定期券をお得に買う方法とは?VlewSuicaカードで買って1万円受け取ろう!

元気ですかー!元気があればなんでもできる!

まいどおなじみbanです。

みなさんは、定期券はクレジットカードで購入してますか?現在、現金で購入している方はクレジットカードで購入することをおすすめします。JRを利用する方は非常に多いと思います。ただ現金で定期券を購入していなんてすごく勿体ないことをしていますよ。JRの利用頻度が高い人に関しては、年間1万円~2万円をタダで受け取れるチャンスを捨ててることになりますよ。

サラリーマンの方、学生さんには絶対におすすめです。

それではどうぞ

定期券はVlewSuicaカードでお得に買うべし

VlewSuicaカードは、カードを利用することでポイントが貯まります。貯めたポイントは「Suicaへの交換」や「商品券・クーポン」「商品への交換」が可能です。

VlewSuicaカードの特長

  • 1,000円につき、通常5ポイント(5円)受け取れる。
  • 定期券として使用することができる。
  • 定期券購入、オートチャージでポイント3倍のお得なボーナスがつく。
  • Suicaへの交換、商品券・クーポン、商品への交換が可能。
  • 紙媒体の明細⇨WEB明細にすることで月20ポイント(50円)受け取れる。

ポイント3倍のお得なボーナスがつく条件

以下の条件でカードを使用した場合、ポイント3倍のお得なボーナスがつきます。是非積極的に狙って購入しましょう。

  • 乗車券、定期券、回数券、特急券(JR東日本みどりの窓口や券売機で購入した場合
  • JR東日本国内ツアー(一部対象外あり
  • Suica定期券、Suicaカード
  • ビュー・スイカカードでのSuicaチャージ
  • オートチャージ
  • モバイルSuicaまたはSuicaアプリケーション内での購入・利用

VlewSuicaカードのポイントを交換してノーリスクで現金が受け取れる

現金を受け取る方法はシンプルです。ポイントを金券に交換し、金券を金券ショップで買い取ってもらうだけです。

まずは、VlewSuicaカードのポイントが貯まったら以下の商品に交換しましょう。

交換商品 交換ポイント 交換時の金額
ルミネ商品券4,000円分 3,600P 4,000円分
ルミネ商品券10,000円分 8,400P 10,000円分
びゅう商品券5,000円分 5,400P 5,000円分

次に、商品券を金券ショップで買い取ってもらいましょう。買い取り先によって換金率は異なりますが一例を下記に紹介します。

交換商品 換金率 現金
ルミネ商品券4,000円分 92.00% 3,680円
ルミネ商品券10,000円分 92.00% 9,200円
びゅう商品券5,000円分 99.2% 4,960円

上記内容より、8,400ポイントで約1万円の現金をノーリスクで受け取ることができます。それでは、次に8,400ポイントを効率よく貯める方法について、ご紹介していきます。

定期券購入、オートチャージを使ってポイント3倍で効率よく貯める

まずは、1万円のルミネ商品券を交換する為にどのくらいの現金を使わなければいけないか、そして通常のポイント還元で貯めた場合と効率よく貯めた場合で使用する金額はどのくらい差がつくのかを以下にまとめました。

10,000円のルミネ商品券…8.400ポイント必要

8,400ポイント貯める為には

・ポイント通常(0.5%還元)の場合:8,400ポイント ÷ 0.5% =1,680,000円

・ポイント3倍(1.5%還元)の場合:8,400ポイント ÷ 1.5% = 560,000円

差額:1,120,000円

ポイントを通常(0.5%還元)で貯めるのと3倍(1.5%還元)で貯めた場合の差額は、驚きの1,120,000円です。

裏を返せば、常に効率良くポイントをためることで1,120,000円も得して1万円をノーリスクで受け取ることができます。

それでは、具体的な内容について紹介させて頂きます。

具体的なポイントの貯め方(実践人:管理人)

サラリーマンや学生の通勤や通学に定期券を購入される方は多いと思います。そこでVlewSuicaカードでポイント3倍を使って効率良くポイントをお得に獲得していきましょう。JRを使っての移動が多い方は以下の参考例が当てはまると思います。以下条件の場合、毎月に520ポイント貯まります。

参考例 仕事で毎月10万円使った場合(=年120万円)

  • 月にVlewSuicaカードで定期券を購入する⇨2万円:100ポイント
  • 電車移動はオートチャージ、新幹線は東日本の窓口で往復チケット購入⇨4万円:200ポイント
  • 飲食、飲み物の購入はオートチャージを使う⇨4万円:200ポイント
  • WEB媒体の明細にしている⇨0円:20ポイントGet

合計:100P+200P+200P+20P=520P

これを1年で計算すると以下になります。

1か月520ポイント × 12か月 = 年間6,240ポイントGet

※上記の参考例は仕事での使用の為、管理人の場合、実際には8万円~9万円は会社から返ってきますので実質1万円で520ポイントGetしていることになります。

また、プライベートでの高額商品の購入はVlewSuicaカードで購入します。年間50万円をつかった場合、以下になります。(通常購入の場合、ポイントは0.5%となります)

年間500,000円 × 0.5% = 年間2,500ポイントGet

仕事+プライベートのポイントを足すと

年間6,240ポイント + 年間2,500ポイント = 年間合計8,740ポイント

効率よくポイントを貯めることで管理人の場合、実質74万円使うと1万円をノーリスクで受け取ることができています。(実際にはプライベートでもっと使っており、ノーリスクで毎年2~3万円の臨時ボーナスを受け取っています)

塵も積もれば山となるですが、1年で見た時にはたったの1万円と思うかもしれませんが、仮に管理人のように年3万円ノーリスクで受け取っている人が10年継続した場合以下の金額となります。

年3万円 × 10年継続 = 10年間で30万円ノーリスクで受け取っている

この金額を大きいと見るか小さいと見るかは個人の価値観がありますので、この後は実践したい方は是非実践してみてください。

【注意1】年会費は初年度無料、2年目以降477円も実質タダ

VlewSuicaカードの年会費は初年度無料となります。2年目以降は年会費477円(税抜)がかかりますが、WEB明細に登録すると年間600円分のポイントがもらえる為、実質タダとなります。

【注意2】ポイント3倍はJR東日本だけ

ポイント3倍(1.5%還元)が適用されるのは『JR東日本』だけとなります。したがって、JR東海やJR西日本ではポイント通常(0.5%還元)となりますので気を付けましょう。

【注意3】ポイント有効期限は24か月

ポイント有効期限は24か月までとなります。24か月を過ぎると該当月のポイントが消滅していきますのでポイントの交換タイミングについては気を付けましょう。ちなみに管理人は、1年単位でポイント交換をしています。そうするとどのくらいのポイントが年間でたまっているのかが分かりやすくなります。

VlewSuicaカードの入会申し込み

VlewSuicaカードの入会申し込み

⇨VlewSuicaカード

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は定期券はVlewSuicaカードで使って購入することでお得に現金を受け取る方法をご紹介させて頂きました。仕事を併用することで上手に使えば年間1万円、もしくは管理人のように2~3万円毎年受け取ることができるようになります。

この方法はおすすめですのでサラリーマンの方、学生さんの方にはおすすめです。是非試してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧頂き有難う御座いました。

次回も是非ご覧頂ければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする