Shadowverseプロリーグと6つのチームとは プロの選手はどんな人?

元気ですかー!元気があれば何でもできる!
毎度おなじみbanです。

みなさんは、シャドウバースがeスポーツに選ばれていることはご存知でしたか?

そんなシャドウバースは、専門の『プロリーグ』と『プロチーム』も存在しているんです。

初期は4つのチームでしたが、10月から開始されるセカンドシーズンより2つの新規チームが加

わり6つのチームで戦うことが決定しています。

今回は、そんな右肩上がりのシャドウバース専門の『プロリーグ』と『プロチーム』について、紹介していきます。

それではどうぞ

シャドウバース専門のプロリーグ

引用元:AbemaTV ウルトラゲームス公式YouTube 様

シャドウバースにはシャドウバース専門のプロリーグ『RAGE Shadowverse Pro League』があります。

『RAGE Shadowverse Pro League』とは、スマートフォン向け本格カードゲームshadowverse」のプロリーグです。

略称RSPLはこれまでの一般参加型の大会とは違い、プロ選手同士が雌雄を決する国内最高峰のe-Sportsリーグです。

RAGE Shadowverse Pro Leagueでは企業がスポンサー・運営するプロチームに所属する3人1組のチーム戦で実施します。

また、選手の一般公募実施やリーグに参戦する選手の最低収入(給与)保障を行うといった、これまでにない新しいプロリーグとして2018年5月より開幕しています。

ちなみに『RAGE Shadowverse Pro League』の「RAGE」とは、株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社が年間を通して運営する、複数ジャンルのゲーム最強王者を決める「次世代型esports大会」です。

これまで、Super Evil Megacorp社の提供するモバイルゲーム「Vainglory」、株式会社カプコンの提供する「ストリートファイターV」、株式会社コナミデジタルエンタテインメントの提供するサッカーゲーム「ウイニングイレブン 2017」、株式会社Cygamesの提供する「Shadowverse」を競技タイトルとして採用しています。

決勝大会では、それぞれの予選大会を勝ち進んできたプレイヤーが一堂に会し、各タイトルの王者を目指し熱い闘いを繰り広げます。

選手の最新情報は、情報入手次第更新致します。(2018年10月更新)

シャドウバース専門の『プロリーグチーム』

シャドウバース専門のプロチームは2018年現在は『4チーム』あります。

4チームの概要と選手などをご紹介していきます。

1.au デトネーション

・設立
2018年(DetonationNGamingは、2012年に発足しています)

・概要
世界大会出場経験のある国内トップレベルの『プロeスポーツ』チーム。
チームとしてのブランド力はFPS(CoD)、MOBA(LoL、Vainglory)、TPS(Splatoon2、PUBG)、格闘ゲーム(ストリートファイター)、対戦アクション(大乱闘スマッシュブラザーズ)の他、オンラインカードゲーム(シャドウバース、Hearthstone)など、幅広く対応している。

LoL部門チーム「DetonatioN FocusMe」を、2015年2月より国内初の「フルタイム・給与制」とし、2016年3月にチーム所属外国人選手に対して「アスリートビザ」を取得するなど、日本におけるプロeスポーツチームのパイオニアとして注目を集めている。

・スポンサー
KDDI
TP-LINK
GNation
クレディセゾン
MATCH SETPOSITION
CyberZ
NVIDIA
ロジクール
マウスコンピューター
ニデック
GIGABYTE
WebMoney
BenQ Corporation
DXRacer
Gaming+

・シャドウバースの選手
Enju選手

実績
RAGE vol.4 優勝

引用元:Shadowverse Channel 様

ミル選手

実績
RAGEvol4ファイナリスト

vol5プレイオフ決勝進出

引用元:AbemaTV ウルトラゲームス公式YouTube 様

cross7224選手

実績
Ranks of the 2015 Hearthstone World Championship JAPAN Ranking 1位

引用元:AbemaTV ウルトラゲームス公式YouTube 様

Shinkey選手

実績
当時若干小学生4年生で無差別級のデュエルマスターズ公式大会で優勝。

Spicies選手

実績
頂天 E-SPORTS BATTELE Shadowverse 自由空間最強タッグ決定戦 エリア大会 優勝

JCG Shadowverse Open vol33 優勝

2.レバンガ☆SAPPORO

・設立
2018年

概要
株式会社北海道バスケットボールクラブが、eスポーツチーム『レバンガ☆SAPPORO』を設立した。

本格スマホゲーム「Shadowverse(シャドウバース)」の国内初のプロリーグとなる、『RAGE Shadowverse Pro League』に参入。

チームミッションは、最後まで諦めず、北海道のために戦い、人々の生活に「感動」を与え続け、地域から愛され続けるチーム

・スポンサー
サッポロビール株式会社
北海道ハイテクノロジー専門学校
ミズノ株式会社

・シャドウバース選手
真春選手


実績
MPランキング 21th Season 1位
JCG vol.45 準優勝

引用元:AbemaTV ウルトラゲームス公式YouTube 様

Tatsuno選手


実績
RAGE vol.7 ファイナル(4位)

引用元:AbemaTV ウルトラゲームス公式YouTube 様

さわさき選手


実績
RAGE Vol.6 プレーオフ
JCG vol.74 優勝

引用元:AbemaTV ウルトラゲームス公式YouTube 様

きょうま(Kyoma)


実績
Premier cup 2018 Tokyo 優勝
RAGE vol.6 2pickトーナメント 優勝

引用元:AbemaTV ウルトラゲームス公式YouTube 様

3.よしもとLibalent

・設立
2018年

・概要
eスポーツに特化したチーム運営、コミュニケーションプランニングに携わる株式会社Libalentが吉本興業株式会社のeスポーツ本格参入をサポート。

共同でプロeスポーツチームを設立し、CyberZが運営する『RAGE Shadowberse Pro League』に参戦。

Libalentのeスポーツチーム運営のノウハウと、吉本興業のタレントマネジメント力と掛け併せ強力なチームを創出し、国内同リーグを中心に戦う。

・スポンサー
吉本興業

・シャドウバース選手
Surre選手


実績
RAGEvol.5優勝

RAGE Shadowverse World Grand Prix4位

引用元:Shadowverse Channel 様

ふぇぐ選手

実績
ファミ通cup2017優勝

シャドウバース日韓戦日本代表 優勝

RAGE Shadowverse World Grand Prix5位

引用元:Shadowverse Channel 様

いもけんぴ選手


実績
第1回Ratings杯優勝

第4回Ratings杯Top8

keisuke3選手


JCG準優勝

FPSゲームOverwatch日本一

OverwatchWorld Cup日本代表候補

引用元:AbemaTV ウルトラゲームス公式YouTube 様

4.名古屋OJAベビースター

・設立
2016年

・概要
「名古屋を元気に」、「日本を元気に」、「優しい社会に」を理念に掲げるプロスポーツ・クラブ。

2016年11月にeスポーツチーム 3部門 から活動開始し、日本eスポーツリーグにも参戦している。

名古屋は、織田信長公、豊臣秀吉公、徳川家康公 ら天下人 ゆかりの地。彼らへのリスペクトと、Owari mikawa 尾張三河、Japan 日本、Asia アジアの頭文字で、名古屋を中心に、世界中へ広がっていく意気込みをこめている。

・スポンサー
ヤマモリ

おやつカンパニー

・シャドウバース選手
あるじ選手(ヘッドコーチ)

実績
JCG 3rd Season vol.15 優勝
JCG 3rd Season vol.20 優勝

引用元:AbemaTV ウルトラゲームス公式YouTube 様

さに選手(リーダー)

実績
JCG 4th Season vol.3 2Pick 優勝
JCG 5th Season vol.3 2Pick 優勝

SOS選手

実績
JCG 2nd Season Vol.22 優勝
RAGE vol.4 準優勝
Shadowverse 1st Anniversary Tournament 優勝
RAGE 2017 winter 5位タイ
RAGE Shadowverse World Grand Prix 5位タイ

引用元:Shadowverse Channel 様

えすぴー選手


アンリミテッド19th MPランキング 4位

まさや選手(新メンバー)

5.AXIZ

日本テレビ傘下のe-SportsチームAXIZ」が参入決定と発表しました。

10月より「RAGE Shadowverse Pro League」への参戦予定です。

・設立
2018年

・概要

日本テレビ放送網は、子会社“アックスエンターテインメント”設立を発表。

esportsチーム“AXIZ”としてesportsへの参入した。

また地上波放送番組の放映を開始していく。

‟AXIZ”はさまざまなジャンルのゲームでプロ選手を抱えるマルチゲーミングチーム。

まずは『シャドウバース』部門を設立し、“RAGE”主催プロリーグ‟シャドウバース プロリーグ”へ参戦する。

・スポンサー

マウスコンピューター

・選手

BO-IN選手

実績

20thアンリミ優勝

愛知ESチャンピオンシップ優勝

プレミアカップ予選1位ファイナリスト4位

自遊空間タッグ戦関東4位第二回準優勝

RAGEチーム戦同率2位

ROB選手

実績

Shadowverse/JCG 2Pick 5th Vol.33優勝,

Shadowverse/JCG 2Pick 6th Vol.7優勝,

Shadowverse/JCG 2Pick Vol.14準優勝

2Pick5勝ランキング 21st Season 2位

MISAKI選手

実績

MPランキング(8th2位.11th1位.13th2位.20th1位.23th1位)

GEMO選手

実績

6.横浜F・マリノス

Jリーグクラブ初、プロeスポーツリーグ参戦が決定しました。

しかも名門クラブ『横浜F・マリノス』が参戦です。

まだ、選手情報などは開示されていませんが、10月より「RAGE Shadowverse ProLeague」へ参戦します。

・設立
2018年

・概要

横浜F・マリノスはJリーグ初の知的障がい者サッカーチーム「フトゥーロ」の発足、電動車椅子サッカーの支援、トップチームの学校訪問等、ホームタウンを中心にあらゆる人々がサッカーを通じてスポーツを楽しめる環境作りに取り組んでいます。

eスポーツのプロリーグ参戦を通じ、地域・国籍・性別・年齢・障がいの有無を超えて、だれもが同じフィールドで競えるという特徴のあるeスポーツを、サッカーに加えた新たなタッチポイントとすることで、更に多くの方々にスポーツとふれあう機会を創出していこうと考えている。

・スポンサー

日産自動車株式会社
アディダスジャパン株式会社

・選手

あぐのむ選手

実績

RAGE vol.5 ファイナリスト RAGE BoS プレーオフ進出 JCG 6th season 優勝 

しーまん選手

実績

Shadowverse JCG【2Pick 優勝×3(2nd.4th.5th) ベスト4×2(3rd.4th)】

Shadowverse JCG【アンリミテッド 準優勝×1(5th)】 

RAGE マネーフィ二ッシュ×1

Shadowverse 自遊空間店舗代表 

みずせ選手

実績

RAGE2017winter5位タイ

RAGE2018spring Champion

みずに選手

Ratings Final ベスト4 

管理人の独り言

今回、シャドウバース専門の『プロリーグ』と『プロチーム』について、調べてみましたが、ほとんどのプロリーグもここ2年くらいで立ち上がり、プロチームについては、2012年が最長でほとんどんのチームが2018年に設立されていました。

給与体系がとられたり、新規プロチーム2チームの参入と良い情報がどんどん入っています。

ここから更にプロチームが増えていくとプロリーグがこれから更に盛り上がっていき、プロゲーマーが日本でも浸透する日が早くなるかもしれません。

こういったプロリーグがシャドウバースだけでなく、そのほかのeスポーツ競技でも採用されれることを期待しており、今後のeスポーツの展開が楽しみです。

まとめ

  1. シャドウバースには、『RAGE Shadowverse Pro League』というプロリーグがある。

  2. シャドウバースには、専用のプロチームがある。

  3. プロチームは2018年9月時点で6チーム『au デトネーション』、『レバンガ☆SAPPORO』、『よしもとLibalen』、『名古屋OJAベビースター』、『AXIZ』、『横浜Fマリノス』がある。

最後まで御覧頂きありがとうございます。
次回も是非ご覧頂ければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする