【パチスロ懐かしい機種】ボーナス次ゲームに激熱演出!?衝撃的だった4号機~スノーキー~

管理人のbanです。

今回は、「【パチスロ懐かしい機種】ボーナス次ゲームに激熱演出!?衝撃的だった4号機~スノーキー~」をご紹介させて頂きます。

 

 

ボーナス成立次ゲームに激熱演出!?

 

 

 

https://www.marimo0925.net/pachislot-natsukashiikisyu-neopra-ban/

 

 

それではどうぞ

 

 

にほんブログ村 

 

 

 

衝撃的だった4号機パチスロ台「スノーキー」

 

衝撃的だった4号機パチスロ機は「スノーキー」です。

機種概要をまとめてみました。

項目内容
筐体画像
メーカーオリンピア
登場時期1999年
仕様Aタイプ
機械割設定機械割
設定197.0%
設定299.0%
設定3102.5%
設定4106.0%
設定5112.0%
設定6116.0%
●特徴1ボーナス次ゲームが激熱!?悶絶のブルーフラッシュ発生!?
その1ボーナス成立の次ゲームが激熱!?
その2悶絶のブルーフラッシュ発生!?
●特徴2スノーキーは【初号機】!?平和とオリンピア提携第一弾!?
その1スノーキーは【初号機】!?
その2平和とオリンピア提携第一弾!?
●特徴3アーチ、ランプ、セグ、リーチ目!?多彩な演出を搭載!?
その1アーチ、ランプ、セグ、リーチ目すべて搭載!?
その2多彩な演出を搭載で、打ち手を飽きさせない!?

 

 

 

特徴その1:ボーナス次ゲームが激熱!?悶絶のブルーフラッシュ発生!?

特徴その1は、「ボーナス次ゲームが激熱!?悶絶のブルーフラッシュ発生!?」です。

 

 

本機の最大の特徴が、「ボーナスの次ゲームに発生するブルーフラッシュ」です。オリンピアと言えば、フラッシュ演出が有名で、ビーナスラインでは「グリーンフラッシュ」、ビーキッズクラブでは「レッドフラッシュ」、そして、本機スノーキーでは「ブルーフラッシュ」が発生します。オリンピアのフラッシュはいつ見ても、美しく感じるのはわたしだけでしょうか。

 

 

本機の、フラッシュ演出はボーナス成立の次ゲーム第三停止後」となるため、ほかの機種とは違い、ボーナス成立ゲームではフラッシュしません。そのため、ボーナス成立ゲームに気づいて、次ゲームで揃えるとブルーフラッシュを見ることができなかったため、敢えてはずしてみる方も多かったでしょうwちなみに、わたしが打っていたら間違いなくブルーフラッシュを拝むためにはずしてますw

 

 

 

特徴その2:スノーキーは【初号機】!?平和とオリンピア提携第一弾!?

特徴その2は、「スノーキーは【初号機】!?平和とオリンピア提携第一弾!?」です。

 

 

本機は、オリンピアと平和の提携第一弾のパチスロ台となっています。当時は、平和はパチンコ台で有名であり、いまでもそうですが魅せ方が上手いです。その魅せ方が上手い平和が、パチスロ台の開発力をもつオリンピアと提携したことで、より魅せ方に幅を広げた機種開発ができるようになり、結果その後に登場する「スーパースターダスト」や「ホットロッドクイーン」や「アイスストーリー」などは打つ人を魅了してきました。

 

 

1999年~2000年に開発してきた機種は以下となります。

画像機種名
ビーキッズクラブ
ビーナスライン7
キングシャーク
ナイスデイワールド
スーパースターダスト
ビーキッズ2000
ホットロッドクイーン
バトルナイト
ビートザドラゴン
アイスストーリー

 

 

どの機種にも共通して言えることは、BGMが良いですね。やっぱりこのころのオリンピア・平和のBGM製作チームは天才だと思いますね。いまでも素敵な曲だと感じるものばかりでした。

 

 

 

特徴その3:アーチ、ランプ、セグ、リーチ目!?多彩な演出を搭載!?

特徴その3は、「アーチ、ランプ、セグ、リーチ目!?多彩な演出を搭載!?」です。

 

 

本機は、平和の血を継いでおり、多彩な演出を搭載していました。搭載していた演出内容は以下となります。演出でも楽しめ、出目でも楽しめるのはうれしいですね、書いているこっちもおもしろそうだと感じちゃいますw

項目内容
フラッシュ演出ボーナス成立の次ゲームに第三停止後、リール全体がブルーフラッシュするとボーナス確定
アーチランプランプは5分割されており、演出発生時は、全リール停止したあと、下から順に点灯。ランプが5個全灯で、上パネル中央のセグが回転する。
セグ「00」~「99」のゾロ目で止まれば、ボーナス確定、そのほかの停止はハズレ、「33」「55」「77」は、ビッグ確定となる。
セグの停止パターン「左セグ停止→右セグ進む」、「右セグ先停止」、「左右セグ高速回転」、「右セグカウントダウン」など、多くのパターンがあった。
LEDランプリール下にあるLEDランプが点灯するとボーナス確定
リーチ目多彩なリーチ目を搭載しており、王道としては「スイカ・BAR・スイカ」停止で小役ハズレ、「ベル・BAR・ベル」で小役ハズレなどがあった。

 

 

 

多彩な演出とリーチ目も搭載しており、スノーキーはいま出してもおもしろいんじゃないかって感じますねwこれは、オリンピアさん是非6号機復刻版として出してほしいですw

 

 

 

次回予告:衝撃的だった4号機パチスロ台「NJ」

次回の衝撃的だった4号機パチスロ台は「NJ」です。

 

 

ライバルはアステカ!?

 

 

詳細は、つぎの記事で!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【パチスロ懐かしい機種】ボーナス次ゲームに激熱演出!?衝撃的だった4号機~スノーキー~」をご紹介させて頂きました。

 

 

どの機種も懐かしいですね。

懐かしい機種を振り返るとまた打ちたくなってきますねw

 

 

ゲームセンターで懐かしいと感じながら打ったら楽しいですよw

 

 

 

https://www.marimo0925.net/pachislot-hellosanta-natsukashiikisyu-4gouki-ban/

 

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

にほんブログ村 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました