【パチスロ】ハナビの勝ち方紹介!ホールと設定のクセを掴むだけで勝てる!?

管理人のbanです。

今回は、「【パチスロ】ハナビの勝ち方紹介!ホールと設定のクセを掴むだけで勝てる!?」をご紹介させて頂きます。

 

ハナビはホールと設定のクセを掴むと高設定が掴めます。

 

 

それではどうぞ

にほんブログ村 

 

 

ハナビの勝ち方紹介!

ハナビの勝ち方をご紹介します。

ずばり、「ホールのベース設定と設定配分」と「設定のクセを掴む」と高設定が掴めます。=勝てます。

項目内容
ハナビの勝ち方1ホールのベース設定と設定配分
ハナビの勝ち方2設定のクセを掴む

 

 

ban
ban

ホールのベース設定と設定配分、設定のクセを掴むと高設定がつもりやすい謎を解説していきます

 

管理人は、実際にこの立ち回りで、たった2か月合計6回の稼働で貯玉9000枚以上を貯めました。

 

 

ホールのベース設定と設定配分

ハナビの勝ち方その1は「ホールのベース設定と設定配分」を知ることです。

 

ハナビの設定は、設定1、設定2、設定5、設定6の4段階設定になっています。

ハナビは、ホールのベース設定と設定配分を知ることで格段に勝ちやすくなります。

 

 

管理人がおススメするホールのベース設定と設定配分は「偶数設定がメイン」で「奇数設定が少ない」です。

 

 

ベース設定が偶数設定がメイン

ベース設定が偶数設定がメインの場合、設定2がメインとなります。

 

 

ここで、大事なポイントは、強イベント以外には「設定6」はほぼ入らないと考えるようにしましょう。

 

 

弱イベントでも「設定6」を意識してしまうと、「設定2」を長く打ってしまうことになります。

強イベント以外の日は、最高設定は「設定5」と考えましょう。

 

 

ハナビは「設定2」をいかに早く見切るかが重要です。

多少強引に理由をつけても早く見切るようにしましょう。

 

 

まずは、ここで覚える大事なポイントは、3つです。

  1. 奇数と偶数を見極めていくこと
  2. 設定2と設定を見極めていくこと
  3. 自分の台以外の台も上記1と2を見極めていくこと

 

 

これで、ホールのベース設定が見えてきます。

 

奇数、偶数の見極めは、BIG中の斜め風鈴

まずは、奇数、偶数の見極めは、BIG中の斜め風鈴の確率でやっていきましょう。

BIG中の斜め風鈴の確率は以下となります。

設定BIG中の斜め風鈴の確率
奇数10.67
偶数8.26

 

1BIGは24G消化できます。

平均23G逆押しできると仮定すると、1回のBIGで斜め風鈴が引ける回数は以下となります。

BIG1回あたりでの差は小さいですね。

設定1回のBIGで斜め風鈴が引ける回数
奇数2.16回
偶数2.78回
0.62回

 

しかし、消化ゲーム数を増やして、BIG5回=115G消化した場合には、「3.26回」の差がつきます。

3.26回も差がでてくると大きいです。

設定1回のBIGで斜め風鈴が引ける回数
奇数10.78回
偶数13.92回
3.26回

 

 

最後に、ほかの台の見極め方は、両隣のBIG中のゲーム数を横目でチラ見しながら、以下2つの項目をカウントしましょう。

  1. ビタ押し後の消化ゲーム数(ビタ押しを何回目で成功したか)
  2. ビタ押し後の逆押し時の斜め風鈴の回数をカウント

※注意点:ビタ押ししていない、逆押し風鈴をカウントしていない場合には、残念ですがあきらめましょう。

 

ban
ban

奇数設定・偶数設定の見極めは、BIG中の斜め風鈴でやりましょう。

BIG消化するゲーム数が増えるほど精度がたかくなります。

 

ほかの台を横目でちらりして、大量の情報を入手してホールのベース設定配分を推測しましょう。

 

試行回数が増えれば、ベース設定が奇数なのか偶数なのかが見えてきます。

偶数設定がベースのホールを見つけましょう。

 

 

設定2と設定6の見極めは、HG(ハナビゲーム)のはずれ確率

設定2と設定6の見極め方は、HG(ハナビゲーム)のはずれ確率でやっていきましょう。

設定2と設定6では、HG(ハナビゲーム)のはずれ確率に「2.33」の差があります。

設定HGのはずれ確率
211.81
69.48
2.33

 

HGは20G固定となります。(ボーナスを引かない前提)

そうすると、1回あたりのHGではずれを引ける回数は以下となります。

HG1回あたりの差は小さいです。

設定HGではずれを引ける回数
21.69
62.10
0.41

 

しかし、消化ゲーム数を増やして、HGを100G消化した場合には、はずれ回数が「2.05回」の差がでます。

2.05回も差がでてくると大きいです。

設定HG100Gではずれを引ける回数
28.45
610.5
2.05

 

 

最後に、ほかの台の見極め方は、両隣のHG中のゲーム数とクレジット枚数を横目でチラ見しながら、以下2つの項目をカウントしましょう。

  1. 目押しをしているかどうか(目押しをしてない場合、チェリー、氷がはずれに見えてしまう)
  2. クレジット枚数(はずれがでれば、3枚必ず減る為)

※注意点:目押ししていない方の場合は、判別が難しいため、あきらめましょう。

 

ban
ban

設定2と設定6の見極めは、HGのはずれ確率で見極めましょう。

消化ゲーム数が増えるほど精度がたかくなります。

 

ほかの台を横目でちらりして、大量の情報を入手してホールのベース設定配分を推測しましょう。

 

基本は、強イベントでしか設定6は入りませんが、多くの情報を仕入れることに損はありません。

 

 

 

設定6を探すことと、設定2を早く見極めていくことは動きが違います。

 

 

設定6を探すと、偶数設定挙動をした際に設定2に惑わされて、見極めに時間がかかります。

ただ、設定2を見極めようとすると設定2の近似値の場合すぐにやめることができます。

 

 

設定6を探すのはやめて、設定2を早く見極めていくことに注力しましょう。

 

 

設定のクセを掴む

ハナビの勝ち方その2は「設定のクセを掴む」を知ることです。

 

上記でホール設定状況を見極められて、偶数設定メインのホールを見つけられれば、80点です。

あとは、弱イベント時、強イベント時に「設定配分」を認識するだけです。

 

 

設定配分が一番良いパターンと一番悪いパターンのホールさんを以下にまとめてみました。

一番良いパターンのホールさんを探しましょう。

良いパターンのホールさん内容
通常時
  • ベース設定:意識する必要なし
  • 設定配分:意識する必要なし
弱イベント時
  • ベース設定:設定2
  • 設定配分:最高設定は5(稀に6有りもOK)
強イベント時
  • ベース設定:設定2
  • 設定配分:最高設定は5と6

 

悪いパターンのホールさん内容
通常時
  • ベース設定:意識する必要なし
  • 設定配分:意識する必要なし
弱イベント時
  • ベース設定:設定1
  • 設定配分:最高設定は5(稀に6有りもOK)
強イベント時
  • ベース設定:設定1
  • 設定配分:最高設定は5と6

 

 

偶数設定がメインのホールさんの場合、奇数設定で設定1が投入される可能性は低くなります。

従って、奇数設定挙動=設定5の可能性が高くなります。

 

 

最低設定に設定1が入ってくることで、設定判別の時間がかかります。

 

 

しかし、今回紹介している「偶数設定がベース」のホールさんで立ち回ることで、最低設定のベースが設定2のため、設定判別の時間が短くすることができます。

 

ban
ban

ハナビを打つならホールさんに行って高設定を探す前に、ホールさんを選ぶ段階で高設定を絞りましょう。

 

 

ちなみに、ハナビの設定5の機械割は、105.4%です。

アイムジャグラーEX-TPの設定6の機械割とほぼ同じ機械割です。

 

 

打つひとによっては、105%なんて打てないという方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、ひとつだけ覚えてほしいことがあります。

 

 

これからくる6号機時代は、機械割「105%」をどれだけ効率よく、多くの回数打てるかが勝ち組になれるひとです。

 

 

あなたも勝ち組になりましょう。

 

ban
ban

これを覚えれば、パチスロは楽に勝てるようになります。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【パチスロ】ハナビの勝ち方紹介!ホールと設定のクセを掴むだけで勝てる!?」をご紹介させて頂きました。

 

 

ハナビはホールと設定のクセを掴むと楽に高設定が掴めます。

偶数設定ベースのホールは存在します。

 

 

是非勝てるハナビ(設定56)を見つけましょう。

 

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました