龍が如くオンライン配信記念 龍が如く全シリーズ ストーリー紹介  

元気ですかー!元気があればなんでもできる!

まいどおなじみbanです!

大人気ゲーム『龍が如く』が遂にスマホゲームに参入です!2018年11月21日に配信され、11月27日時点で既に100万ダウンロードを超えました。

そこで今回は、『龍が如くオンライン』アプリ配信を記念しまして、龍が如く過去シリーズ全てのストーリーについてご紹介させて頂きます。『桐生一馬』、『澤村遥』、『真島吾郎』とは一体どんな人物なのか、どんな経歴なのか。ストーリーを知って一度プレイしたら龍が如くワールドにハマります。

それではどうぞ

龍が如くシリーズ 

龍が如く(プラットフォーム:PlayStation 2)

~STORY~

親友と愛する女のために親殺し(組長殺し)の罪をかぶり、懲役10年の刑を終えて神室町に戻ってきた主人公「桐生一馬」は母を捜す少女と出会う。その少女「遥」は、かつて桐生が所属していた関東最大の広域暴力団「東城会」から盗み出された、100億円の鍵を握るといわれ、様々なヤクザ勢力に狙われていた。遥を守るために戦う桐生は、戦いの中で「人として生きることの意味」を見出すこととなる。

キャラクター名 画像

桐生一馬(きりゅうかずま)

数々の伝説から「堂島の龍」や「伝説の龍」、「伝説の極道」と呼ばれる元ヤクザ。堂島組長が由美を拉致されて『錦山』が助けに行ったことを知り、現場へ向かったが堂島は既に錦山にやられていた。錦山に病床の妹がいることを知っていたために錦山の自首を止めて彼の身代わりとなる。逮捕後は懲役20年の判決を受けたことで刑務所に10年服役して親(組長)殺しの罪を被った。

錦山 彰(にしきやま あきら)

東城会直系堂島組の元若衆で、東城会直系錦山組組長。交友関係が広く処世術に長け、組で出世することを狙って積極的に動いてはいたものの周囲からは常に桐生と比較されており、自身は桐生ほどの器がなくさしたる経歴もないため組に媚を売る事しか出来ない男として見下されていたためにコンプレックスを感じていた。

澤村 由美(さわむら ゆみ)

桐生や錦山と共にヒマワリで育った親友で、二人の妹的存在。34歳。二人が東城会に入った後は短大を卒業後に独立して、神室町で立身するためにセレナでホステスとして働いていたところを東城会の大幹部である堂島宗兵によって拉致される。

澤村遥(さわむらはるか)

かつて桐生達が育った養護施設である「ヒマワリ」に預けられて育つが当時9歳に母である美月の姉を名乗る由美の手紙を見て母を捜すためにヒマワリを隙を見て抜け出し、神室町のバー「バッカス」で桐生一馬と出会う。

真島 吾朗(まじま ごろう)

「嶋野の狂犬」と呼ばれる。ノリの良い人懐こさの裏に凶暴性を秘めた極めて危険な人物で、敵だけでなく子分達にも暴力を振るうが、子分達に手を上げるのは場の空気を読まない行動をしたり、筋の通らない真似をした時などの子分達に非があった場合のみで、普段は子分達からは慕われている。

龍が如く2(プラットフォーム:PlayStation 2)

~STORY~

東城会と消えた100億円事件の1年後、堅気となった桐生一馬は、澤村遥と幸せな日々を送っていた。しかし、弱体化した東城会吸収を狙う近江連合は関東進出へ向けて抗争の準備を着々と進めている。五代目会長である寺田行雄は桐生にこの危機を乗り越える相談を行った矢先に近江連合の凶弾に倒れる。

桐生は寺田の意思を引き継ぎ、東城会を救うべく神室町へと戻ってくる。そして、抗争を阻止すべく寺田から託された書状を手に関西へと向かう。平和的解決を目指したが、そこに「関西の龍」と呼ばれる近江連合直参郷龍会会長、郷田龍司が立ちはだかった。そして東城会に秘められた過去の「語られぬ事件」。26年の時を経てその復讐も同時に進行する

 

キャラクター名 画像

桐生一馬(きりゅうかずま)

堅気になり、横浜で遥と共に平和な日々を送っていたが、風間達の墓参りに来ている中で五代目会長である寺田から東城会と近江連合の一触即発の危機を乗り越える相談を受けた矢先に近江連合の凶弾に倒れたことで寺田の意思を引き継ぎ、東城会を救うために神室町へと向かい、抗争を阻止するために堂島宗兵の息子である堂島大吾と共に寺田から託された書状を手に盃交渉に関西へと向かう。

澤村遥(さわむらはるか)

由美達の墓参りの最中に桐生の跡を継いだ寺田行雄が100億円事件で自分自身を攫おうとした近江連合に殺害(後に影武者であることが明らかになる)され、桐生が新たな戦いに挑むことを悟ったことで自分が元居たヒマワリで桐生の帰りを待っていたが、1週間後に千石虎之介率いる千石組に拉致され、更には人質にされたところを桐生と近江連合の郷田龍司に助けられる。

郷田龍司(ごうだりゅうじ)

父の組織であった真拳(ジングォン)派が東城会に襲撃され、母の鄭秀淵(ジョン・スヨン)と共に巻き込まれるが、襲撃事件の担当刑事であった瓦次郎に保護されて大阪に渡り、そこでスヨンと共に五代目近江連合会長の郷田仁の支援を受ける。その後は郷田に引き取られて郷田龍司を名乗る。

龍が如く3(プラットフォーム:PlayStation3、4)

~STORY~

近江連合と東城会の抗争事件から数日後。桐生一馬は狭山薫と別れ、沖縄で養護施設を営むため澤村遥とともに東京を発つ。そして養護施設アサガオで孤児の子供たち8人と平穏な日々を送っていた。

しかし1年後、沖縄にある問題が押し寄せる。米軍基地増加計画とリゾート開発計画。それに関わる東城会と二人の政治家の存在。市民の反対が増加する中、アサガオにも土地買収の問題が発生する。土地の所有者である地元極道組織・琉道一家とのいざこざ。それが徐々に国家規模の計画と繋がっていく。しかし、大吾の力もあって事態はひとまず落ち着き、桐生たちにもまた平和が戻ってくる。

さらに1年後の2009年3月、琉道一家組長・名嘉原茂と、東城会六代目会長・堂島大吾が謎の男に銃撃され倒れる。これにより止まっていた計画が再び動き出す。そしてその犯人が風間新太郎にそっくりだったことに衝撃を覚える桐生。そして頭を失った東城会では跡目と桐生復帰をめぐって幹部たちが抗争を繰り広げ始めていた。桐生は謎の男と事件の真相を確かめるため、そして沖縄やアサガオのため、一人で巨大な陰謀に立ち向かって行く。

 

キャラクター名 画像

桐生一馬(きりゅうかずま)

真拳派や近江連合神室町侵略後(当時38歳)に寺田や風間らの墓参りで狭山と再会し、別の道を歩むことで狭山と東城会に別れを告げて真島に東城会や大吾の事を任せて沖縄に渡り、恩師の風間と同じように養護施設「アサガオ」を営んで遥や施設の子供達と穏やかな生活を送っていたが、それから半年後に沖縄の極道である琉道一家から突如立ち退きを迫られる。

澤村遥(さわむらはるか)

真拳派と近江連合による神室町侵略事件後の2007年1月(当時10歳)に桐生と共に沖縄で養護施設「アサガオ」を営み、穏やかな生活を送っていた時に琉道一家から立ち退きを迫られる

風間新太郎(ふうましんたろう)

東城会直系堂島組若頭で、堂島組内風間組組長であり、かつては天才的な銃の腕を持つ凄腕の元ヒットマンでもあった。60歳。二挺拳銃と軽い身のこなしでターゲットを次々と亡き者とし、「東城会の殺し屋」と呼ばれていた。

龍が如く4(プラットフォーム:PlayStation 3)

~STORY~

舞台はアジア最大の歓楽街である東京・神室町。時は2010年3月1日、深夜24時05分。この街では日常茶飯事である二つの同時事件。東城会系の弱小組織である金村興業のシマで起きたチンピラ同士の些細な抗争と発砲事件。発砲事件で射殺されたのは東城会と親戚関係にある組織、上野誠和会の男だった。

事件の収拾に奔走する金村興業の若衆たちだったが、その最中に金村興業の組長が何者かに殺害される。神室町ではよくある極道組織の小さな抗争事件だったが、それはある計画の伏線に過ぎず、事件を皮切りに露になる、野望を秘めた男たちの本性。金と権力、地位と名誉。剥き出しとなった欲望が、激しくぶつかり合う。

キャラクター名 画像

桐生一馬(きりゅうかずま)

沖縄で遥やアサガオの子供達と平穏な日々を送っていたが、脱獄して浜辺に流れ着いた冴島大河と遭遇し彼の真意を知り、神室町までの資金や衣服を提供する。その後に冴島と同じく脱獄してアサガオに辿りついた浜崎によって明かされた数年前の100億円事件の真実や冴島大河の妹である冴島靖子との出会いにより神室町へ向かうことを決心する。

澤村遥(さわむらはるか)

2010年3月(当時13歳)に浜辺に流れ着いた冴島大河を発見し、桐生と共に手当をした。その後、遅れて着いた浜崎に対しては1年前に桐生を刺したことから激しく嫌悪し、更には浜崎を信じるという桐生に対しても反抗する

秋山駿(あきやましゅん)

神室町の消費者金融である「スカイファイナンス」の代表取締役で、キャバクラである「エリーゼ」のオーナー。普段は冗談を交えて陽気に振舞ったりと気さくで顔が広く、店の店長からホームレスに至るまで様々な人間に知られている。一方で、金銭には特別な思い入れがあるために金銭を軽蔑する、あるいは間違った見方をする者には厳しい対応を取ることがある。

冴島大河(さえじまたいが)

12歳のときに両親を亡くし、少年時代に義理の妹である冴島靖子の病を治療するために靖子の実父に金を要求され、そのために喧嘩に明け暮れて金を奪う行為を続けていたが、東城会系笹井組の笹井組長に返り討ちに遭い、事情を知った彼の助力で靖子の病は完治する。その恩義から以後は笹井組に若衆として所属する。

谷村正義(たにむらまさよし)

警視庁神室署生活安全課所属の刑事。29歳。服装はだらしなくネクタイを巻いてシャツやスラックスの上に青いジャンパーを羽織ったラフな恰好をしている。仕事に関しては勤務中に競馬中継を聞いたり、雀荘に入り浸るなど勤務態度は悪く、違法風俗店から賄賂を取るなどの汚職を公然と行うことから「神室町のダニ」と蔑まれているが、その金を使って身寄りのない孤児達の支援をしている。

龍が如く5(プラットフォーム:PlayStation 3)

~STORY~

舞台はアジア最大の歓楽街である東京・神室町。時は2010年3月1日、深夜24時05分。この街では日常茶飯事である二つの同時事件。東城会系の弱小組織である金村興業のシマで起きたチンピラ同士の些細な抗争と発砲事件。発砲事件で射殺されたのは東城会と親戚関係にある組織、上野誠和会の男だった。

事件の収拾に奔走する金村興業の若衆たちだったが、その最中に金村興業の組長が何者かに殺害される。神室町ではよくある極道組織の小さな抗争事件だったが、それはある計画の伏線に過ぎず、事件を皮切りに露になる、野望を秘めた男たちの本性。金と権力、地位と名誉。剥き出しとなった欲望が、激しくぶつかり合う。

 

 
キャラクター名 画像

桐生一馬(きりゅうかずま)

遥がアイドルを目指す事を決意し、自身の元極道というプロフィールが遥のアイドル生活に支障をきたす恐れがあるためにアサガオを離れる。その後は移住先の福岡の「永洲街」で荒れていたところを「永洲タクシー」の社長である中嶋洋太郎に目を掛けられ、タクシー運転手として働くことになるが、別人を装うために「鈴木太一」という偽名を使うようになる。

澤村遥(さわむらはるか)

2012年4月(当時15歳)に高校一年生となり、これまでアサガオで暮らしていたが、大阪の芸能事務所「ダイナチェア」の社長である朴美麗から秘められた才能を見出されてスカウトされ、アイドルデビューを目指して上阪する

冴島大河(さえじまたいが)

東城会や自分自身の人生を再び歩むために身を洗うことを決意し、先述の「傷害罪」の贖罪を目的に懲役3年の実刑に服することを決め、網走にある刑務所に自ら収監される(懲役刑のため頭髪が坊主になっている)。その後は長らく模範囚としての日々を過ごしていた。

品田 辰雄(しなだたつお)

性風俗分野のルポライターとして口に糊をしている元プロ野球選手。神室西高校卒業後に名古屋ワイバーンズにドラフトで下位指名されてプロ入りした経歴を持つ。その後、4年間のファーム生活を経て一軍に初登録され、代打として登板した初打席でホームランを打ち一躍時の人となるかと思われたが、その試合でサインを盗んで野球賭博に関与したという嫌疑をかけられ、プロ野球界からの永久追放処分を受けた事で事実上の引退となった。

 
 
 

龍が如く6(プラットフォーム:PlayStation 4)

~STORY~

2010年3月、東城会と上野誠和会の抗争事件は警察上層部の陰謀を暴く意外な形で終結した。東城会六代目会長・堂島大吾はこの一連の事件の後、東城会の若返りを推進し、最大の懸念であった近江連合と五分の盃を交わすことで、盤石な体制を築きつつあった。

しかし、時は流れ2012年12月、七代目近江連合会長の危篤の凶報が届く。近江七代目の死は東城会と近江連合との均衡を破り、「東西全面戦争」へと発展する。急遽、組織の強化を迫られた東城会は、福岡・札幌・名古屋各都市の組織と手を組むという禁断の決断を下すが、全国の極道組織を巻き込んだ一大戦争計画は「一人の男の死」によって、始まろうとしていた。

東城会という大きな山が動くことで、方々に散った「眠れる男」たちは、自らの信念、そして一人の少女の「夢」のために、再び目を覚まし、戦いの渦へと飛び込んでいく。

 

 
キャラクター名 画像

桐生一馬(きりゅうかずま)

東城会と近江連合の全国の極道組織を巻き込んだ一大抗争で出血多量の怪我を負うが、遥に発見されたことで病院に搬送されて一命を取り留める。その後は入院中にかつての経歴から東城会側の代表として警察に暴行傷害及び器物破損の罪で逮捕される。それでも子供達と幸せな暮らしを迎えるために2013年6月(当時45歳)に過去の清算として自ら刑務所に収監される。

澤村遥(さわむらはるか)

芸能界を引退した後は沖縄に戻り、再びアサガオで暮らしていたが、ある日にネットで桐生及び自身に対する非難中傷の書き込みを見てショックと悲しみに打ちひしがれ、自身がアサガオにいることで迷惑がかかることを悟って2013年12月(当時17歳)に広島の「尾道仁涯町」に失踪する。

広瀬徹(ひろせとおる)

尾道仁涯町の寂れたスナック街を縄張りとしている構成人数5人ほどの弱小組織だが、組織内の規律のようなものは一切なく組員達はいずれも家族のように接し合っており、信頼関係は厚い。

 
 
 

龍が如く0(プラットフォーム:PlayStation 4)

 
~STORY~

「龍が如く」より17年前の1988年。この物語は、「堂島の龍」「嶋野の狂犬」という二つの伝説が生まれるまでの物語である。

バブル景気の影響を受ける東京の歓楽街・神室町。桐生一馬は恩師の後を追って関東最大の暴力団「東城会」の「堂島組」に入ったものの、とりわけ夢や希望はなく、借金取りのアルバイトで食いつなぐ生活をしていた。

大阪の歓楽街・蒼天堀。東城会の「嶋野組」に属していた真島吾朗は組織に逆らった罰として極道社会から追放され、関西最大の暴力団「近江連合」の「佐川組」に一般人として監視されて生きる事になり、赤字続きのキャバレー「グランド」の支配人を任される事になる。グランドを黒字経営に戻した事で「夜の帝王」と社会的承認を受けるも、刑務所に入った兄弟分の帰る場所を作る為に極道への復帰を望んでいた。

神室町では堂島組が「神室町21世紀再開発計画」で行われる巨大商業施設「ミレニアムタワー」建設の利権獲得の為に100億円以上をかけて周辺の土地買収を行っていたが、その中に「カラの一坪」という土地が発見され、その土地の所有者から所有権を手に入れなければ計画を実行できないという問題を抱えていた。

桐生と真島はカラの一坪を巡る抗争に巻き込まれ、同じく巻き込まれた一人の盲目の女性を守る事になる。

 

 
キャラクター名 画像

桐生一馬(きりゅうかずま)

東城会直系堂島組若衆。当時20歳に神室町の路地裏で借金の取り立てを行ったが、取り立てた相手が射殺されてしまったことが原因で窮地に立たされてしまい、更にはその矛先は恩人の風間にも向けられることになったために、堂島組を離脱することを決意する。その後、錦山や風間組の柏木修の反対を押し退けて堂島組事務所に赴き、一騒動を経て組長である堂島宗兵から破門を言い渡される。

真島 吾朗(まじま ごろう)

上野吉春襲撃の件で組織の命令に逆らった罰として拷問部屋の「穴倉」で行われた拷問を一年間耐え抜き、1986年(当時21歳)に嶋野組(1987年に直系組織に昇格している)の組長である嶋野太により外に出されるも極道社会から追放され、嶋野の代紋違いの兄弟分である近江連合直参佐川組組長の佐川司の監視下に置かれる。その後は一般人として蒼天堀のキャバレー「グランド」の支配人に任ぜられ「夜の帝王」と呼ばれるまでになる。

広瀬徹(ひろせとおる)  
 

龍が如く極(プラットフォーム:PlayStation3、4)

 
龍が如くリメイク版
 
 

龍が如く極2(プラットフォーム:PlayStation3、4)

龍が如く2リメイク版
 
 

龍が如く 維新!(プラットフォーム:PlayStation3、4)

~STORY~

日本という国が大きく変わろうとしていた時代、幕末。

攘夷や倒幕という理想実現のため、大勢の志士たちが京に集まる中、世の中を変えるためでもなく、ただ復讐のためだけに生きる一人の男がいた。その名は「坂本龍馬」。恩師の仇を捜すべく、素性を隠し京の街に潜伏する彼が行きついた先は、壬生狼と恐れられる最強の人斬り集団「新選組」だった。

龍馬は己の名を捨て「斎藤一」という偽りの名で、死と隣り合わせの潜入を決意する。時代を駆け抜けた英雄・坂本龍馬、もう一つの伝説が今始まる。

 

 
キャラクター名 画像

坂本龍馬(さかもとりょうま)

土佐の現状を目の当たりにして上級武士に楯突いたことで獄に入れられてしまうが、自らの育て親である吉田東洋と再会を果たして脱獄し、同じ境遇を持つ兄弟分である武市半平太に会うように告げられる。その後、それがきっかけで土佐藩へのクーデターに参加することになるが、クーデター前夜に謎の覆面男に東洋が殺害され、東洋殺害の濡れ衣を着たまま土佐を抜け出す。

おりょう

龍馬が定宿とする京でも指折りの船宿「寺田屋」に住み込みで働く器量よしの女中。親が幕府の役人に斬られたことで簡単に人を斬る新選組に憎悪を抱いており、また彼らを人殺しだと嫌っている。

西郷吉之介(さいごうよしのすけ)

薩摩藩軍賦役。身分を偽るために公の場では大坂弁を使っている。戦闘では大振りな拳打ちや豪快な投げ技、体当たりなど力任せな攻撃を得意とする。銭湯で龍馬と初めて会い、祇園で彼に酒を奢る。

 

龍が如くクロヒョウ(プラットフォーム:PSP)

~STORY~

神室町に1人の少年がいた。少年の名は、「右京龍也」。「力こそがすべて」と信じ、暴力だけで生きていた少年は、高校中退後、神室町でケンカに明け暮れる日々を過ごしていた。2010年9月。ある雨の日、龍也は中国系の闇金を襲うという大胆不敵な計画を画策する。この計画にあまりに無謀すぎると言い仲間たちが離れる中、彼は単身襲撃を試みる。しかし、そこにいたのは関東ヤクザを仕切る一大組織、東城会の直系九鬼組幹部・戸田直樹だった。

龍也に襲いかかる戸田。だが、龍也は戸田を圧倒。野獣のごとき強さで戸田を叩きのめした。勝利の高笑いをしていた龍也だったが、気がつくと戸田は血を流して息絶えていた。極道の幹部殺害により、東城会、警察に追われる身となった龍也は、神室町から逃亡しようとするが、九鬼組の組長・九鬼隆太郎に捕まり、とある場所に連れて行かれる。そこは、九鬼組が運営する非合法闘技場「ドラゴンヒート」であった。

九鬼から「ドラゴンヒートで10連勝すれば、戸田殺しを見逃す」という条件を突き付けられた龍也。それは、自由を奪われた少年の宿命であり、彼に選択の余地はなかった。ただ勝ち続けること。己の拳で運命を切り開くために、右京龍也は戦いの舞台に上がる。

キャラクター名 画像

右京龍也(うきょうたつや)

サイドをコーンロウに編み上げ、襟足の長いオールバックの髪型に背中に黒豹があしらわれた黒いジャージ(ドレスキャンプ製)が特徴で、未成年ながら喫煙習慣がある。若いゆえの無鉄砲さによる敗北や受傷が目立つものの、後に「神室の狂龍」の異名で呼ばれるほどの喧嘩の実力は本物で、十数人の不良やヤクザ、自身より大柄なプロ格闘家と真っ向勝負で打ち勝つほどである。

九鬼隆太郎(くきりゅうたろう)

東城会直系九鬼組組長。東城会きっての頭脳派で、地下格闘場などの興行系のシノギに関しては東城会の幹部らからも一目置かれている。また、口約束であろうと決して軽んじないといった男気ある面も持つ。

竹中 省三(たけなかしょうぞう)

警視庁神室署少年課刑事で、15年前までは捜査一課の刑事であり、鷲尾の上司でもある。龍也が起こした傷害事件を担当しており、少年院行きとなった龍也に手錠をかけたために仮出所した龍也を探す一方で、15年前に解決できなかった時効寸前の放火事件を鷲尾と共に追う。

戸田直輝(とだなおき)

九鬼組幹部。表向きは中華料理店「趙楽」のオーナーでありながら、裏稼業で闇金融も営んでいる。非常に用意周到な性格で、取引や他人の会話を録音する癖があり、またそれらのことを部下にも話していない。また、大学時代は空手で関東を制しており、その強さは九鬼隆太郎からも認められている。

右京 冴子(うきょう さえこ)

龍也の姉。チャンピオン街のスナック「スカーレット」で働き、家計を支えている。両親と死別して右京家の養子となり、数年後は幼かった龍也と共に右京家を出て神室バッティングセンター近くにあるアパートを借りて以来は一緒に住んでいる。

 

龍が如くクロヒョウ2(プラットフォーム:PSP)

~STORY~

かつてドラゴンヒートで前人未到の10連勝を成し遂げた「右京龍也」。さらなる強さを追い求めた彼は単身日本を飛び出し、アメリカの地下格闘場で武者修行を続けていた。

新天地のアメリカでも圧倒的な強さとスター性を発揮し続けた龍也。そんな折、日本のボクシングジム会長にボクシングの才能を認められ、プロボクサーとしてデビューするチャンスを手に入れる。

自らの拳で輝かしい将来への第一歩を切り開いたはずの龍也だったが、心は満たされておらず苛立ちを感じていた。頭の整理がつかぬままプロデビューのため帰国の途に就き、誘われるように故郷・神室町に足を向けた。

神室町は変わらずきらびやかで、欲望と権力が渦巻く様を見せていた。そこで龍也は、路地裏でチンピラに絡まれている一人の少年を助ける。少年はドラゴンヒートの若きファイターであった。

ドラゴンヒートの名を聞き、自分の中で忘れかけていたものを思い出す龍也。

そのドラゴンヒートが大阪・蒼天掘の地下格闘団体「阿修羅」の神室町進出により、壊滅の危機に陥る。

龍也は、新たにできた仲間たちのため、そしてかつて自分のすべてを懸けて戦っていたドラゴンヒートを守るため、輝かしい将来を捨て、再びドラゴンヒートのリングに上がる決意をする。

その裏で、神室町全体を巻き込む巨大な野望が動き出していた。

 

 

キャラクター名 画像

右京龍也(うきょうたつや)

武者修行のために渡米し、ラスベガスの地下格闘場で連勝を重ねていたが、剛拳ジムの椎名会長にスカウトされ、日本でのプロボクサーデビューのチャンスを手に入れて神室町に戻ってきた。

坂本 信司(さかもと しんじ)

ドラゴンヒートの若きファイター。17歳。ボクシングの元世界ランカーに食い下がって打ち倒すほどの実力を持ち、普段は九鬼組から紹介された清掃のアルバイトで生計を立てながらプロのキックボクサーを目指している。

八代 誠(やしろ まこと)

ドラゴンヒートの若きファイターで、4人の中でのリーダー格。17歳。ルックスが良く、劇中でも女性から容姿を褒められることが多いが、本人はあまり女性に免疫がない。

三上 優太(みかみ ゆうた)

ドラゴンヒートの若きファイター。実家は神室町のパチンコ店で、経済的に豊かな環境で育ったためにやや甘えの強いところがあるが、根は実直。龍也に強い憧れを持っており、服装や髪型も彼を意識している。

斉藤 保(さいとう たもつ)

ドラゴンヒートの若きファイター。4人の少年の中では一番大柄で、龍也よりも背が高い。16歳。小学生時代からいじめを受け続けた影響からか、優しくも弱気な面が目立つ性格。

九鬼 隆昌(くき りゅうしょう)

『クロヒョウ』に登場した故・九鬼隆太郎の息子で二代目九鬼組組長。26歳。女好きで普段は飄々とした態度を取るが、二岡の杜撰な経営で寂れたドラゴンヒートを見かねて私財を投げ打って買い戻し、若者達が競い合う場へと立て直すなど父同様に格闘技への愛着と情熱的な魂を持ち、行き場のないドラゴンヒートの若きファイター達からも慕われている。

 
 
 

おすすめ記事

龍が如く ONLINE

龍が如く ONLINE
開発元:SEGA CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

おすすめ記事1

☞龍が如くオンライン 配信6日で100万DL大好評!面白ポイント徹底解説

 
おすすめ記事2

おすすめゲーム

THE KING OF FIGHTERS '98UM OL

THE KING OF FIGHTERS ’98UM OL
開発元:Ourpalm Co.
無料
posted withアプリーチ
 
 
ロマンシング サガ リ・ユニバース

ロマンシング サガ リ・ユニバース
開発元:SQUARE ENIX Co.,Ltd.
posted withアプリーチ
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?龍が如く過去シリーズ全てのストーリーについてご紹介させて頂きました。ストーリーを知ったうえでプレイしたら龍が如くワールドにハマります。管理人おすすめゲームです。

最後まで御覧頂き有難うございました。

次回も是非ご覧頂ければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする