」、「設定推測」、「持ちメダル遊戯」、「一撃性」の5項目となっています。

総合点の判定基準は、1点~5点が「がんばりました」<6点~10点が「よくできました」<11点~14点が「たいへんよくできました」<15点が「すばらしい」の4項目となっています。

 

 
項目内容採点方式
おもしろさおもしろそうか3点満点
設定期待設定投入率が高いか3点満点
設定推測設定判別のむずかしさ3点満点
持ちメダル遊戯持ちメダルでの遊戯時間3点満点
一撃性一撃性が高いか3点満点
【総合点】トータル判定15点満点

 

 

総合点:13点/15点 よくできました

採点結果は、13点/15点で「たいへんよくできました」の判定です。

採点結果は以下となります。

項目採点方式
おもしろさ3点
設定期待3点
設定推測2点
持ちメダル遊戯2点
一撃性3点
【総合点】13点

 

 

 

おもしろさ:3点

おもしろさは3点/3点満点です。

 

 

管理人が注目したポイントは、①「設置台数の多さ」と②「設定6の機械割の高さ」と③「AT中のゲーム性」です。

項目内容
設置台数の多さ10,000台
設定6の機械割112.2%
AT中のゲーム性AT中のボーナスは引く度に個数がブースト(1回目はボーナス1個、2回目はボーナス2個、3回目はボーナス3個・・・最大8個)

 

まずは第一の注目ポイントは、設置台数は、10000台と2022年1月から7月までで導入された、またはされるAT機の中では、ダントツで多いです。2022年1月~7月までの設置台数の多さは、番長ZEROが1位で30,000台ですが、犬夜叉が2位で10,000台になります。

 

さらに注目ポイントが、フィールズの販売となります。フィールズは販売ルートが強いため、おそらく10,000台は販売できるでしょう。高稼働になれば、増台される可能性もあります。

 

 

つぎに第二の注目ポイントは、設定6の機械割の高さで、犬夜叉の設定6の機械割は112.2%となっています。おそらく機械割の誤差を考えると、110%くらいになると推測されますが、それでも仮に112%が安定してでるとなると「超優秀台」として重宝されるでしょう。

 

 

最後に第三の注目ポイントは、AT中のゲーム性「ボーナス+1システム」です。このシステムは、AT中のボーナスは引く度に個数がブーストする内容で、具体的には「1回目のボーナス成功でボーナス1個、2回目のボーナス成功でボーナス2個、3回目のボーナス成功でボーナス3個、4回目のボーナス成功でボーナス4個」と成功するごとにボーナス上乗せが+1個される仕組みになっています。

 

 

最大でボーナス8個まで上乗せすることができ、ボーナス8個まで上乗せして、ATゲームがまだ残っている場合、残っているゲーム中に成功したら、再度ボーナス8個上乗せすることになります。爆発力がえげつない。

 

 

①「設置台数の多さ」と②「設定6の機械割の高さ」と③「AT中のゲーム性」の3点ともすばらしい点から、管理人の評価は3点としました。

 

 

設定期待:3点

設定期待は、3点/3点満点です。

設置台数は10,000台です。

 

 

メーカーさんが「スパイキー」さんですが、販売元は「フィールズ」さんなので、10,000台は売れるでしょ。管理人の予測では、増台の可能性もあると考えています。

 

 

設置台数は、2022年に入ってから7月の間の機種の中では、番長ZEROが1位で30000台に対して、犬夜叉は2位で10000台となってます。7月以降の機種次第にもよりますが、6.5号機の注目機種としては、間違いなく犬夜叉は注目されるでしょう。

 

 

そういった点で、管理人の評価は3点としました。

 

 

設定推測:2点

設定推測は、2点/3点満点です。

 

 

設定示唆は、解析がでていません。

現時点では設定推測の解析はでていませんが、スパイキー系なので、ボーナス終了またはAT終了後の背景に設定示唆があるでしょう。間違いなくあるのは「ナミ」背景は設定5以上になるでしょう。

 

 

過去のスパイキーシリーズでは、「ナミ」背景は、設定5以上が確定しているため、今作も同じでしょう。

項目内容
設定5以上

 

 

過去シリーズで、設定推測ができそうなシーンがあるという点で、管理人の評価は2点としました。

 

 

持ちメダル遊戯:2点

持ちメダル遊戯は、2点/3点満点です。

コイン持ちは、34Gとなっています。

 

 

AT機という点とCZ確率、AT確率の確率で考えるとかなり厳しいです。

展開が悪いと初当たりが重く、CZが引けない、ATも引けないといった展開になりやすいため、投資額が多くなるという展開になりやすいです。

 

 

ただ、今作は6.5号機となっており、差枚数+2400枚までいけるという点で一撃に期待することもできるため、設定狙いに失敗しても、一撃でリカバリーできる仕様になっています。そういった点で、管理人の評価は2点としました。

 

 

一撃性:3点

一撃性は、3点/3点満点です。

 

 

一撃性については、「ボーナス+1システム」が優秀すぎます。自力感満載で、AT初期ゲーム数20Gまたは30Gまたは40Gに対して、30Gまたは40Gを引けば、確率通りに引ければ、3回または4回のボーナスが引ける計算になります。(1/12.8の確率でボーナスを引ける計算になる)

 

3回ボーナスを引ければ、実際にボーナス消化できる個数は、1+2+3=6個、4回ボーナスを引ければ、実際にボーナス消化できる個数は、1+2+3+4=10個となります。

 

仮にすべてBIG100枚だったとすると、6個なら600枚、10個なら1000枚となります。少しでも引きが強く、5個引ければ、1+2+3+4+5=15個となります。=1500枚。

 

 

シンプルなゲーム性ですが、爆発力はもっています。

 

 

どこからでも一撃性が期待できそうといった点で、管理人の評価は3点としました。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【パチスロ新機種評価】6.5号機の革命!?ブッた斬り一撃でボーナス8個上乗せ!?「犬夜叉」登場!」をご紹介させて頂きました。

 

 

設置台数10000台、設定6の機械割112.2%、6.5号機という3点から本機「犬夜叉」には期待したいです。ぜひ6.5号機の革命機になってほしいと感じています。

 

 

管理人としては、期待大の機種です。楽しみです。

 

 

導入開始は、2022年7月4日です。

 

 

【パチスロ】立ち回り講座 朝の抽選で勝負あり!?抽選前後に考えてる3つの事
今回は、「【パチスロ】立ち回り講座 朝の抽選で勝負あり!?抽選前後に考えてる3つの事」をご紹介させて頂きます。 これやるだけで、負ける確率がぐーっと下がります。元スロプロがタダで勝てる人だけがやっていることを教えちゃいます。

 

 

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました