EVOJapan委員長、バンドマン、eスポMC 複数の顔をもつ『ハメコ。』とは

元気ですかー!元気があれば何でもできる!
毎度おなじみbanです。

みなさんは、「ハメコ。」氏という方をご存知でしょうか?
管理人も正直eスポーツを知り始めてからも知らず、ウメハラ氏のDAIGO THE Beas TVで初めて知りました。

この方、MCでもあり、バンドマンでもあり、EVOJapan2018の委員長でもあるんです。

色んな顔をもっている『ハメコ。』氏について、今回はご紹介していきます。

それではどうぞ

『ハメコ。』氏のプロフィール

本名:金子紀幸(かねこ のりゆき)

年齢:1981年5月19日生まれ(37歳)

性別:男

愛称:ハメコ。

職業:フリーライター、イベントMC、オーガナイザー

名前の由来は本名と対戦ゲーム用語の「ハメる」をもじったもので、ゲームにのめり込むきっかけになった友人が付けた。ウメハラ選手、板橋ザンギエフ選手と同年代。

格闘ゲームをはじめたきっかけ

格闘ゲームを始めたきっかけは、小学生高学年から当時ブームになっていたスーパーファミコンでやったストリートファイターⅡだった。

鉄拳3(1997年)で本格的にやるようになり、一番勝っていた時期は鉄拳タッグ。

ハメコ。は、1997年頃配信されていた鉄拳3や鉄拳タッグなどで大活躍していたが、当時から強くなりたいもののウメハラ選手やときど選手のように一番を取りたいというモチベーションは無かった為、プロゲーマーになりたいという考えも無かった。

プロゲーマーふ~ど選手からも「やたらと強いエンジョイ勢」と言われた程の実力の持ち主。
※エンジョイ勢・・・楽しんでゲームをする人たちの事
 ガチ勢・・・一番を本気で目指す人たちの事。

小学生から『天才』!?

小学生から飛びぬけて頭が良く、小学校1年生の時に小学校6年生の勉強をしていた。

その当時飛び級制度があったら、飛び級していたというくらい頭が良かった。

また、小さい頃から文章を書くことが好きで中学生、高校生になると趣味でインターネットに攻略記事を書いていた。

当時ではまだそこまでインターネットが普及していない時にインターネットで記事を書いたり、ホームページも作っていたりした。

実は『バンドマン』!?

また、ハメコ氏。は多彩な才能を発揮し、歌やギター弾いたりと、格闘ゲーム仲間とバンド最速風神拳」を組んでおり音楽活動も行っている。

EVO Japan 2018『運営委員長』

ハメコ。氏はなんとEVOJapan2018の『運営委員長』をめている。

EVO Japan2018では複数ある4gamerとTOPANGAとGODSGARDENを組んで日本の格

闘ゲームコミュニティを統括し成功へと導いた。

格闘ゲーム『鉄拳』にはまった理由

鉄拳にはまった理由は、当時中学生だったハメコ。がゲームセンターで遊んでいた時に良くしてくれた高校生から誘われて初めて鉄拳をやった。(当時、ハメコ。はヴァンパイアセイバーをよくやっていた)

ハメコ。は動かして面白いゲーム。自由に動かせるゲームが好きで当時は、鉄拳3がそれだった。鉄拳3には無駄なコンボや、実践では使えないコンボが多くあり、それを調べたりする面白さにはまったのだと言う。

引用元:Grumpy Bear Plays 様

ハメコ。の得意なゲーム

鉄拳シリーズ

引用元:Bandai Namco Entertainment America 様

ソウルキャリバーⅤ

引用元:KusunokiYua 様

ソウルキャリバーⅤについては、ときど選手やふ~ど選手に教えていた程の実力。
また、EVO2012で優勝したデコポン選手とはガチで戦って五分五分の実力。
ちなみに、ソウルキャリバーⅤの使っていたキャラクターはティラ。

余談

格闘ゲーム以外では『ビートマニア』も得意であり、日本一うまいと言われる『LISU』氏との出会いで本気でやり始めた。

ビートマニアとは、プレイヤーはクラブのDJとなり、楽曲をサンプラーを模した5つのボタンとレコードプレイヤーを模したターンテーブルを用いて演奏するゲーム。

画面上部から落ちてくるノート(オブジェ)が画面下部の赤いラインに重なった時に対応したデバイスを操作する(押す、あるいは回す)ことで、そのタイミングの正確さに応じて「JUSTGREAT・GREAT・GOOD・BAD・POOR」の5段階の判定がなされる。

LISU氏とは、ビートマニアサードスタイルには、HELLコースという難しいコースがあったのだが、Lisu氏は簡単にクリアしてしまう程の実力者であった。

引用元:ruhua730219 様

ハメコ。がMCをやったきっかけ

最初にトーク番組のMCの依頼がきたのが、アールの部屋であった。

アール氏が体調を崩し、代役の依頼を受けたのが始まりである。

ちなみにその時のゲストは、電脳戦士バーチャロンプレイヤーのエスポワール氏で握力日本一でネット業界でも「ウェブ魚拓」というサービスを開発した会社の社長。

もう一人がニコ生主の筋肉の人がいるという回で、ハメコ。は筋肉のことは当然全く知らない為、二日前から急遽猛勉強してMCに臨んだ。しかし、この時の経験を積んだことにより、MCの仕事を引き受けるようになった。

大会実績

2006年
闘劇06 鉄拳5DR 本戦出場  
第1回マタドール杯 鉄拳5DR 3位  
第2回マタドール杯 鉄拳5DR 準優勝 

2008年
MASTERCUP.2 第2回マスター富山杯 鉄拳6 ベスト4 

2012年
ソウルキャリバー5 最強日本一決定戦 Xbox360版 準優勝

2013年
World Game Cup 2013(フランス) SCV 国別対抗戦 優勝 
TokyoGameNight “Playse #2” SCV ベスト4 

2017年
TOKYO 5on5 PARTY スト5 ベスト8 

活動実績

■2000年
アルカディア 7月号 

■2001年
アルカディア 9月号~
アルカディアムック 鉄拳4 -infinite synthesis-
アルカディアムック 鉄拳4 -ultimate synthesis-

■2002年
小学館 鉄拳4公式ガイドブック (ワンダーライフスペシャル)
アルカディアムック GUILTYGEAR XX -THE MIDNIGHT CARNIVAL-BURST ENCYCLOPEDIA

■2003年
ソフトバンククリエイティブ ギルティギア イグゼクス コンプリートガイド
ファミ通書籍 ソウルキャリバーII オフィシャルガイドブック
ファミ通書籍 ソウルキャリバーII オフィシャルコンプリートガイド
アルカディアムック SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS EXTREME ENCOUNTER
ソフトバンククリエイティブ ギルティギア イグゼクス #RELOAD コンプリートガイド

■2004
ファミ通書籍 鬼武者 無頼伝 公式ガイドブック
週刊ファミ通(モンスターハンターの攻略など)
アルカディアムック GUILTY GEAR ISUKA OUTLIVE ENCYCLOPEDIA
IIDX visual works vol.2(ブックレット担当)
ソフトバンククリエイティブ ギルティギア イスカ テクニカルガイド
アルカディアムック UNDOCUMENTED THE RUMBLE FISH ~だれも知らなかったT.R.F.~
ソフトバンククリエイティブ ギルティギア イスカ コンプリートガイド
ファミ通PS2 10月号辺り(天誅 紅など)
株式会社グッドクール IIDX バイブル
アルカディアムック CAPCOM FIGHTING Jam ADVANCED GUIDE

■2005
ファミ通XBOX 1月号(HALO2を担当)
アルカディアムック 鉄拳5攻略本 質実剛拳
ファミ通Xbox HALO2 パーフェクトガイド
ソフトバンクパブリッシング 鉄拳5 パーフェクトガイド
鉄拳5 オフィシャルコンプリートガイド
アルカディアムック ネオジオ バトルコロシアム マスターズガイド
闘劇魂 vol.1
アルカディアムック ギルティギアイグゼクススラッシュビートエンサイクロペディア
ファミ通書籍 ソウルキャリバーIII スターティングガイドブック
闘劇魂 vol.2

■2006
鉄拳5 DARK RESURRECTION 攻略本 拳魂一擲
ファミ通書籍 ソウルキャリバーIII ファイナルガイドブック
闘劇魂 vol.3
ファミ通書籍 戦国BASARA2 公式ガイドブック
闘劇魂 vol.4

■2007
アルカディアムック GUILTY GEAR XX ΛCORE BREAK ENCYCLOPEDIA
ARCANA HEART HEARTMATIC COLLECTION
闘劇魂 vol.5
闘劇魂MAX 鉄拳5 DARK RESURRECTION 軍総杯SPECIAL
ソフトバンククリエイティブ ギルティギア イグゼクス アクセントコア コンプリートガイド
闘劇魂 vol.6
アルカディアムック KOF マキシマム インパクト レギュレーション “A” ポジティブ ワークアウト
アルカナハート ガイドブック
闘劇魂 vol.7
「eスポーツ日韓戦」鉄拳5DR部門実況解説担当

■2008
ファミ通Xbox360 HALO3 パーフェクトガイド
闘劇魂 vol.8
アルカディアムック 鉄拳6 攻略本 上巻 初志貫鉄
アルカディアムック 鉄拳6 攻略本 下巻 鉄頭鉄尾
闘劇魂 vol.9
闘劇魂 vol.10
ソフトバンククリエイティブ ソウルキャリバーIV パーフェクトガイド

■2009
KILLZONE 2 公式ガイドブック
メルティブラッド アクトレスアゲイン 公式コンプリートガイド
静岡マルハン系列店舗でのIIDXイベント企画運営
ギアーズ オブ ウォー 2 パーフェクトガイド
ソウルキャリバー Broken Destiny コンプリートガイド
Halo 3: ODST パーフェクトガイド
鉄拳6 パーフェクトガイド

■2010
ゴッドイーター ハンティングガイド
ゴッドイーター ファイナルコンプリートガイド
スプリンターセル コンヴィクション パーフェクトガイド
ゴッドイーター ダウンロードミッション コンプリートガイド
iPhone ゲームガイド
バーチャファイター5 ファイナルショーダウン マスターズガイド
ついった! -4コマで楽しむとなりのTwitter-
Halo: Reach パーフェクトガイド
電脳戦機バーチャロン フォース マスターズガイド

■2011
ファミ通エクストリームエッジ(COD:BO担当)
SUPER STREET FIGHTER IV ARCADE EDITION 鍛練の書
キルゾーン3 公式ガイドブック
ファンタシースターポータブル2インフィニティ パーフェクトバイブル
4Gamer.netでゲーム関係記事の執筆をスタート
ボカロPlus Vol.1(インタビュー担当)
鉄拳タッグトーナメント2 拳怒重来

■2012
ソウルキャリバーV キャリバー勢 vs. 他ゲー勢 10on10企画・選手など
Evolution 2012 現地取材担当
闘劇’12 鉄拳タッグトーナメント2アンリミテッド部門 実況 / ソウルキャリバーV部門 解説

■2013
Evolution 2013 現地取材担当 (あと何故かニコニコ生放送での日本向け配信にて、大乱闘スマッシュブラザーズDX部門での解説を担当)

■2014
EVO開幕直前「ウルトラストリートファイターIV」座談会 執筆担当。(欧米格闘ゲームシーンへのフリーライドが気になっていたため)英語版を同時掲載する試みを行う。
Evolution 2014 現地取材担当
GULTY GEAR Xrd -SIGN- 公式攻略Wiki 構成・執筆担当 
Capcom Cup 2014 現地取材担当

■2015
プロゲーマー梅原大吾だけど質問ある?/KADOKAWA工場見学ツアー MC出演
アールの部屋 ときど×片上大輔六段 MC担当
Evolution 2015 現地取材担当
鉄拳7 THE KING OF IRON FIST TOURNAMNET 2015 実況・解説
プロゲーマー梅原大吾だけど質問ある? 2nd/KADOKAWA工場見学ツアーMC出演
Capcom Cup Finals 2015現地取材担当

■2016
League of Legends パッチノートの日本向けリライトを担当
アールの部屋特別編 金爆『歌広場 淳』は本当に格ゲーガチなのか!? MC担当
ストリートファイターV CPT Premiere 日本語配信解説を担当したりしなかったり
Evolution 2016 現地取材担当
EVO Japan運営委員長に就任
Capcom Cup Finals 2016現地取材担当
鉄拳7FR THE KING OF IRON FIST TOURNAMENT 2016 実況・解説

■2017
Daigo The BeasTV カラオケ大会 準優勝
第6期TOPANGA LEAGUE 実況解説担当
賽 [sai] 運営担当
Red Bull Kumite 2017 日本語配信解説担当
RAGE VOL.4 SFV 解説担当
EVO2017 鉄拳7及びSFV日本語配信実況解説担当
「ゲームがスポーツになるときーー eスポーツにおける情報と身体」登壇
「1億人の大質問!? 笑ってコラえて!」微妙に映像が使われる
Red Bull Tower of Pride 解説担当
鉄拳7 5on5 MASTERCUP.9 実況解説担当
Capcom Cup 2017現地取材担当

■2018
EVO Japan 2018 運営、鉄拳7及びSFVコメンテーターなど担当
石井プロディナーショー ? LOLプレイスメントマッチ2018 ? MC、 ラヴ・イズ・オーヴァー担当
TOPANGA就活準備講座 MC担当
獣道弐 たぬかな vs. ゆうゆう 実況解説担当、ときど応援会場実況解説担当
ALIENWAREZONEにて「対戦格闘ゲーム大会「EVO Japan」は何を目指したのか!? 大会運営委員長「ハメコ。」氏に聞く」掲載
アフター6ジャンクション ビヨンド・ザ・カルチャーコーナー出演
アフター6ジャンクション 「21世紀の新しい文化になる…のか? eスポーツの今と、ちょい未来を考える特集」出演
Red Bull Kumite 日本予選実況解説担当
Team PerfectBodyのSupportを担当
アフター6ジャンクション ビヨンド・ザ・カルチャーコーナー出演
RAGE ストリートファイターV ALL-STAR LEGAGUE 実況解説担当
OpenRecによるCapcom Pro Tourプレミア大会日本語放送「CEO2018」出演
eSports Revolution出演

eスポーツ関連のおすすめ記事

おすすめ記事1

⇨梅原大吾 プロフェッショナルに出た日本人初プロゲーマーの歩みとは

おすすめ記事2

⇨情熱大陸にも出演した!EVO2017優勝者ときどの優勝履歴 まとめ

まとめ

  1. ハメコ。氏の職業は、フリーライター、MC、オーガナイザー、EVOJapan2018の運営委員長でもある。

  2. 小学生の時から優等生だった。

  3. 得意ゲームは、『鉄拳シリーズ』と『ソウルキャリバーⅤ』と『ビートマニア』

  4. 趣味で『最速風神拳』というバンドを組んでいる。

最後まで御覧頂きありがとうございます。
次回も是非ご覧頂ければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする