【カジノ】オンラインカジノは違法!元スロプロが徹底的に調べてみた!

管理人のbanです。

今回は、「【カジノ】オンラインカジノは違法!元スロプロが徹底的に調べてみた!」をご紹介させて頂きます。

 

 

いまは日本政府の答えは「違法」です。

 

 

【パチスロ新機種】2022年噂の新機種情報まとめ!元スロプロの採点付き!
今回は、「【パチスロ新機種】2022年噂の新機種情報まとめ!元スロプロの採点付き!」をご紹介させて頂きます。 10点を超える台は、高設定投入率が高いまたは勝ちやすい台です。積極的に10点を超える台を狙って行きましょう!

 

 

 

それではどうぞ

にほんブログ村 

 

 

 

オンラインカジノは違法!?日本政府に質問主意書がでていた!

オンラインカジノは違法なのか!?

元スロプロの管理人が徹底的に調べてみました。

 

 

2013年11月に、元民主党議員の階猛議員より質問主意書が提出されており、日本政府は国会でオンラインカジノについて、政府は、以下の解答をしています。

 

 

質問主意書の内容を要約すると、以下3つです。

質問主意書内容
問1日本国内から、インターネットを通じて、海外で解説されたインターネットのオンラインカジノに参加することは違法か?
問2海外にサーバを置いて賭博サービスを提供する業者にも、賭博開帳罪が成立するか?
問3賭博に参加する者が国内、賭博開帳者が国外に所在する場合、片方を罰する事が出来ない状態にあっても、両者による共犯関係を立証することができればもう片方の者の罪は成立するか?

*1 質問主意書とは:国会議員が政府に対して、問い合わせをする権利のこと。政府は1っか月以内に回答をしなければいけない。

*2 賭博開帳罪とは:自分の利益を図るために、自らが主宰して賭博場を開設する罪のこと

 

 

 

質問主意書の本文は以下より確認できます。

賭博罪及び富くじ罪に関する質問主意書

 

 

この質問主意書の起案者は、国会議員ではなく、国際カジノ研究所の所長「木曽崇さん」です。

木曽崇さんと弁護士さんが、当時民主党にいた「階猛議員」に依頼をして、質問主意書(*1)を国会に出していただいています。

 

 

 

2020年には、元衆議院議員の丸山穂高さんが新たに質問主意書を日本政府に提出しています。

質問本文

答弁本文

 

 

 

オンラインカジノに対して日本国政府の正式回答

上記3つの質問主意書に対しての、日本国政府の正式回答は以下となります。

 

 

日本政府の解答:違法

質問主意書 問1、問2、問3に対して、日本政府の解答は以下となります。

結論としては、「違法」と回答しています。

項目内容
日本政府解答問1、問2,問3すべて違法
理由1賭博行為の一部が日本国内において行われた場合、刑法第185条の賭博罪が成立すると考えられる。
理由2また、賭博場開帳行為の一部が日本国内において行われた場合、刑法第186条第2項の賭博開帳図利罪が成立すると考えられる。

 

 

質問主意書に対する日本政府の解答本文は以下より確認できます。

衆議院議員階猛君提出賭博罪及び富くじ罪に関する質問に対する答弁書

 

 

 

結論としては、「日本でのオンラインカジノは違法」です。

 

 

 

逮捕事例

日本政府が公式発表後に、実際にオンラインカジノで逮捕された事例もあります。

項目内容
時期2016年3月
逮捕者ネットカジノ利用者3人
→2名は略式起訴(有罪)
→1名は不起訴処分
逮捕内容自宅のPCから無店舗型のインターネットカジノで現金22万円を賭けた疑い

 

 

 

注意

インターネット賭博関連の記事では、逮捕事例について不起訴処分が1名いることから違法性は無いと主張している記事が多く見られますが、不起訴という解釈は、個別事犯に対して起訴相当性が判断されるものです。

 

 

「不起訴=一般行為としてのネット賭博が違法ではない」という解釈ではありません。

 

 

今回の不起訴に関しては、裁判に対して、逮捕するほどの資料がそろえることができなかったというのが理由であって、「違法性が無い」という解釈は間違っています。

 

 

犯罪を犯しても、以下理由から不起訴になることがあります。

項目内容
不起訴理由1逮捕者が初犯であり、猶予を設けて反省を促すとき
不起訴理由2犯罪の嫌疑(※1)が不十分の場合
不起訴理由3犯罪の成立を認定すべき証拠が不十分なとき

※1 嫌疑とは:悪い事をしたのではないかという疑いのこと

 

 

違法性は無いと謳っているのは「オンラインカジノのポータルサイト」ばかり

管理人がインターネットで「オンラインカジノ 違法」と調査したところ、検索でひっかかった記事には以下2つの共通点がありました。

項目内容
共通点1オンラインカジノ情報を取り扱うポータルサイト
共通点2「日本では違法ではない」と言い切っていない

 

 

「オンラインカジノを違法ではない」と謳っている、もしくは「日本政府は明確に違法とは言っていない」と記述している記事のほとんどが「オンラインカジノを運営しているポータルサイト」でした。

 

 

ちなみに、グーグル検索、ヤフー検索のトップページと2ページ目後半まで、20記事中18記事がオンラインカジノ情報を運営しているポータルサイトでした。

 

 

そりゃオンラインカジノ情報を運営しているポータルサイトなら違法とは言いませんよね。

危険すぎます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「【カジノ】オンラインカジノは違法!元スロプロが徹底的に調べてみた!」をご紹介させて頂きました。

 

 

結論として、日本でオンラインカジノをやる場合、現時点では「違法」です。

どれだけのそれ相応の理由を述べても、日本政府が「違法」と答弁している為、「違法」です。

 

 

法改正が無い限り、日本でオンラインカジノをやるのはやめましょう。

 

 

【パチスロ】元スロプロが教える!2/14バレンタインデーは勝てない!?過去データから徹底解説!
今回は、「【パチスロ】元スロプロが教える!2/14バレンタインデーは勝てない!?過去データから徹底解説!」をご紹介させて頂きます。 バレンタインデーは、勝てるのか!?元スロプロが過去履歴をもとに真実を解説します。

 

 

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました